with Ajax Amazon

    03 | 2017/04 | 05

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『COPPELION 20巻』の感想 

    20巻読みました。

    東京大決戦は、委員長達コッペリオンチームと日本国政府、そして大国のフォッシロイド三つ巴の戦いになるかと思いきや、
    またもや新キャラが出てきましたよ。
    同じコッペリオンでも、「忘れもの係」。
    委員長達「保健係」のコッペリオンが、東京に残された人々を救うのが任務なら、遥人や小津姉妹達「掃除係」は、保健係の任務を邪魔する勢力を排除するのが任務。
    となると、「忘れもの係」とは??
    ・・・・・・やっぱり、東京に残された何かを探す係だったんだろう。
    でも、「忘れもの係」の伊丹刹那は小津姉妹達が東京に来た時、すでに死んでいた。
    コレはどういうことか?!
    おそらく、伊丹刹那は複数いたんだろう。
    Dr.コッペリウス捕縛の切り札としてね。
    でも、どうして殺された??
    三教授に逆らったからだろうな。
    それと、彼らのバックにいるだろうイエローケーキ。
    大国の後ろにも、こいつらが付いているっぽいし。
    最終的な敵はDr.コッペリウスだろうけど、まずはイエローケーキと三教授を何とかしないと。
    Dr.の狙いは、純粋に自分の欲求を満たすためっぽいけど、イエローケーキや三教授は、日本とコッペリウスを食い物にしようとしている。
    当面の敵は、忘れもの係と三教授か。
    Dr.たちとは一時休戦だね。

    ラストで委員長が撃たれ、遥人が復活した。
    勝敗のキーを握るのは、遥人か?!





    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1352-62c31fbd

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。