with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「Fate/Zero」 12話の感想 

    Fate/Zero 12話「聖杯の招き」、観ました。 一人冬木市のホテルに潜みながら、各陣営の動向を追い続けていた切嗣。 中でも、自分を追っていると思しき綺礼の動機が分からず、切嗣は苛立ちを募らせる。 一方、アイリとセイバーは、市内の屋敷に拠点を移していた。 日本風の家屋を興味津々で見て回るアイリ。 セイバーは、そんなアイリの振る舞いの中にふとした違和感を覚え・・・・・。 『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ?

    マスターとサーヴァントの関係について、新たな事実。 サーヴァントを残してマスターが死ねば、聖杯は新たなマスターを選ぶのか?! ・・・・・そんな設定があったとは。(-"-;) そうなると、マスターを倒すことで聖杯戦争に勝ち残ろうろする切嗣にとっては、不利じゃないのか? ・・・・いや、聖杯戦争について仔細に調べ、下準備は万全の切嗣が、そんな大事なことに気づいていないとは思えんな。 とにかく、聖杯に選ばれたマスターを次から次に倒していけば、最終的には聖杯にたどり着くって考えか。 それにしてもアサシンを亡くした綺礼に、まだマスターを亡くしたサーヴァントが存在しない段階で令呪が与えられたというのは、どういうことだろう? アーチャーが言うように、綺礼は聖杯に最も期待されたマスターってことなんだろうか?? アーチャーの目論見は、時臣を排除して綺礼を自分のマスターにしたいってことのようだ。 そして、綺礼もそれに気づいているのだろう。 でも、信仰心と良心(<これは、彼の「知識」や「経験」からくるもので、世間体に近いもの。おそらく、彼の本質からくるものではないんでしょうね。)が、そうすることを妨げてる。 アーチャーの甘言と令呪が再び付与された事実が、果たしていつ綺礼の心を枷を解き放つことになるのか・・・・・・1期の最後辺りかな? それにしても、綺礼が一番気にしているマスターは、切嗣じゃないのか? アーチャーが言うには、雁夜だそうだけど・・・・・それは、破滅の道を歩んでいく雁夜の様子を眺めていることが「愉悦」と感じるから。 でもそれって、アーチャーの価値観によるものだよね。 切嗣に対する綺礼の執着に、アーチャーは気づいていないんだろうか? その辺のズレがどのように描かれるかも気になるところ。 アイリの体調不良は、聖杯の「器」として熟成が始まったってことだろう。 いよいよ聖杯戦争も、佳境か?<の割に、倒されたのアサシンだけだけどなw P.S. 切嗣、活躍しないね。 『~~Zero』は、切嗣の物語っていうより、綺礼の物語と言った方が良いのかもしれないな。 そして、『~~stay night』における衛宮邸の登場。 あそこで士郎がセイバーを召喚できたのは、体内に封じられた「全て遠き理想郷(アヴァロン)」とセイバーがアイリの手足となって描いた魔法陣があった『縁』ってことか。 いろいろ散りばめられたますなぁ・・・・。
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/818-43c19a7c

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。