with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「機動戦士ガンダムAGE 」33話の感想 

     機動戦士ガンダムAGE 33話「大地に吠える」、観ました。 ヴェイガンの侵攻作戦により、新たなる連邦軍総司令部ロストロウランが戦場となっていた。激しい戦闘が繰り広げられる中、ゼハートは、プラズマ粒子爆弾による基地破壊計画を目論む。刻々と迫るタイムリミット。基地全滅の危機に、ディーヴァMS隊が爆弾の排除にあたる。残り時間がわずかとなったとき、命運はXラウンダーであるキオに託され・・・・・。 機動戦士ガンダムAGE 〔MOBILE SUIT GUNDAM AGE〕第2巻 【豪華版】 (初回限定生産) [Blu-ray]

    フリット編に比べると、最近はずいぶんストーリーの破綻が少なくなって来ましたね。 割と、安心して観れます。 その分、展開がファーストっぽいというか、リスペクトと言うか・・・・・オマージュ的な「どっかで見た」感が強くて、微妙に思えなくもない。(--;)<南米の地下基地とか、赤い水陸両用MSとか、潜入部隊による爆弾の設置とか、3人の孤児?とか(<これは、なぜ今回ディーヴァを降ろさなかったのか、よくワカランよね)・・・・。 まぁ、バランスだよね。 個人的には、フリット編より良いと思うけど、あまりファーストを意識しすぎるのもどうかと思う。 アセム編の感じでやってくれたら良かったんだけどね。 まぁ、好みの問題でもある。 フリットやゼハートが疑問に思い始めましたけど、アセム編からその真意が謎めいていたイゼルカントの計画。 気になりますね。 コイツを上手くまとめたら、この作品も全体としては及第点に届くかもしれん。 ヴェイガンと為と語っているイゼルカントですが・・・・・なんとなく、それだけじゃない気もする。 ヴェイガンを操り、連邦との戦争を長引かせることで、実は何らかの利益を得ているとか・・・・・・そういう裏も考えられるしね。<ヴェイガンの技術の根本が、封印された過去の技術に根ざすもので・・・・・イゼルカントはそれが封印されたことで得るべき利益を得られなかった過去の亡霊。火星移民計画の失敗も、すべては現在の状況を作り出すために意図的に行われたことだったのかもしれない。(-.-) あと気になるのは、 次回から登場する宇宙海賊?・・・・の存在が、果たして今後の展開にどう影響するか?! ・・・・・フリット編の時のザラムエウバとみたいに、一体何のために出てきたのか良くワカランということにはならないで欲しいものだ。<個人的には、アセムの消息に関連している展開を希望したい。 最後に出てきたツインテールっ娘は・・・・・クェス・パラヤ的な外見だけど・・・・案外その立ち位置は、ハマーン・カーン的なトコロだったりするのかな?? P.S. 艦長、やれば出来る娘なんですね。 フリットも、ただ怒鳴るだけの老害ではなかったw だが・・・・・あの食意地の張ったブリッジクルー。 奴は駄目だ! 今後は、なるべく表に出さないようにして欲しいよ。(-_-メ;)
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/948-f6e357a2

    (アニメ感想) 機動戦士ガンダムAGE 第33話 「大地に吠える」

    投稿者・鳴沢楓機動戦士ガンダムAGE 第5巻 豪華版 【初回限定生産】 [Blu-ray](2012/06/22)豊永利行、遠藤綾 他商品詳細を見るヴェイガンの侵攻により、戦場となったロストロウラン。激しい戦闘が繰...
    • [2012/05/28 00:24]
    • URL |
    • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
    • TOP ▲
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。