with Ajax Amazon

    04 | 2017/05 | 06

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『魔法科高校の劣等生』 第19話――深雪のエプロン姿が、完全に裸エプロンwww 

    『魔法科高校の劣等生』 第19話「横浜騒乱編Ⅰ」を観ました。

    <ストーリー>
    二学期になり、達也は論文コンペの一高代表メンバーに加わり、鈴音と五十里に協力するよう要請される。
    最初は断ろうとした達也だが、鈴音の論文のテーマが研究中の「重力制御による魔法式熱核融合炉」と知って参加を決めた。
    そんな矢先、義母の小百合から、さらに聖遺物(レリック)の解析をも要請される。
    だが、この聖遺物を大亜連合が狙っていて……。



    深雪、完全に裸エプロンを意識していただろ?w
    エプロンに完全に隠れる服とか・・・・・用意周到すぎ!
    お兄様が望めば、どんな格好にでもなるって段階で、オレも裸エプロンをイメージしたけどなwww(∀`*ゞ)エヘヘ
    まぁ、好きな人の料理を作るときは、それが正装だよねw

    それにしても、深雪は義母である小百合の存在を意識した途端、お兄様に甘え出したな。
    アレは、義母の存在を無視したいという感情から来た行動なんだろうか?
    それとも、義母の存在を警戒している??<実母の死後すぐに再婚したことで、父親を取られたという思いがあって、同じように兄も小百合の取られるのではないかと怖れているとか・・・・・・そんな深層心理が浮き出ているとか。
    義母というのも意外だった。
    実母は亡くなっていたのね。
    実母が四葉の直系だということだったんで、単に深雪がお兄さまの扱いに腹を立て、反抗しているのかと思ったよ。
    司波の家も、なかなかに複雑なのね。(^^;)

    本編的には論文コンペの話になってきましたよ。
    内容は「重力制御による魔法式熱核融合炉の可能性」、ということらしい。
    達也の研究内容とも同じということだが・・・・・・高校生が核融合炉の可能性を論文にするとは。
    なんともすごい話だよ。
    でも、飛行魔法を実用化させた達也の技術と知識があれば、重力制御の部分はかなり高度な考察が可能なのかも知れんね。
    それに加えて、賢者の石の存在ですよ。
    魔法式を保存する特性・・・・・・・いや、機能といったほうが良いのか?
    確かに、魔法師が常時魔法をかけ続けないと機能しないのであれば、あまり実用的とは言えないもんな。
    コレが本当に機能するモノなら、自律して動き続ける魔法機械というものが実用化され、魔法師以外の人間でも魔法が使えるようになるという画期的な技術でしょうよ。
    ただ、やっぱりそういった最新技術は、軍がほしがるわけですね。
    瓊勾玉の件も、軍からの依頼だって言うし。
    瓊勾玉って、八尺瓊勾玉のこと?
    三種の神器じゃん!
    そんなもん、一介の企業に預けて良いのか?
    ・・・・・いや最終的には、いくら超人的とは言え、高校生に預けられているんだぜw
    コレを軍が絡んでいるとは言え、上層部はまさか一介の高校生が分析しているとは思わんだろうなぁ・・・・。
    事実を知ったら、ひっくり返りそうなもんだよ。

    で、瓊勾玉に魔法式保存の可能性があるってことか。
    実在する賢者の石が発見されたと言っても、過言ではないわけね。
    それを、大亜連合が狙っているってことか。
    最初、中華街が出てきたから、またノーヘッドドラゴンの別の一派が狙っているのかと思ったよ。
    大亜連合となると・・・・・・どちらかと言えば、入学編に出てきたブランシュのバックにいた黒幕、再びッて感じか。
    ・・・・・・きっと達也が、重力制御による魔法式熱核融合炉の魔法式発動箇所に、賢者の石を使うコトを示唆した論文を提案するんだろうな。
    そしてそれは、最早賢者の石さえぞんざいするならば、実用化できているに近いところまで完成されたモノになるんだろう。
    それを察知した大亜連合が、瓊勾玉だけでなく論文まで狙ってくるとか・・・・・・・そういう展開になりそうだね。

    それにしてもお兄様。
    論文コンペ用の論文作成と、瓊勾玉の分析・・・・・・同時にやるんだろうか?
    やるんだろうな。
    ・・・・・・・幾ら時間があっても足りんようなきがするんだが。(;^_^A
    ちゃんと寝てんのかいな?
    深雪やほのかじゃなくても、心配になってくるよ。
    まぁ、心配するだけ損な気もしますけどねw

    なんにしても、横浜騒乱編の開始です。
    九校戦に増して、激しいアクション・・・・・・・戦いといったほうが良い?w・・・・が期待できそうですね。
    楽しみにしましょう。




    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    Re: Re:『魔法科高校の劣等生』 第19話――深雪のエプロン姿が、完全に裸エプロンwww

    mさん

    コメント&情報感謝です。
    毎度、タイムリーな情報有難うございます。
    司馬家はいろいろ根深い愛憎が渦巻いているんですなぁ。

    Re:『魔法科高校の劣等生』 第19話――深雪のエプロン姿が、完全に裸エプロンwww

    >義母というのも意外だった

    深雪は生理的嫌悪で完全に無視してます。(実母の事が大好きだったので)
    義母の方も恋人だったのに無理矢理取られて15年以上も愛人状態で不遇な扱いを受けてましたからね。
    なのでそんな女の子供である2人の事も憎悪してます。(特に達也に対しては技術者として会社にはいったのになんの業績も出せずに、管理職に配置転換されて鬱屈してたら、達也が本社の主流からはずされてた第3研と新技術を次々に出して業績を上げてるので、それに嫉妬してます。)

    >再びッて感じか

    ノーへッドも大亜連合が黒幕でした。(正確にはヘイグというとある魔法師が画策してるんだけどね)

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1671-bb4dd66d

    魔法科高校の劣等生第19話感想~お兄様、初披露のエプロン姿はどうですか?~

    タイトル「横浜騒乱編Ⅰ」
    • [2014/08/23 01:03]
    • URL |
    • サイネリア~わたしのひとりごと~ |
    • TOP ▲

    魔法科高校の劣等生 第19話「横浜騒乱編 1」

    廿楽計夫(つづらかずお)先生、若くして有能な研究者なのですが、自由奔放すぎる性格が忌避されて魔法大学から第一高校に左遷され、でも本人は却って自由に研究に没頭できると至ってマイペースな人なのですが、たしか30に届くか届かないかの年齢だったはずなのに、このキャラデザはどう見てもアラフォーにしか・・・(苦笑)。どうしてこうなった? さて、ともあれ本編は新章はじまりです。達也が“重力制御魔法式熱核融...
    • [2014/08/20 22:19]
    • URL |
    • ボヘミアンな京都住まい |
    • TOP ▲

    魔法科高校の劣等生 TokyoMX(8/09)#19

    第19話 横浜争乱編I 公式サイトから二学期になり、三年生が委員会や部活動を引退。生徒会も会長があずさ、副会長は深雪の新体制が始動する。一方、達也は、論文コンペの一高代表メンバーに加わり、鈴音と五十里に協力するよう頼まれる。最初は断ろうとした達也だが、鈴音の論文のテーマが研究中の「重力制御による魔法式熱核融合炉」と知って参加。さらに、義母の小百合から聖遺物(レリック)の解析も引き受ける。だが...
    • [2014/08/20 18:29]
    • URL |
    • ぬる~くまったりと |
    • TOP ▲
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。