with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『この人類域のゼルフィー 2巻』の感想  

    2巻読みました。

    この作者、守備範囲が広いなぁ。
    セレスティアルクローズでは、北欧やケルト系の神話をベースにした現代ファンタジー。
    ユーベルブラットは、(読んでないけど)ダークなハイファンタジ-だといいます。
    基本、ファンタジー畑の人かと思ったら、本作のようなスペースオペラも同時に描く。>しかも、結構ハード。
    筆が早いだけではない才能が感じられます。
    ホント、描きたいことがいっぱいあるんでしょうね。

    今回のラストで、タイトルのゼルフィーが、その正体を表します。
    まさか、〇〇の☓☓☓がぜルフィーとは!
    ・・・・・・・
    ・・・・・・
    ・・・・次巻から、本格的に話が転がり始めるのかもしれませんね。





    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1332-f49dee41

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。