with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『死がふたりを分かつまで 21巻』の感想  

    21巻読みました。

    作品としては、「起承転結」の『転』に当たる部分に来ているんじゃないだろうか?
    護は遥のコトを考えて、
    遥は護のコトを考えて、
    その結果、二人は決別することになります。
    お互いに・・・・・特に遥の方は護が何をやろうとしているのか、わかっているはず。
    それでも決別・・・・・いや、正確には対立か?!・・・することになったのは、護の行動による結果が、遥の思うようにならないってことなんだろうな。
    護の側は、井川を除けば元は敵ばかり。
    遥の方は人気者で、心強い仲間がたくさん集まってきます。>たぶん、シエラも合流するんだろうな。

    果たして、二人の対立の結末は?!
    次巻も楽しみだ。

    で、だ。
    表紙見た瞬間に、なんとなく判ってはいましたが・・・・・・
    好きなキャラが退場するのは辛いね。(/_;)
    もっと厳しい修羅場を何度も切り抜けてきたのに・・・・・・最期は警察官らしかったな。

    源田刑事・・・・・良いキャラでしたよ。(-人-)




    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1268-65e9b83e

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。