with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「異国迷路のクロワーゼ」1話の感想 

    「異国迷路のクロワーゼ」1話、観ました。 19世紀後半、日本からパリの古びた商店街『ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)』の工芸店へと奉公にやってきた日本人少女・湯音。 見るものも聞くものも初めてばかりの場所で、湯音は早速、店主のクロードと良い関係を築こうと健気に頑張るが・・・・。 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]

    きっと、湯音の可愛さを愛でる作品w 19世紀に、日本からパリに奉公って・・・・行かせた親も凄いが、連れて行ったオスカー爺さん。 あんたが凄い! これって、ひとつ間違えば人買いですぜ。 この頃のパリって、そういうのどうだったんだろ? まいどさんとか普通だったから、あんまし変じゃないのかな? 何にしても、機能性に優れたメイド服と違って、和服の振袖・・・・・それも、ぽっくり下駄とか・・・・まぁ、パリに来たばかり事なんで、よそ行きの「とっておき」を出してきたのかもしれんが・・・・着るのも大変だろうに。 あれって、一人で着れるもんなの?(^.^; おはなしの主軸は、健気な日本娘が、果たしてパリの下町にどう溶け込んでいくのか ・・・・なんでしょう。 まぁ、和むのは間違いない! 癒し系になるのかな? ま、その辺を楽しみにして、観るとしますか。<感想は、続けるかどうか・・・・判らんです。_(^^;)ゞ
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/549-df001852

    異国迷路のクロワーゼ 第01話 『入口』

    何かまたGOSICKみたいなのが始まった・・・。と思ったらOPが世界名作劇場っぽい。日本人の女の子が、遠く仏蘭西に渡って来る話みたいです。赤い靴、履~いてた~、女の子~。異~人さんに連~れられて、行~っちゃった~。  童謡「赤い靴」が頭をよぎります。自分の希望で来たと言うよりこのじいさんに奴隷まがいに攫われて来た感じがする。そう考えるのは自分の心が荒んでいる所為でしょうか。 あらすじはこんな感じです。長崎に暮らす13歳の日本人の少女湯音は実家の方針で奉公に出る事となる。丁度日本へ買い付けに来てい
    • [2011/07/27 08:45]
    • URL |
    • こいさんの放送中アニメの感想 |
    • TOP ▲

    異国迷路のクロワーゼ #01

    TVアニメ『異国迷路のクロワーゼ』オフィシャルサイト異国迷路のクロワーゼ 第1話『入口』なんというか…とりあえず幼女にはぁはぁするために観てみます(爆)。お話し的にはまったり気味でなんとも...
    • [2011/07/23 09:11]
    • URL |
    • びっくり・ぼっくす |
    • TOP ▲

    異国迷路のクロワーゼ #1

    【入口】異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)著者:武田 日向富士見書房(2007-12-08)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見るそれは優しくて小さな出逢いの物語~♪っ ...
    • [2011/07/22 12:56]
    • URL |
    • 桜詩~SAKURAUTA~ |
    • TOP ▲

    異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口 Entrée」 レビュー・感想

    湯音の優しさに本当に癒される作品でした。 佐藤順一さんが関わっている作品にはいつも癒され、心静かな時間をもらえます。 19世紀のフランスはパリ、その下町のアーケード街 ...

    異国迷路のクロワーゼ The Animation #01 「入口」

    洋風の町並みに着物は目を惹きますね。

    異国迷路のクロワーゼ第一話 感想

    私はこのギャルリの、家族になりたい「異国迷路のクロワーゼ」第一話感想です。異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細を見る
    • [2011/07/22 03:27]
    • URL |
    • 知ったかアニメ |
    • TOP ▲

    異国迷路のクロワーゼ 第1話「入り口」 感想

    原作ファンとして映像化は素直に嬉しいですね。とはいえ絵に関しては原作のが美麗かも(笑)。うんまあその辺に関して言えば、武田日向の超作画には一歩追いついてない感じもしたけどこれはその内慣れるんじゃないかな、って思います。展開に関しても原作の...
    • [2011/07/22 00:13]
    • URL |
    • 超進化アンチテーゼ |
    • TOP ▲

    異国迷路のクロワーゼ 第1話 「一人の人の献身がすべての者に力と勇気とを与える」

    "LES PETITES ABEILLES" とは、プティット・アベイユという女の子を主人公にしたフランスの絵本。1969年の第1話 「プティット・アベイユ退屈する」 から始まり、20数冊の絵本が出版されているそうです...
    • [2011/07/22 00:10]
    • URL |
    • スキマの美学 |
    • TOP ▲
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。