with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「バクマン。2 」07話の感想 

     バクマン。2  07話「生死と制止」、観ました。 入院後も描き続けるサイコーに、港浦は編集部が休載の方向で動いている事を告げる。 港浦は編集長に連載の継続を訴えるが、受け入れられない。 佐々木編集長もサイコーを見舞いに訪れ、そこで川口たろうの義姉であるサイコーの母と再会、マンガをやめさせたいと告げられる。 そして、入院の話を聞きつけた福田組の面々が見舞いに訪れる中、そこへ再度佐々木が現れ・・・・・。 バクマン。9 〈初回限定版〉 [Blu-ray]

    なんとも凄いサブタイトルですね。(^.^; それはさておき、 サイコーと亜豆の初々しい反応が良いね。(*^.^*) 普通のカップルと違って、恋人になりたての時のラブMAXな頃がないから、なんとも言えない気恥ずかしさ。(*´Д`)<見ている方がな! そして、亜豆さんの芯の強さがハンパねぇ・・・・。 サイコーこと、一片の曇りもなく信じてるんだね。<約束を守ってくれると。 正直、ここまで自分のことを信じてくれたら、サイコーじゃないけど相当頑張れそうだ。 病気になったことで、会うことが出来たのは不幸中の幸い。 これでこの先も、お互い信じてやっていけるでしょう。<とはいえ、年に一回くらい逢ってもよいんじゃないかなぁ・・・・。 平丸さんが、平丸さんらしくなってきたwww なんか、中の人の声が二枚目過ぎて、平丸さんらしくないと思っていたけど、もはや全然平丸さんですね。 担当の吉田氏との漫才コンビも、だいぶ完成の域に達しているね。 そして、サイコーの入院で、「~TRAP」休載が宣言された時の静かなる怒り。 多分これまでになく、おそらくは今後もないくらいカッコよかったね。 まぁ、福田さんがエイジと一緒に連載ボイコットをやろうと誘った瞬間、あの時のかっこ良さは完全に霧散したけどな!w しかし、編集長もキツイだろうね。 川口たろうの担当をしていて、戦力外通告もした過去がありますからね。 港浦が編集部に帰ってきた時に見た後ろ姿が、その複雑な心境をよく表していましたよね。 そんな中、福田組がボイコットをかくさくしていることが、編集達に伝わりましたよ。 雄二郎さんは、だいぶ漫画家側に肩入れしそうな感じで起こっていましたが、蒼樹さん達の担当の相田さんは、相当うろたえてたね。 服部さんは、おそらく亜城木夢叶のことを港浦さんより理解しているから、居ても立ってもいられなかったんでしょう。 表には出さないけど、雄二郎さんと同じくらい熱くなっていそう。 ボイコットか!?連載続行か?! 盛り上がってまいりました! 次回は絶対も逃せないぞっ!! P.S. 蒼樹さんが、まだまだクールクールですなぁ。 そろそろ、デレたりするころだっけ??
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/761-4db761d0

    バクマン。2 第7話 「生死と制止」

    佐々木に意見したときの平丸は格好良かったのですけど……
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。