with Ajax Amazon

    04 | 2017/05 | 06

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『進撃の巨人』 第25話<終>の評判 、及び感想と考察  

    『進撃の巨人』 第25話<終>「壁 -ストヘス区急襲3-」
    を観ました。
    今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。



    エレン巨人体とアニ巨人体の決着は、一応の結末を見せた。
    が、アニは自らを結晶化させることで、あらゆる情報の漏洩を防いだ。
    多くの謎は謎のまま・・・・続きを強く意識させる終わり方だった、『進撃の巨人』の第25話<終>でした。
    つーか、何よ、あの最後の壁から見えた巨人は?!Σ(゚Д゚;
    ここに来て、そんなのチラ見せされたら・・・・・・もう、原作買うしかないじゃん!
    気になりすぎる!!
    ・・・・・まぁ、どうせ途中で終わるだろうから、原作はいずれ買う気でいましたけど、こんな引っ張り方されたら、大人買いで一気読みするっきゃないじゃん!
    ということで、今週末の3連休は「進撃の巨人」既刊一気読みを行う予定。(-.-)
    あ~、早く週末になれ!

    ということで、多くの謎は残されましたが、作品としては見応えがあった。
    世界観やストーリー・・・・・・各所に散りばめられな謎、登場人物たちの人間ドラマはもちろんだけど、描写も凄かった。
    立体機動描写の躍動感、巨人の重量感ある動きと恐怖を感じさせるキモさ、登場人物たちの表情の変化――特に「絶望」の表情ね・・・・・よく描けていたと思う。
    残念だったは、時々止め絵だったり繋がリがおかしい絵がはいっていたりと、違和感を感じさせるシーン散見されたこと。
    それでも、TVアニメのクオリティとしては、破格の出来だと思う。
    2期をやるなら、そのへんが是正されるよう、スケジュールや人員に余裕を持って作って欲しい。
    個人的には、今期一の作品だったと評価しています。

    さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。


    『壁』という非常に重要なキーワードがサブタイトルだけあって… ウォール教やアイキャッチでのショートストーリーなど、各所に関連する要素がちりばめられていましたね。 終盤、壁を越えて飛んで行く鳥を見やってのアルミンの言葉は、色々な事をかけているかの様で感慨深かったです。 特に重要だろうと思われるのは…ラスト、壁の中にあった巨人の顔。 これは今後を暗示する演出なのか? それとも、実際に壁の中に巨人がいるのか…? また、エルヴィンが口にした『壁の中にいる巨人』という言葉。 これはあくまでも、アニ同様に巨人化する人間を指しているのでしょうけれど… なんとも意味深い終わり方でした。
    (閑話休題 -intermezzo-)

    意味深だったよねぇ。
    特に、エルヴィンにその言葉を言わせた後のCパート。
    よく考えられたラストシーンだと思った。
    壁の中の巨人は、原作とは違った感じで出てきたらしく、そこの辺りにダメ出ししている方もいらっしゃいましたが、アニメしか観ていない者としては、アレほど衝撃的な引っ張り方はないと思う。
    あのラストを見て、原作を買おうと思った人も多かったんじゃないだろうか?


    元々エレンの巨人化自体に難色を示していた私は、“せっかく巨人に変身したのに弱い”というこの無情な現実が逆に心地好い。最もつまらないパターンは、巨人化したエレンが単独で次々巨人を駆逐していくことなので、これぐらい巨人化エレンが役立たずな方が物語としては面白いですよ!
    (進撃の巨人第25話「壁 ―ストヘス区急襲 (3)―」雑感 なでしこやまと)

    結局、アニ巨人体からもスッキリした勝利は得られませんでしたからね。
    巨人化するたびに、暴走気味になるし。
    でも、そこが良いってのは解るな。
    今後の成長にも期待できるし、エレンだけの戦いじゃないんだからね。


    リヴァイ兵長もクールだが …エルヴィン団長の物静かな説得力の仕方が尋常じゃない! 銃口を向けられていても 構わない、だが後の指揮は頼むぞ、絶対に女型を絶対に逃がすな ここで指揮をゆだねる辺りが駆け引きだよね>< ここまで頼まれたら何も出来ない憲兵団は無理だもんww
    (進撃の巨人 第25話(最終回) - 日影補完計画)

