with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「境界線上のホライゾン」 13話の感想 

    境界線上のホライゾン 13話(fin)「平行線上への整列者達」、観ました。 ホライゾンとともに過去の罪を否定することに成功したトーリは、ホライゾンの入学手続きを済ませ、輸送艦で戦場を離脱する。 しかし、それを阻止すべくK.P.A.Italiaの栄光丸が攻撃を仕掛ける。 二代の蜻蛉切による割断も振り切り、今まさに武蔵に捨て身の突撃を敢行せんとする栄光丸。 そんなピンチの中、トーリとともに武蔵の甲板に降り立ったホライゾンが、大罪武装「悲嘆の怠惰」を起動し・・・・・。 境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 2 (初回限定版) [Blu-ray]

    第一部・完。 そして、第二部の製作決定。 これは想定内。 だって、終わったようで、全然終わってないからねw ホライゾンの感情に置き換えられた大罪武装にうち、取り戻したのはひとつ――『悲嘆の怠惰』だけ。 『七つの大罪』っていうくらいだから、あと6つはあるんだよね。 残りのうちのひとつは、K.P.A.Italiaの総長・インノケンティウスが持っている「淫蕩の御身」。 ・・・・・正直、ホライゾンにトーリがベッタリな現状で、コイツを取り戻せなかったのは、武蔵にとっても良かったんじゃないかと思うよw<理由は・・・・言わんでも判ることでしょう。(*^^*) こんな感じで、1つずつ感情を取り戻すために列強国と戦い、最後には末世を救うようなお話になるんだろうけど・・・・・・先は長そうだね。(^.^;<何しろ、次の戦いは『悲嘆の怠惰』を武蔵に奪われたトレスエスパニア。 ・・・・・・話、進まないじゃん!www 大罪武装を持っていそうな他の列強国のうち、K.P.Odaはチラッと出てきたけど、あとはどこだろう? イギリス、オランダ、ドイツ、フランス、アメリカ辺りか?<つーか、ODAはどの列強に相当するんだろう? この時代、亡国状態というのは・・・・・ドイツとか?? いや、場所的に言ったらもっと東か。 ロシアかな? 何にしても、まだまだ序盤な感じ。 原作本見ると、とんでもない分厚さのヤツが何冊も出てるんで、まだまだ序盤なんでしょうね。 主人公たちの関係に関しては、まだ始まっていないようなもの。 二期、観ないといけないね。 P.S. 陸上部の主戦力って・・・・・やっぱ、やり投げとか投擲種目でしょうか?w
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    この原作のすごいところは、まずプロットを全て立ててから書き始められているところです。
    過去に何があって、どうしてこうなったかという歴史の流れや、キャラ個人の過去に何があったから、今こういう性格になっているかとかまで細かく設定されており、それに従って紡がれる話なので、ピースがハマったときの爽快感というか、そういうものがすごいんですよね。
    特に歴史再現系に関しては、細かいネタをしってるとより楽しめます。
    2期では英国、スペインの有名なアレとか、襲名による面白いキャラ設定とかもどんどん出てくるので、まさに2期から本番といっても過言ではないかと。

    msmさん
    いろいろアニメだけでは判らない所がありますね。
    細かく考えられているんだ。
    歴史も詳しいと、3倍たのしめるってことか。

    歴史再現では丁度この頃(1648年)が戦国時代と三十年戦争時代なので、まだアメリカは新大陸扱いで存在してなかったりします。
    現在大罪武装を所持している国は
    ・M.H.R.R(神聖ローマ帝国+羽柴)
    ・K.P.A.Italia(イタリア+安芸)
    ・英国(対応国は無し)
    ・三征西班牙(スペイン+大友・大内家)
    ・上越露西亜(ロシア+上杉家)
    ・六護式仏蘭西(フランス+毛利家)
    になりますね。
    三征西班牙と六護式仏蘭西には出力を若干弱めた大罪武装が二つ送られていますが、
    この二国は強国なのでパワーバランスを取るためと、後年七大罪に纏め直す際に1つに纏められる二組なので、この二国が該当しています。
    ちなみにP.A.Odaはオスマントルコを担当していますよ。
    歴史再現としてはオスマントルコはイスラム系なので、故にキリスト教系の大罪武装は送られなかった形になります。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/816-61775aaf

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。