with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第14話の評判 、及び感想と考察  

    『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第14話「囮物語 なでこメドゥーサ其ノ參」
    を観ました。
    今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。



    撫子の内面がえぐられ、観ていて痛々しく思えた『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第14話でした。
    でも、流れ的には良い方向に行っているようなきがするんだよね。
    学校では言えなかった本心をぶちまけられたし、暦お兄ちゃんの問題にしても、恋人の存在を感づいていたみたいだし、自身の想いも、思わぬ偶然で打ち明けられた。
    これで、すっきり振り切れれば、彼女の初恋はそこで終わると思うんだけど・・・・・・・そうはならないことが判っている。
    果たして、どうなれば冒頭のような戦いになるのか・・・・・・阿良々木くんが何か決定的なことを行ってしまうのか、それとも忍がまたでてきてしまうのか・・・・・。
    個人的には、阿良々木くんの恋人がガハラさんだということが、撫子にとっては予想外だったんじゃないかな?<だって隠してあったエロ本見ても、阿良々木くんの好みは羽川だって思うじゃんw
    その予想外の衝撃に、クチナワの甘言がかさなったりしてメデューサ化してしまうのではないだろうか?
    そんな風に思ってしまった。

    さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。


    撫子編第3話ですが、着実に追い詰められていって、壊れていくさまがありありと見ええて、今までとは別の意味で怖かったです。自暴自棄になって、投げやりになったあたりとか地味にやばかったw
    (物語シリーズ セカンドシーズン #14 「囮物語 なでこメドゥーサ其ノ參」 - 戯れ言ちゃんねる - Yahoo!ブログ)

    追い詰められてはいましたが、言いたいことを言えたのは良いコトだと思うんですよね。
    ただ、ストレスは溜まっているはず。
    それが、どう撫子の内面をえぐっているかが問題ですよ。(-"-;)


    世界で自分の次に可愛いと褒める月火は小学生の時に可愛い撫子を見て、友達になろうと考えたのだと語る。 さらりと自分が一番だと言ってのけるあたりが凄いよね。 自分が可愛くなかったら友達にならなかったのか、と訊ねてきた撫子。 忍野忍に言われた「たまたま可愛くて良かった」という言葉が引っかかっていました。
    (〈物語〉シリーズ セカンドシーズン #14 囮物語 第乱話「なでこメドゥーサ 其ノ參」: 無限回廊幻想記譚)

    月火は、結局撫子が可愛かったからだけで友達になったのかどうか、はっきり言わなかったんですよね。
    それを言わずにあの辛辣な言葉・・・・・。(-"-;)
    ちょっと酷すぎる気がしました。


    月火は暦の部屋に来て撫子と出会います。彼女がだんだんと苛烈に撫子を問い質していく様が怖いですね。ブラック企業の上司が部下を追い込むかのごとくです。  ただの会話でもこれなのに、腹を割って話そうと言った後の月火はさらに怖いですね。撫子が暦を好きだということの本質は綺麗に明らかにされています。あの場で撫子の役をやれと言われてると泣いて断りそうなぐらい厳しいですね、月火は。撫子の前髪を切ってしまうのも怖いです。
    (つれづれ 物語シリーズ セカンドシーズン 第乱話 「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ參」)


    月火曰く撫子が略奪愛を目論んでもいないのに いまだに阿良々木さんのことを思い続けているのは、 「他の男子に告白された時のいい言い訳」になるから。 そんな撫子の態度に苛立つ月火の気持ちはよくわかるけどさぁ、 だからってやることがイチイチぶっ飛びすぎてるんだってお前はww
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第乱話 なでこメドゥーサ其ノ參 | 窓から見える水平線)


    「普段からおしゃれせずにあんなだっさい服ばかり着てるんだ」 だっさい言うなw あのださいところがいいのに(ぇw てことで月火からの尋問という名の拷問に近いいびりがずっと続きます(^ω^;) 月火の言ってることはもっともなんだけど、どうも友達に助言という感じじゃなかったような。 本当は嫌いなんじゃないかと思うくらいw
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第14話 「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ參」 リリカルマジカルSS)

    突き放して目を覚まさせるという方法もあるけど、撫子相手にはそれじゃ上手くいかないと思うんだよね。
    撫子視点の話だからかもしれないけど、月火の言葉には悪意が多々感じられた。
    最悪なのは、前髪切ったことだよね。
    アレはショック療法としては、やりすぎですよ。
    数少ない友達にあんな風に言われた上、女の命である髪まで切られる・・・・・・どれほどのストレスだったことか・・・・・。


