with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「もしドラ」10(fin)話の感想 

    「もしドラ」10話、観ました。 予選決勝。 遅れてやってきたみなみは、文乃の計らいで夕紀の代わりに、ベンチに入ることになった。 しかし程高は追い詰められ、またもフォアボールで満塁にしてしまう。 その時みなみの心に想いが溢れ・・・・・。 もしドラ page:1 [Blu-ray]

    最後の二階くんのインタビューが素晴らしかった。 ホント、プロの人達に聞かせてやりたいくらいだw 決勝の試合。 野球のシーンに関しては、なんとなく腑に落ちないシーンがたくさんあったけど、<朽木を次郎の代走で一塁に出したり、何故か毎回同じようなミスばかりを繰り返してピンチに陥る程高ナインだったりね。<そんな点こそマーケティングして、克服しておくべきだったんじゃないか?・・・・とか。 次郎ちゃんが疲れを感じさせずに活躍するところとか、 ダメダメだった祐之介が、まるで幼い日にみなみが夕紀に感動を与えたのと同じような活躍を見せたところとか・・・・・。 王道的展開ではあったが、良かったんじゃないかな。 予選決勝に関して程高野球部は、顧客を夕紀と想定して、彼女を満足させ、感動させるような戦いを見せた。 そのことが、野球を嫌いになってしまっていたみなみを感動させたんだろう。 夕紀は、もしかしたらみなみを顧客と想定することで、最終的に彼女を感動させる事になるよう、お見舞い面談で部員たちと接していたのかも知れませんね。 そんな、絆を感じさせるところは良かったように感じました。 話題になった作品だけあって、面白い視点の作品でしたね。 もう少し、野球の場面がリアルだったら良かったのに・・・・・その辺が残念でしたね。
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/530-fbe0d59e

    もしドラ 第10話(最終回) 『みなみは高校野球に感動した』 感想

    最終回にして、「野球部の定義」に立ち返ったということなのでしょう。 もしドラ(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら) 第10話(最終回) 『みなみは高校野球に感動した』 の感想です。
    • [2011/07/17 11:38]
    • URL |
    • メルクマール |
    • TOP ▲

    もしドラ 第10話 みなみは高校野球に感動した

    才能ではない、真摯さである。本編がどこら辺がドラッカー?と思っていたら、おまけが凄く語っていますね。
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。