with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「GOSICK -ゴシック-」15話の感想 

    「GOSICK -ゴシック-」15話、観ました。 錬金術師・リヴァイアサンの謎を解いたヴィクトリカ。 彼女が一弥たちに語ったそれは、ソヴュールの闇と悲しい錬金術師の末路だった。 しかし、ヴィクトリカの頭の中には、そこで語らなかった自分に繋がる過去も残されていて・・・・。 【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]

    錬金術師・リヴァイアサンの謎が解かれました。 やはり、錬金術など存在しなかったようです。 真実は、ソヴュールの過去に隠された闇。 時計塔。 植民地。 奴隷。 金の密輸。 闇の部分だったがゆえに、真実を知る者がいなくなったことで、それは謎に満ち溢れたオカルトとなり得た。 それを利用したリヴァイアサン。 稀代のペテン師。 しかし、それをやる理由もあったわけで・・・・・。 彼がヴィクトリカが見つけた本を記したのは、そこに記した謎をつける者なら、すべての闇を見通す力を持っていると考えたからだろう。 きっと、いつか自分も闇に飲み込まれ、歴史の影に消えていくことを予期していたのでしょう。。 できれば、後の世で良いから、その背景まで含めて白日の元に晒せれば・・・・。 そう考えたのかもしれません、 そしてその闇は、ヴィクトリカの過去に繋がっていた。 リヴァイアサンは、きっと灰色狼のことを知っていたんでしょうね。 それはさておき、 一弥が、ブライアン・ロスコーに切った啖呵をヴィクトリカに見せてやりたかったものだ。 一番の見せ場だったのに、誰も見ていなかったのは残念。 今回のことで、いずれ訪れる嵐を確実に予見しているヴィクトリカと、その言動や今までの経緯から、薄々感じている一弥。 二人の未来には、やはり別れが待っているのか?。 アニメで、そこまで描かれるのか?! 今後の展開も見逃せません。
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/458-c47f65ed

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。