with Ajax Amazon

    05 | 2017/06 | 07

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『フェイト/エクストラ 4巻』の感想  

    4巻読みました。

    赤セイバーの真名が明かされましたね。
    どっかの王であることは間違いないと思っていたが、『暴君』であったか。
    でも、世界史詳しくないから、どんな暴虐の限りを尽くしたかまでは知らないんだよな。
    案外、この物語で語られていることが、真実に近いのかもしれませんね。
    市民に慕われていると思っていても、為政者なんてものは時代の流れで持ち上げられもすれば、貶められもする。
    元々一般市民であった民主主義での為政者=政治家ですら、民衆を味方につけたと錯覚し、失脚することなんてザラ。
    ましてや、産まれながらに為政者のなるべく育てられた人間が、真に民衆を味方につけることなど至難の業でしょう。
    ましてやネロがやってきたことは、見るものの立ち位置が変われば放蕩・・・・・我が儘の限りを尽くしたと言われても仕方ないこと。
    民衆だって、所詮自分勝手で我が身が可愛い人間でしかない。
    失脚した為政者を持ち上げる者など、皆無に近いでしょう。
    そう考えると、歴史上『暴君』と呼ばれたり『悪政』を行ったと言われる『悪名高き為政者』たちも、根っからの悪人なんて少ないんだろうね。
    現代の政治家と違い、報いを受けたり悲惨な最期を迎えたりする分、悲しい存在なのかもしれない・・・・・・。
    そんなことを思っちゃいました。



    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1266-131a737c

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。