    あの覚悟は凄いというかなんというか・・・・・(^^;)
    本気で、自分が撃たれても女型の捕獲ができれば良い・・・・・・って話しぶりだった。
    もちろん、相手のことを知っていて、撃たれる可能性は低いとかんがえていたんだろうけど・・・・・・覚悟は完了な感じだったな。


    アニはともかく、巨人になったエレンは市街地では気を遣って戦いにくい…と思ったらおかまいなし。 双方犠牲とかまるっきり無視してやりあってます。 何て迷惑な鬼ごっこ。 明言してませんが、これもエルヴィンの目的だったのかもしれない。 ウォール・シーナの住民にとって巨人なんて対岸の火事。 自分たちには関係のないこと、と小悪事や権力闘争に精を出している。 人類が一丸にならないと巨人には対抗できない。 だから敢えて犠牲者を出すことで目を覚まさせる。 そんな意図があったのかもしれない。
    (進撃の巨人 第25話(終) 『壁-ストヘス区急襲3-』 果たしてエレンは女型に勝てるのか。 - こいさんの放送中アニメの感想)

    エルヴィンですからね。
    そのくらいの計算はしていそうですが、あくまで女型確保が第一だった結果なんだと思う。
    エレンにも、女型確保が最優先としか言っていなさそう。
    市街地で犠牲が出てもおかまいなしだったのは、やっぱりエレンが巨人体を完全にコントロールできていないということを表していたんだと思うな。


    父親のことを思い出しているアニ。 俺が間違っていたとアニに謝っていましたが、巨人化能力使いに してしまったことですかね。
    (ひえんきゃく 進撃の巨人 第25話(最終回) 「壁」 感想)

    たぶん、そうなんでしょうね。
    果たして、どんな交渉を誰と行ったんでしょう?


    お父さんから『何か』を言われて、呆然と立ちすくむ。 人類を敵に回してもやらなければならなかった『何か』、アニの動機が隠されていますが、 結局明かされずに封印されてしまいましたね。 「もう、教えて!何でアニは戦っているの?」って思います。 エレンのお父さん、グリシャ-イェーガーもどこへ行ったやら…。 地下室には一体何があるの?って謎ばかりですが、
    (『進撃の巨人』第25話 最終回「壁 ~ストヘス区急襲3」を観た 感想 レビュー|はるのつぶやき)

    やっぱ、人質取られてやむなくやっているんじゃないかなぁ・・・・。
    お父さんとの会話が出てきたけど、あれが最後の面会とかだったんじゃないだろうか?<親父もその後、人質になったんだと思う。


    個人的にはあの絶望感すら感じる表情や水晶体の中に閉じ籠ったのは、あくまで巨人の秘密を守るというよりは、父との約束を守りたかったからと思ってしまったのですがどうなんでしょうか?
    (進撃の巨人 第25話(最終回)「壁 ――ストヘス区急襲3――」(その2) | SOLILOQUY - 楽天ブログ)

    秘密を守ることが、父親との再会にも繋がっているんじゃないかと思います。
    結晶化して、外界との接触を断ち秘密を漏らさなければ、助かる道があると考えての結果なんじゃないかな。
    だとしたら、仲間が自分を奪回に来ることを確信しているということにもなる。
    そうじゃなければ、自害という手もあっただろうし。<巨人化をコントロールできるアニですから、きっと最悪の場合に自害する方法を教えられて取得していると思うんだよね。


    アニ自身も結局壁の中の人類と似たような境遇なのでしょうか。 「ヤツらに支配されていた恐怖を,鳥かごの中に囚われていた屈辱を」のナレーションと同様,アニは何かに「支配」され何かに「囚われている」存在なのかもしれない。
    (ひそか日記 進撃の巨人 第25話 (最終話) 「壁」 感想 & 進撃の巨人・全体の感想)

    巨人化能力を操る者達に・・・・・でしょうね。
    やっぱり、人間の敵は人間なんだと思う。


    個人的には”エレンが踏み止まる”場面は良かったと思う。 まだ兵士として未熟なエレンらしいとも思えた。巨人である前に人間なんだし、 あんな形でアニが現れるところを見てしまったらフリーズするのも無理ないだろうと。 アルミンは責めるような試すような。いつかはエレンも乗り越えられると言っていたが、 そこはジャンの疑問の方が共感出来たや。切り捨てる覚悟は必要だろうけれども、 自分らが人間であることを忘れるってのもどうなんだ?
    ((アニメ) 進撃の巨人 第25話 最終回 感想:~Fantasy Earth Blog~)

