with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「逆境無頼カイジ 破戒録篇 」2話の感想 

    「逆境無頼カイジ 破戒録篇 」2話、観ました。 いよいよ始まるチンチロリン。 果たして、どうなる? 逆境無頼カイジ オリジナル・サウンドトラック

    班長のおだて、すかしでチンチロリンに参加する事となったカイジ。 ローカルルールあり。 思いの外、参加者に優しいルール。 そう思える。 しかし、そこは地下世界。 どんな罠が待っているか分かりませんよ。 だいたい、この班長が曲者よ。 物品販売でも、しっかりカイジたちの心理を読んで、儲けてたもんな。 あまい囁きに、なにか裏があるように思えて仕方がない。 実は、みんなグルなんじゃないかとも思えてくる。 カイジも、最初は慎重です。 ただ、ちまちま張ったところで、勝っても心は踊らない。 それどころか、勝つほどにいらだちが募る。 これが、ギャンブルジャンキーの性か? 結局、素人が親の回で大きく張りながらも、2回出目なしのあと「1・2・3」で倍払い。 痛恨の負け。 ここで、ようやくカイジギャンブル魂に火がつく。 勝つか負けるか・・・・綱渡りをやってこそ芽生える、ギャンブラーとしての自覚。 極限の状態でこそ、意識が研ぎ澄まされる・・・・・・。 大きく張り続けるカイジ。 果たして、勝敗は如何に?!
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/359-8b54db25

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。