with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「フラクタル」4話の感想 

    「フラクタル」4話、観ました。 星祭りへの強襲。 誘拐に成功はしたものの、なんだかグラニッツの連中はフリュネ自体をどうこうするつもりはないのか? イマイチ、登場人物たちの行動が、チグハグしているように見える回であった。

    もう一人のネッサ。 フリュネの妹であったか。 そして、フリュネは世界の鍵。 んで、アップデートを終わらせた。 それが巫女の役目なら、なぜ僧院から逃げ出した?! そして、クレインがネッサを連れているのを見て驚いている。 なぜ? 作戦は成功ながら、犠牲は出た。 しかし、市民を無差別に撃ったテロリスト。 味方の死には涙をながすのにね。 フリュネ、なんて無茶苦茶言う。 理不尽だねぇ・・・。 なんか、某白いライオンを連れた色黒のサーカス娘を思い出したw そして、殴るのは嫌いと言いながらフリュネを叩くネッサもまた、理不尽だ。 フラクタルシステムの崩壊を目指すスンダ達ロストミレニアム。 フリュネもそれを望んでいる?? しかし、アップロードは行ったね。 アップロードが行われないと、市民が安全に生きていけないから?? 僧院は、ロストミレニアムの制圧を決定した。 ロストミレニアムの中でも、過激なのはグラニッツ一家。 急進的原理主義過激派・・・・・って感じ? ネッサ、クレインのこと大好きだね。 電波出してないから見つからないと言いながら、既に場所はバレていた・・・と。 まぁ、僧院っつーからには、やっぱり博愛主義なところがあるから、抵抗勢力でも過激派以外には寛容であれ、みたい。 つまり、懲罰部隊的な連中なわけね。 とことん、上から目線だし。 フリュネ、またもや自ら脱出。 無駄に行動力あるタカビー女は、面倒すぎ。(-"-;) それでもフリュネにこだわるのは・・・・・・まぁ、男が面倒な女に関わるのは、惚れちまった以外にないわけだがw データを開く事ができるのは、特殊な人間。 それは、考え方や思想が特殊なのか? ネッサに触れることが出来る・・・・ような?? まぁ、フラクタルシステムの中では浮いた存在のような感じだったけど。<ビンテージ好きだし。 もしかして、めんどくさくてアップロードの星祭りに、あんまし参加していないとか・・・・そういう可能性もあるか?? フリュネ、直球www そして、好かれるのは嫌いらしい。 自意識過剰なお嬢様だね。 さぞかし、蝶よ花よと育てられたに違いない。 嫌味なおっさん。 僧もいるなら、僧院でも仕方ないか。 なんか、間抜けなおっさんだ。 フリュネは逃げ出して、グラニッツ一家の母船に乗り込んだけど、元々連中についていくつもりだったのか、それとも、成り行きだったのか・・・・。 そして、姿を見せないネッサ。 次回はどんな展開に?!
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/272-727ac5bf

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。