with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「C」9話の感想 

    「C」9話、観ました。 とうとう東南アジア金融街が破綻。?C?と呼ばれる現象が発生。 影響下にあった現実世界のシンガポールは、人々の存在やその記憶と共に消失した。 その影響は現実日本へも飛び火。 しかし、すべてを察知していた三國は禁じ手とも言える手段でその影響を最小限にとどめようとして・・・・ 「C」第1巻 <Blu-ray> 【初回限定生産版】

    三國が選んだ方法は、ミダスマネーを刷ること。 未来20年分と引換に。 大量のミダスマネーを投入して、景気の下落を支える。 そのことには成功した模様。 それは何を意味するか? ミダスマネーのインフレが起こる?? そうはならないみたいね。 そうであったら、まだマシだったのか? 結局、三國が行ったミダスマネーの増刷で失われたのは、三國個人の未来20年分だけでなく、この国の未来だった。 金融のシステムは、ゼロサム・ゲーム。 損をするものもいれば、同じだけ儲けるものがいる。 しかし、この金融街のシステムは、金融とは名ばかり。 アントレとなり儲ける者もいるが、それは一部のディールに勝ち続ける者だけ。 損をするものが大多数。 言ってみれば、カジノみたいなもんだね。 大きく金が動くには間違いないけど、確実に儲けるのは、胴元のミダス銀行だけ。 現実世界なら、その胴元が儲けた金も現実世界に巡ってくるが、ミダス銀行の儲けは、はたしてどのようになっているのやら・・・・。┐('~`;)┌ 真朱が可愛くて辛い・・・・orz 真朱と公麿の父親のアセットが似ていた。 なるほど。 公麿は、真朱が自分の娘の姿だと思っているわけね。 公麿の父親にとっては、孫。 確かに、未来ではある。 しかし、真朱は今のままが良いらしい。 公麿も、応えてあげればいいのに・・・・・。 きっと江原の件で、未来=子供ってインプリンティングされたんだろうなぁ・・・・。 では、公麿の父親は何を失ったんだろう? もしかして、ディールで破産して金融街を追放される前に、自殺したんじゃないのか? それなら、公麿が存在することに不自然さはない。 さて、どうだったんだろうね? 大量のミダスマネー増刷の決済で、さらに現実日本に大きな影響がでましたよ。 景気は落ち込み、人々の生活水準は低下。 出生率は、ほぼゼロ。 そして、現実世界に生きる人間の気力までが失われた。 さすがに、公麿も三國の行いが間違っていると判断したみたい。 ジェニファーとの共同戦線を張るみたいだけど・・・・・ジェニファーには死亡フラグが・・・・・(-_-;) 果たして、日本の未来はどうなる?!
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/511-6c81fa20

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。