with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「戦姫絶唱シンフォギア」13話(fin)の感想 

     戦姫絶唱シンフォギア 13話(fin)「流れ星、墜ちて燃えて尽きて、そして――」、観ました。 力を使い果たし、心まで折り砕かれ、ついに戦闘不能となった響、翼、クリス。 だが、そこに聞こえてくるのは、未来たちが斉唱するリディアンの校歌。 二年前、フィーネはライブオーディエンスを利用することで高レベルのフォニックゲインを実現し、ネフシュタンの鎧を起動に成功したのだが、 この場に高まりつつあるフォニックゲインは、装者の持つそれぞれの聖遺物の欠片に作用し、三人にもう一度立ち上がる力を漲らせるのだった。 限定解除されたシンフォギアの爆発力に圧倒されていくフィーネは、3つの完全聖遺物の力をひとつに束ね・・・・・。 戦姫絶唱シンフォギア 1(初回限定版) [Blu-ray]

    熱かったね。 ほんとうの意味で、「良い最終回」だった。 惜しむらくは、尺が短かったこと。 前にも書いたと思うが、このお話って聖遺物の詳細とか、先史文明のこととか、フィーネの過去とか・・・・折角作った細かい設定を語りつくせていないんだよね。 本当にもったいない。 せめて2クールあれば、その辺も語った上で、奏と翼、翼と響、響と未来、未来とクリスの、もっと突っ込んだエピソードが描けたと思う。 たくさんあった挿入歌も、もっと流せただろうしね。 残念だなぁ・・・。 実は、ツッコミどころも多い作品だったんだよね。 でも、その違和感を吹き飛ばすほどの勢いと熱さがあった。<一部『暑さ』もあったけどな。(^.^; 月の欠片を引っ張って落とすとか、シンフォギアで宇宙に行く(<歌わないといけないのに、空気ないんですけど(^^;・・・・・そのための念話だったのかな?)とか、バックアップがどうしようもなく下手な特異災害対策機動部とか、その辺。<特に、司令w でも、それらを差し引いても佳作だったと思う。 ラストのオチも、前回絶唱を放ったクリスが復活したことを考えれば、バレバレでしたけどwハッピーエンドで良かった。 ノイズの元を断つことはできておらず、奏者たちの戦いは今後も続きそうだけど、未来には光が見える。 そんな最終回でしたね。 P.S. 素晴らしい作品を見せてくれたスタッフに感謝を。 ありがとう。(^.^)
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/927-e4ba48bc

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。