with Ajax Amazon

    10 | 2017/11 | 12

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『屍姫 20巻』の感想  

    著者 : 赤人義一
    スクウェア・エニックス
    発売日 : 2013-10-22
    20巻、読みました。

    オーリがようやく、憑かれていたモノ達を救うことが出来ましたね。
    すべてを受け入れ、背負うことで救う・・・・・まさに仏の境地に近づいているじゃないですか。
    今後、オーリがどのような戦いを見せるか、期待です。

    北斗の過去も判明しましたね。
    「星村」との因縁も。
    彼女もまた、光言宗が産んだ闇のひとつであったか。

    そして、
    弥勒である黒白と、本格的に決別した光言宗。
    いよいよ物語も終盤という感じです。

    次巻も期待。




    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1313-d94b2ee7

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。