    前日の夜に忍にも厳しいことを言われた直後に追い討ちをかけるように月火のターン。 もうやめて!撫子のライフはゼロよ!! 本人がどれだけ感じていたのかは、あまり読み取れませんでしたが、 Bパートでの「言われるままだけど、何も感じないわけじゃねーんだぞ!」 って叫んでいる姿を見るとねぇ。 囮物語冒頭のメデューサ撫子のフラグがどんどん立っていっているんでしょう。
    (囮物語 3話 さらけ出された撫子 - うっかりトーちゃんのま~ったり日記 - Yahoo!ブログ)

    負の感情は、明らかに溜まってますからね。
    問題は、なにが決定的な事象になるのか・・・・・気になりますよ。


    さっきまで撫子を持ち上げていた月火でしたが、 ここから撫子を攻めまくります。 主に、暦が好きというネタで(^_^; ってか、ホラーです( ̄▽ ̄;) で、現実を撫子に突き付けるわけですが、 撫子視点だから、 みんな寄ってたかって責めているみたいに見えるんでしょうか? まぁ、月火の兄Loveが邪魔して、 撫子想いの中に邪心が混ざっているようにも見えますね(゜Д゜ll)
    (明善的な見方 物語シリーズセカンドシーズン 第14話「なでこメドゥーサ 其ノ參」)

    月火ちゃんも、暦お兄ちゃんLOVEなのが明らか。
    でも、兄妹だから恋人になれる可能性はゼロですよ。
    それを考えると、可能性がゼロじゃないのにグズグズ言っている撫子の態度は、月火ちゃんを相当苛立たせたのかもしれません。
    それもあって、辛辣な言葉が出たのかもね。


    月火に追い詰められ本心を言ってしまう撫子  その返しが ”でも、お兄ちゃん彼女いるよ” だからねww そして …撫子の前髪をパッツンにしてしまった月火ちゃん(´゚д゚`)エー やっぱり前髪って重要!? まぁ、これはコレで可愛い気もするんだけど(差し詰め、他人事w) 千石 …それがお前の真の姿だったのか!? 担任までもが誰だか分からないって(ノ∀`;) て、前髪で認識されてんの?
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第14話 - 日影補完計画)

    彼女の件は勘づいていたようですけどね。
    で、俺もこれはこれでカワイイと思う。<それに、暦お兄ちゃんの前では、前髪上げてたじゃん!
    担任が気付いてなかったのは、笑った。
    撫子が学校でどれだけ俯いていたかが判るシーンでしたね。
    多分先生は、撫子と目を合わせて話したことすらなかったんでしょう。


    良くも悪くも、これで撫子にかかっていた  枷のようなものも外れたから、ようやく  彼女は重荷から解放されたわけだけども  なんというかまあ…他に方法がなかったのかとw
    (荒野の出来事 物語シリーズ セカンドシーズン 第14話 感想)

    これは・・・・同意。(^^;)


    いい加減、撫子が暦お兄ちゃんにアプローチしているのをイライラしてたんですかね。 そしてもう良いや・・・と呟いたのち、なんとハサミで撫子の前髪を切ってしまいました。すると、とんでもない悲鳴を上げる撫子。余程、ショックだったのですね。 そして、その後に駆けつけた暦お兄ちゃんによる、月火ちゃんへの制裁は、あまりにグロでスプラッタだったので、丸ごと本編からはカットされてしまいました・・・w
    (物語シリーズ セカンドシーズン 第14話 撫子がキレる!そしてえっちなのはいけないと思います! | まるぴんが行く!)

    どんなシーンだったんだろう?
    気になります!


    撫子が恋人だと思っている相手。 これ合ってるんだろうか。 阿良々木の恋人は戦場ヶ原です。 でも羽川あたりと間違っている気がしないでもない。
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第14話 『囮物語なでこメドゥーサ 其ノ參』 月火もまた撫子を追い詰める!そして撫子は...。 - こいさんの放送中アニメの感想)

    絶対羽川だと思っていると思う。
    羽川がお似合いだったから、半ば諦めがついていたんじゃないだろうか?
    それが実は、ガハラさんでした。
    ・・・・・・ってなると、「どうして?!」って撫子が思っちゃっても仕方ない面があると思う。
    だってガハラさんは、傍から見たらツンツンで、屋外でも阿良々木くんに容赦無い仕打ちをしていそうな感じだし。<印象悪くなる可能性高いよ。


