with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「Fate/Zero」 09話の感想 

    Fate/Zero 09話「主と従者」、観ました。 切嗣たちの拠点で行われた攻防が収束を迎えた。 ランサーに救助されたケイネス。目覚めると寝台に寝かされていることに気づいた彼は、許嫁のソラウから、自分の置かれた絶望的状況と、とある提案を聞かされる。 一方、切嗣は、キャスター討伐を優先すべきというセイバーの進言を無視し、ケイネスを仕留めるべく、追撃を開始する。 『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ?

    もう、主人公はライダーとウェイバーくんでええやん。(^.^; そんな風に思ってしまう。 なんと良いコンビであろう。 重々しいストーリー展開に、一服の清涼剤。 それがライダー。 なんとも度量が大きいね。 そして、大胆不敵。 主であるウェイバーの前であっても、その征服王としてのポリシーは捨てない。 それでいて、ウェイバーのことをアーチャーのように軽んじることなく、少しでも良い所があれば褒め称え、自分のことのように喜ぶ。 主人と従者が、なんとなく逆のような気もするがwこれは良い上下関係だね。 それも、ひとえにライダーの王としての格が素晴らしいからだろう。 それに引き換え、 ランサーは不運だ。 これも、星の巡り合わせなのだろうか? よりにもよって、生前と同じような境遇。 主従関係にしても、もう少し早くアーチボルトが彼の本質を理解していたなら変わっていたかも知れない。 お互い、誇り高い魔術師と騎士。 実は、相性はそれほど悪くなかったんじゃないかな?。 アーチボルトが、サーヴァントを「魔術で呼び出した道具」としてではなく、ちゃんと「騎士」として扱っていたらね。 では、主人公サイドはどうだろう。 効率と合理性。 客観的分析により、「ベスト」ではなく「ベター」な・・・・手段を選ばず、より確実性のある手段を選ぶ切嗣。 それに対し、誇りを何よりも尊び、それが敵であっても信頼できる相手ならば背中を預けることを厭わないセイバー。 水と油だね。 おそらくは、相手がキャスターやアーチャーのような輩であれば、そのコンビはお互いの良いところを出せただろうけどね。 よりによって、ランサー。 おそらくセイバーは、主である切嗣よりもランサーの方を信頼していることでしょう。 これも相性だよね。 切嗣のサーヴァントが、「~stay nigh」のアーチャーだったなったら、なんとなく最強だったような気がするな。 3組の主と従者。 そして、時臣と綺礼の関係。<アーチャーの甘言を考慮した時の 興味深い対比だったね。 P.S. キャスターと雨竜の非道。 まさかの規制でしたよ。 果たして、どのくらいえぐい描写だったんでしょうか?<DVDやBlu-rayで解除されても、あんまし楽しい描写じゃないんだろうね。(-"-;)
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/791-61c2c708

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。