with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「ギルティクラウン」 10話の感想 

    ギルティクラウン 10話「縮退:retraction」、観ました。 ジュンを救えなかった……。 自身の慢心が引き起こした過ちから、ヴォイドを使う恐怖に心を蝕まれてしまった集。 葬儀社の作戦も放棄し、メンバーを危険にさらしてしまう。 失意の中、更なる過ちを重ねていく集は、築き上げてきた絆を次々と失っていく。 そんなシュウをよそに、“はじまりの石”奪還作戦を開始する葬儀社。 だが、彼らの作戦のさらに裏側では、ある人物による最悪のシナリオが動き出し……。 ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray]

    涯の戦う目的が、潔すぎ。 この男に勝てるのは、主人公補正のかかった集ってことになるのか。 ・・・・・しかし、亞里沙はショックだったんじゃね?? なんか、いろいろと因縁があるようですな。 集の母親も、やはりヴォイド・ゲノムの関係者でしたか。 そしてやっぱり、アポカリプス・ウィルスもヴォイド・ゲノムと切っても切れない関係っぽいよ。 回想シーン(過去シーン?)から推測するに、 はじまりの石ってのは隕石みたいね。 それに、きっと未知の物質が含まれていた。 その物質は、人間の遺伝子に干渉する能力を持っており、それを研究してなんとか人類の役に立てようとしたのが集の父親。 でも、それは軍事にも転用できる危険な能力でもあって・・・・・それを知った勢力が、はじまりの石とその研究成果であるヴォイドゲノムを奪おうとしたとか・・・・そんなトコロか? 人間の遺伝子に干渉する未知の物質がアポカリプス・ウィルスと呼ばれているものの正体なんでしょう。 集の父や母、そして涯といのりに似た少女・・・・・この辺は、ヴォイド・ゲノムの研究に関わっていたか、その関係者っぽいね。 涯が誰の息子かといえば・・・・・一番怪しいのは、茎道修一郎でしょう。<恙神なんて、どう考えても偽名<死を招く恙虫の神だもんね。 んで、やっぱりアポカリプス・ウィルスに感染していたね。 輸血(もしくは透析的なもの??)により、結晶化を抑えられるようだが・・・・。 今回、茎道のクーデターで涯のみならず、日本中が危機に陥ってしまいます。 ハレの一喝で目が醒めた集ですよ。 元々、仲間を見捨てることなんてできないようなお人好しですからね。 葬儀社の危機を、黙って見過ごすことはないでしょう。 そしてこの困難を乗り越えることで、きっとさらに成長した漢前になりやがるんだろうなぁ・・・・・。 でも、どうやるんだろ? 果たして、誰のヴォイドで危機を乗り切る?! P.S. 集はいいよなぁ・・・・。 どんなときでも見捨てずに、自分を見ていてくれる幼馴染(ハレ)、 年上の恋人といっても良いくらい仲が良く、美人で若い母親(春夏)、 ヘコんだ時、ケツを叩いて叱咤激励してくれるツンツン少女、(綾瀬) そして、何かと思わせぶりな態度をとる、憧れの不思議ちゃんな歌姫、(いのり) ・・・・・おまけに、自分の友人を好きで幼馴染の友人でもあるためかまってくれる委員長(花音)や、問題起こした関係で、目をかけてくれるようになった生徒会長(亞里沙)まで・・・・・女の子に囲まれてさ。 しかも、完璧超人なライバルキャラが想いを寄せる少女も、過去には集を選んでたとか・・・・。 あの涯を嫉妬させるとか・・・・・どんだけ漢前なんだよ! まぁ、そのぶん大変なことに巻き込まれているわけだがw(^.^;<その辺はなんだかワケワカランけど『王の能力』とか手に入れて、結構うまくやってるし・・・・結果オーライじゃね??www
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/819-974cb38e

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。