with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「Fate/Zero」 23話の感想 

    Fate/Zero 23話「最果ての海」、観ました。 綺礼が上げた狼煙を合図に、覚悟を決めた者たちが続々と集まる。 ウェイバーと共に戦場に駆け付けたライダーの前には、アーチャーが立ちはだかる。 英雄王と征服王。王者の戦いの火ぶたが切られた。 時同じくして、セイバーもまた宿命の対決に挑むことになり・・・・。 『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ?

    ライダーとアーチャー。 アレクサンドロスvsギルガメッシュ。 今回は、この戦いがメイン。 あまり語ることはない。 これは、観なければ解らないだろう。 観て、感じ取らないといけない。 古代史にてその名を知られる征服王と、神話とも言える叙事詩にその名が記された英雄王。 共に実在の人物とされながら、その人生は伝説として語られている。 そうなってくると、英霊の格としては古い時代のギルガメッシュの方が有利でしょうよ。 人間は、よくわからないものの方に、より畏怖を感じるからね。 この戦いの前に、ライダーはゴルディアス・ホイールを失っていたけど、それを持っていたとしての結果は変わらなかっただろう。 もちろん、その機動力があればここまで絶対的な大差で負けることはなかったと思うけどね。 二人の王。 個人的には、圧倒的にライダーのほうに惹かれる。 アーチャーは、人を人とは思っていない傲岸不遜さが嫌いだった。 でも、最後にウェイバーに見せた態度は、王としての度量を感じたね。 ちょっと見なおしたよ。 でもそれは、ライダーがアーチャーとウエィバー両者の性格や人となりを深く洞察した上で、どうすれば自分亡き後、ウェイバーを生き延びさせることができるか? 計算ずくで、ウェイバーを臣下として迎えたんだろうね。<それだけ、アーチャーがライダーのことを王として認めていたとも言える。 すべてが終わった後、アーチャーが少し寂しそうな表情をしていたように見えたのは、きっと錯覚じゃないと思う。 見事な戦いでした。 そして、切嗣は綺礼のとの最終決戦に向かう。 そこに従う、サーヴァントはなし。 おそらく、綺礼の息の根を止めるのにセイバーの力を使うことは考えていないでしょう。 綺礼も、切嗣との決着に、アーチャーを使うことは考えていないはず。 アーチャーがセイバーに興味を持っているのを知っているだろうからね。 サーヴァント同士を戦わせて、決着は自分たちでつける。 この辺、なんだかんだで似ているんだよね。<切嗣と綺礼。 次回、真の勝利者を選ぶための戦いが始まる。 決着は、どのようにつくのか?! 楽しみに待とう。 P.S. バーサーカーの正体が判明して、セイバーの脳裏にライダーの言葉が蘇る。 セイバーの心をも揺さぶった、ライダーの王としての在り方。 果たしてセイバーは、バーサーカーを今度こそ導くことができるのだろうか? こっちも気になるところだね。
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/968-9dac878c

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。