with Ajax Amazon

    05 | 2017/06 | 07

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『AREA D 異能領域 6巻』の感想 

    6巻読みました。

    異能力を持ったゆえの悲劇!
    カザラギとアスラ。
    立場は違えども、その悲しい過去を互いに理解し、憎しみ合う必要はなくなったかに見えた。
    しかし、理解したがゆえに、どちらも退くことは許されない。
    それは、アスラを倒した後に立ちふさがる南のボス・ゴズも同じことだろう。
    繰り返されるされる悲劇。
    だが、南の真のリーダーは別にいた。
    この場合、ゴズとルナ、どちらを倒せば良いのか??
    どちらにしても、悲劇に変わりはない。

    超人会議は・・・・・いや、カザラギ・レイはジンに何をさせたいのか?

    そして、新たに登場したプロフェッサー。
    これまた、曲者のような感じですよ。
    果たして、どうなる?!


    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1362-cb9075e6

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。