with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「ギルティクラウン」 15話の感想 

    ギルティクラウン 15話「告白:sacrifice」、観ました。 シュウを新生徒会長としてリーダーに頂くことで、平静を取り戻した生徒達。 しかし、刻一刻と迫る“レッドライン”を前に、問題は山積みであった。 難局を乗り越えるため、ヤヒロから提案される“ヴォイドランク制”。 差別の原因となることを嫌い、シュウはその執行を拒んでいたが、 アポカリプスウィルスを抑制するワクチンが不足しはじめ、彼はリーダーとしての決断を迫られる。 その迷いが呼び込むトラブル、友がシュウに投げかける願い。 そして、悲劇は起こり・・・・・。 ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray]

    ハレの報われなさが、哀しい。(T^T) お人好し過ぎて、痛い目に遭ってしまうような集でも、その優しさが好きだと言ったハレ。 でも彼女の死は、皮肉にも集からその優しさ=甘さを奪ってしまうようです。 痛い思いをしなきゃ、わからないことがある。 それは確かだ。 だからってそれまでの自分のすべてを否定するのは、ハレの願いも否定することになるってのに・・・・・・今の集じゃ、解らないか。 せめて、自分を見失った主人公の目を、自らの命を犠牲にして覚まさせる。 正規ヒロインになれないんだから、そのくらいの役をもらっても良かったと思うんだがね、ハレは。 実際には、主人公のタガをはずしてしまうおとになるなんて・・・・・・どこまで報われないんだろう?(T^T) やはり、集の目を覚まさせるのは、いのりじゃないとダメなのか?!<でも正直、いのりは「集は集の思うようにやれば良い」とか言いそうで怖い。(;^_^A ところで、ハレが話していた「やさしい王様」の寓話。 残念ながら俺はその話を知らないが、似たようなお話で「幸福な王子」というのは読んだことがある。 子供の頃は、なんて悲しいお話だと思っていた。 でも今思うと、あの話って物凄い皮肉なんだよね。 王子は、本来なら生きているうちに宮殿の外の世界を知り、貧しく悲惨な市井の民たちを救わなければならなかった。 確かに王子は、像になった後その身を飾る金や宝石をツバメに頼んで貧しい者たちに与えますが、それは結局彼の自己満足。 エゴでしかないんだよね。 そして、そのエゴのためにツバメを死なせてしまう。 幸福の王子と、彼の願いを聞いて飛び回るツバメ・・・・なんとなく集とハレの姿のように思えてならないんですよ。(-.-) ハレのヴォイドは、汎用性もあるしその効果も高かった。 まず間違いなく、上位クラスのヴォイドだったろうに・・・・・今後の戦いで、その存在の大きさを思い知らされるんだろうなぁ・・・・。 ってか、せめてそのような描写を入れてくれないと、ハレも浮かばれないよね。(T.T) さて、ハレを失ったことで、なにかが変わった集。 果たして、どう動くんでしょうね? P.S. サブタイトルが「告白」なのに『sacrifice(生贄)』て・・・・・不自然に思ってたけど、見終わって理解。 深いなぁ・・・・。(-.-)
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/864-3a3bdedb

    ギルティクラウン 第十五話 感想

    土下座でいいか?「ギルティクラウン」第十五話感想です。ギルティクラウン 1000ピース 学園 1000-188(2011/12/10)エンスカイ商品詳細を見る
    • [2012/02/19 01:55]
    • URL |
    • 知ったかアニメ |
    • TOP ▲

    ギルティクラウン フジ(2/02)#15

    第15話 告白:sacrifice 公式サイトから シュウを新生徒会長としてリーダーに頂くことで、平静を取り戻した生徒達。 しかし、刻一刻と迫る“レッドライン”を前に、問題は山積みであった。 難局を乗り越えるため、ヤヒロから提案される“ヴォイドランク制”。 差別の原因となることを嫌い、シュウはその執行を拒んでいたが、 アポカリプスウィルスを抑制するワクチンが不足しはじめ、彼はリーダーとしての決断を迫られる。 その迷いが呼び込むトラブル。友がシュウに投げかける願い。 引き起こされる悲劇の中で、シュウが見出す
    • [2012/02/18 21:20]
    • URL |
    • ぬる~くまったりと |
    • TOP ▲
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。