with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「ギルティクラウン」 12話の感想 

    ギルティクラウン 12話「再誕:the lost christmas」、観ました。 涯をヴォイドの刃にかけ、いのりを連れ去った“ダアト”の墓守・ユウ。 その姿を追った集は、六本木フォートに出現した巨大オブジョに導かれる。 その地下で、囚われのいのりを捧げ、異様な儀式を始める茎道。 取り返しのつかない何かが進められてゆく中、突如、集の脳裡に浮かびあがる“ある少女”のイメージ。 やがて映し出される“ロストクリスマス”の真実は、彼の罪を露にし・・・・・。 ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray]

    うわっ、すげぇ中途半端な謎解きで終わったよ!・・・・・と思ったら、続きがあるのね。 1クールじゃなかったんだ。(^.^; 終わり方としては悪くなかったんだけど・・・・・となると、集の本当の戦いはこれからだ!・・・・ってこと?<墓守・ユウがラスボスっぽいしね。 涯・・・・(T.T) 幼い頃、集に憧れ、集のようになりたくて、そして・・・・強くなった涯。 集に憧れたのは、真名のことが好きだったからなのかな? 集に異様な程の執着心を持ち、自ら命救った涯が邪魔になったら、すぐに消し去ろうとした真名。 彼女は、本当に集の姉だったのか? 涯にしろ、結局その正体は謎のままでしたね。 茎道の息子かと思ったんだが・・・・対面してもあんまし反応なかったよ。 となると・・・・・涯は何者だったんだろ? そういや、涯は言っていた。 「お前の新しい母となった桜満春夏」 つまり、集は春夏さんの子供ではない。<若すぎると思った。 もしかすると、クロスの子供でもない? いやいや、真名はアポカリプス・ウィルスの最初の感染者なら、その研究者であったクロスが引き取った可能性はあるな。 だから、二人は本当の姉弟じゃなかった。 そうなると、集はクロスの子供なのか・・・・いよいよこんがらがってきたw 子供の頃、アポカリプス・ウィルスのことに詳しく、その知識を父親から得ていた涯。 ・・・・もしかしたら、涯こそが桜満クロスの本当の子供だったんじゃないのか? そして、集は真名のパートナーとなるべく選ばれた(仕組まれた?)子供だった(これまた、クロスのこどもではなかったとか)・・・・・そんな感じだと、しっくりくるような気も・・・・(^.^; ユウの正体も、良くワカランし。 なんにしても、涯を失い、すべてを一人でやらなくてはならなくなった集。 でも、一体何をやるんだ? 涯は、真名を取り戻すために戦っていた。 葬儀社は、そのために作った組織だったのか? となると、涯というカリスマを失った葬儀社は、自然消滅・・・・。 でも、集は仲間を救いたいと思って戦っていた。 葬儀社の連中を見捨てるかね? 葬儀社が、GHQの支配から日本を解放することが目的だったら・・・・案外、茎道と利害が合致したり・・・・しても、協力するとは思えんけどな。<一応、涯の仇になるんだし。 何にしても、後半が始まらんと、物語がどう進むのかワカランね。 さて、どうなる?? P.S. ユウは味方なのか、敵なのか・・・・・・コイツもよくワカランのだよなぁ。 後半は、涯に代わって、ユウに翻弄される集が見られるか?w
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/837-48c76710

    ギルティクラウン 第12話 「再誕:temptation」 感想

    舞台は六本木フォートの最深部、コキュートスへ!語られた10年前の出来事。涯と集の関係にすごく驚き、そして感動しました。今回で第1章の終わり、ということのようです。
    • [2012/02/04 20:22]
    • URL |
    • ひそかにささやかにアニメ等を応援している日記 |
    • TOP ▲

    ギルティクラウン 第12話 『再誕 the lost christmas』 感想

    生物とは、遺伝子が自分のコピーを残すための乗り物に過ぎないと言われますが、この物語の主役も”遺伝子”なのかもしれません。 ギルティクラウン 第12話 『再誕 the lost christmas』 のレビューです。
    • [2012/01/30 01:42]
    • URL |
    • メルクマール |
    • TOP ▲

    ギルティクラウン フジ(1/12)#12

    第12話 再誕:The lost christmas 公式サイトから ガイをヴォイドの刃にかけ、いのりを連れ去った“ダアト”の墓守・ユウ。 その姿を追ったシュウは、六本木フォートに出現した巨大オブジョに導かれる。その地下で、囚われのいのりを捧げ、異様な儀式を始めるケイドウ。取り返しのつかない何かが進められてゆく中、突如、シュウの脳裡に浮かびあがる“ある少女”のイメージ。 やがて映し出される“ロストクリスマス”の真実は、彼の罪を露にする。 ――記憶の中から甦る、ずっと忘れていた強き絆。シュウは友の手を取り、
    • [2012/01/29 15:19]
    • URL |
    • ぬる~くまったりと |
    • TOP ▲

    ギルティクラウン 第十二話 感想

    私のことを大人の目で見たのよ「ギルティクラウン」第十二話感想です。ギルティクラウン(1) (ガンガンコミックス)(2012/01/21)宮城 陽亮、満月 シオン 他商品詳細を見る
    • [2012/01/29 12:02]
    • URL |
    • 知ったかアニメ |
    • TOP ▲

    ギルティクラウン 12 再誕:the lost christmas

    子どものときの集が最強ですね。
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。