    撫子って面倒くさがり屋なのかな? 先生に問い詰められている時や、 忍にあれこれ言われている時もそうでしたけど、 ものすごく省エネなんですよね。反抗しないというか、 無駄なエネルギーを使いたくないというか。
    (物語シリーズ セカンドシーズン 第14話「囮物語 なでこメドゥーサ其ノ參」 感想 - 気ままに歩く〜Free Life〜)

    そういう面はあるでしょうね。
    常に受け身な感じがします。


    撫子は担任に暴言をはいた後、  教室へ向かい強引に問題解決してしまいます。  言っていることが割と正論なのが更にびっくりです。  いつも静かにウジウジしていた撫子が、突然乱暴ではっきりした性格に…。このシーンは本当ポカーンとしながら観ていました。とにかく花澤さんの演技、切り替えっぷりがお見事でした!
    (物語シリーズセカンドシーズン 第14話 「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ參」感想 - コツコツ一直線)


    学級委員長という立場もあり、問題の解決を担任の先生から頼まれていましたが、 それを吹っ切るように豹変しましたね。 羽川翼みたいなキャラならまだしも、 いつも静かな撫子ならこれくらい豹変しないと無理なのかもしれませんね。 化物語「なでこスネイク」の時に悪くなったクラスの雰囲気を強引に解決しようとしてましたね。 しかも、言っていることが結構正しかったですしw
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン~第14話感想~ - ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。 - Yahoo!ブログ)

    中の人、素晴らしかったですねw
    このシーンは、撫子にとっても思っていることをぶちまけられてよかったんじゃないかな?<溜め込んだストレス発散をできたって意味で。
    しかも言っていることは、オレも正しいと思えた。
    撫子は「学園生活が終わった」的なことをいっていましたが、そうでもないんじゃないかな?w


    そんな感じで、クチナワさんの影響で本音をぶちまけることになった撫子。 言葉遣いこそ汚かったですが、言っていることは、意外と熱血で正しいことを言っていましたよね! これがきっかけで、クラスの問題が良い方向に行く気がするくらい。
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン #12「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ參」 - アニメを見て感想を書くよ! - Yahoo!ブログ)

    うん、そんな感じですよね。


    「俺様はお前達なんか大嫌いだ!だけど!クラスメイトだぜ、こんちくしょうが!」 千石さんマジっぱねえっす!世界が世界なら撫子が学校の裏番として君臨するスケバン物が始まっていたかもしれないな。 折り合い付けろだとか選り好み出来るほど偉くないだろとか耳が痛いぜ。
    (書き手の部屋 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第乱話「なでこメドゥーサ其ノ參」 感想)

    同意!
    ホント・・・・・・耳が痛い・・・・・orz


    可愛いだけの撫子ちゃんの設定は大分崩れてきて、クズキャラになってきた。
    (マンガとかラノベ等の感想ブログ 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第乱話『なでこメドゥーサ其ノ參』 感想)

    クズキャラは酷いと思う・・・・・。(-"-;)
    でも、今までのイメージとはだいぶ変わっちゃいましたね。<ただの内気な娘というわけではない。


    「大好きな暦お兄ちゃんと両思いになりたいとか、そんなお願いでも叶うのかな?」 それでもクチナワに願い事がないかと問われると、 そんな願い事を思いつくのか~。 あくまでも傷つきたくないor楽に生きたいということなのか?
    (『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#14「囮物語なでこメドゥーサ 其ノ參」 | ジャスタウェイの日記☆)

    これは、本心じゃないだろうか?
    月火が小学校の頃からずっと阿良々木くんを好きでいられたのはおかしいようなコトを言っていましたけど、それは「なでこスネイク」以前のことだと思う。
    あの事件で阿良々木くんに救われて、本当の意味で彼に恋したと考えたほうが自然のように思うな。


    撫子ちゃんの本質をよく知るための説明がいろいろと原作からカットされていたのはかなりガッカリしましたよ。゚(゚´Д`゚)゚。
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第14話 「囮物語 第乱話 なでこメドゥーサ 其ノ參」 感想 : wendyの旅路)

    どんなトコロがカットされていたんだろうか?
    やっぱ、原作読まないとダメかなぁ・・・・・。(-'`-;)


    あらゆる結界を無効化する力をもつ、くちなわ。 どうやらご神体は忍野メメから託された阿良々木家にあるようです。 。
    (囮物語 第14話 『阿良々木暦のマニアックなエロ本に隠された秘密!!』感想 | あきひろのアニメニュース)

    あらゆる結界を無効化する力・・・・・それってもしかして、人間の心にもさようするんじゃないか?
    学校でいろいろぶちまけたことと言い、冒頭のメデューサ化と言い・・・・・・撫子の心に、理性で封じられていた心を開放した結果があの状態になったのかもしれませんよ。


    「うぉおお!」(*´Д`) なんと阿良々木暦のエロ本を読みふける千石撫子!! その勉強の成果を今後に活かしてください! しかし昭和の香りがするエロ本です
    (囮物語 第14話 『阿良々木暦のマニアックなエロ本に隠された秘密!!』感想 | あきひろのアニメニュース)

    うんうん、女の子もそう言うの興味ある年頃ってあるんだろうね。
    果たして、活かせる場はあるのか?!w


    す、すごい・・・ こんなマニアックな・・・さすが暦お兄ちゃん! 撫子ちゃん、ガン見しすぎですよ(; ̄Д ̄) それにしてもメガネ女子、しかも三つ編みなんて どんだけ羽川さんのことが好きなんだよ、暦って
    (ヲタブロ : <物語>シリーズ セカンドシーズン 第14話囮物語「なでこメドゥーサ其ノ參」レビュー・感想)

    やっぱ、外見の好みは羽川なんだろうねw
    趣味が見え見えwww


    それはお札の状態で、さらにアララギさんのエロ本の栞になっているといういろいろと情けない形で発見されるのがシュールなところでした。 そしてエロ本を見つけられた相手に対してキリッと振るアララギさんがかっこいいのがまた(汗) 状況を考えてほしいものですが、最近どうもアララギさんが無駄にかっこよく見えてしまうのはやはりいまだに羽川ビジョンが影響しているということなんだろうか(ぇー)状況としては片思いされている相手にエロ本を発見され、そんな状況でもアララギさんが好きだと言った中で見られたほうは堂々とその告白を振るという、ものすごいありえないシチュエーションが出来上がっているのにこうだもんなあ。改めてアララギさんの潔さに感嘆せざるを得ません。
    (しろくろの日常 <物語>シリーズ セカンドシーズン:14話感想)

    あの状況、判っているのかねぇ、阿良々木くんは。σ(^◇^;)
    まぁ、判っているんだろな。
    エロ本見られたことより、撫子が怪異に捕らえられていることのほうに危機感を感じているってことなんだろう。
    それにしても・・・・・羽川相手と言いなでこ相手と言い、想われている相手にはカッコいいね、阿良々木くんw(^^;)<ホント、潔いというかなんというか・・・・・。


    暦と両想いになりたいと言う願いを零したら暦に聞かれてたw 学校生活やクチナワとの関係だけでなく暦との関係も終わってしまうw これで撫子ちゃん暴走への道筋が出来ましたねw
    (続・真面目に働くアニオタ日記 : 物語シリーズ セカンドシーズン 第14話「囮物語なでこメドゥーサ 其ノ參」)

    果たしてそうだろうか?
    まだまだ決定的なことは、次回に起こると思うな。
    さて、どうなるんでしょう?

    次回も楽しみです!



    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1240-0732bc92

    物語シリーズ セカンドシーズン 第14話「囮物語 なでこメドゥーサ其ノ參」 感想

    思っていたよりも重症かもしれない。 なかなか面白かったです。 花澤さんの演技力が素晴らしかったですねw
    • [2013/10/15 16:30]
    • URL |
    • 気ままに歩く〜Free Life〜 |
    • TOP ▲

    物語シリーズ セカンドシーズン 第乱話 「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ參」

     真の姿って……

    <物語>シリーズ セカンドシーズン:14話感想

    <物語>シリーズ セカンドシーズンの感想です。 撫子の本心。
    • [2013/10/14 23:52]
    • URL |
    • しろくろの日常 |
    • TOP ▲

    <物語>シリーズ セカンドシーズン 第14話

    「なでこメデューサ其の参」 私が今問題にしているのは、どうして撫子ちゃんはお兄ちゃんに彼女がいる事を知っているのに、それでもなお、お兄ちゃんの事を好きでい続けるのか?
    • [2013/10/14 22:35]
    • URL |
    • 日影補完計画 |
    • TOP ▲
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。