    これには同意見。
    相手がアニと判って巨人化出来なかったエレンらしい。
    人間、そう簡単に変われるものじゃないよ。
    面白いのは、エレンと全く別のものの見方をするジャンとの方が、ミカサやアルミンよりも価値観が近いっぽいんだよね。


    「何かを変えることが出来る人間がいるとすれば、それは大事なものを捨て去ることの出来る人。人間性さえも捨てて・・・」はアルミンの言葉でございました。なるほどきっとアニにはそれが出来るのでしょうね。 (中略) この問いに対してエレンも一時は別のアプローチにてその覚悟を示したように見えました。それは己の「情念」に身を任せる覚悟。つまり「巨人を強く憎しみ殺したい」という強い意志。そんな恨みの業火にその身を包み、巨人を駆逐するという明確な目的意識が芽生えたかのように見えたのです。しかし、寸前のところでその覚悟は潰えてしまいました。 それはまさにエレンの「危うさ」というものを象徴するようなシーンであったと思います。アニの涙に憎しみの熱はすっかり冷まされてしまった・・・
    (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 (アニメ感想) 進撃の巨人 第25話 「壁」)

    アニの場合は、確かに人間性を捨ててまで目的を達成しようという強い意志が見られますが、今のエレンはそうじゃないですからね。
    人間性というより、理性がぶっ飛んでいる。
    判断力も鈍いし。
    巨人化には、確かに覚悟が必要だろうけど、巨人化した後の戦いをみると、覚悟とか言う以前の問題だと思う。
    ただ、本能に近い部分だけで戦っているだけのような気がする。
    そりゃ、危ういですよね。


    駆逐モードはどう考えても危険ですね。ほんと死に急ぎです。 結局、エレンを人間に戻したのはアニだったって皮肉ですよ…。そのままだったらアニの硬化はなかったかもしれないけど大事な証人、食ってたかもしれないし。
    (【進撃の巨人】アニメ第25話 「壁」 : goooldfish)

    たしかに皮肉です。
    あらゆる価値観・・・・・人間性までを捨て去って、アニ巨人体と対峙したというのに・・・・・・結局は彼女の涙で人間性を取り戻した。
    やはり覚悟とは別に、エレン個人の価値観や人間性を保ったまま巨人化出来るようになるのがベストなんでしょう。


    巨人の中から生還したエレンです。体の方はもうなんとも無いですが、アルミンからアニを見逃したと突っ込まれます。硬化する前に一瞬、アニが泣いている状況を見てしまい、そのまま引きずり出す事が出来なかったと。
    (進撃の巨人 第25話 最終回 女型の巨人とエレンの戦い、しかし謎は深まるばかり | まるぴんが行く!)

    いや、あれは見逃さなかったら、兵長が言ってたように食っていた可能性が高いと思うな。(-_-;)


    僕が思うにアニとは違い、巨人に不慣れなエレンにしては十分な仕事したと思うんだよ! 彼の尽力のおかげで女型の正体が公に「アニ」だと知ることが出来たし、中身を回収することもできた。 エルヴィン団長も大きな成果が得られたと言っていたんだからそれで良いじゃないか! なのにアルミンは苦い表情を(´・ω・`) アルミンには、お前にも同じこと出来ますか?って聞いてみたいわ(`・д・´) どうするよ?  もし、ミカサがアニと同じような事をしたら、倒すことが出来ますか?殺せますか?
    (誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ : 進撃の巨人 第25話(最終回)感想)

    同感。
    エレンは、今の彼に出来る最大限の貢献をしたと思う。
    でもアルミンは、こういうことは自分が言わないといけないと思っているんだろうね。<他の誰もが言うのを躊躇うようなことを。
    それが、エレンのためには必要だと思っているんでしょう。<というか、もう二度と目の前でエレンを失う絶望を味わいたくないからかもしれんね。
    ちなみにアルミンは、ミカサが同じようなことをした場合、たとえ立ち向かったとしても、生きて帰ることは出来ないと思う。(-.-)<世界は残酷だからね。


    あの時、気持ちいいと思った。 何だろ? このまま死んでもいいと思うくらい… そう言うエレンに、戻ってきてくれて、良かった ホッとするミカサだが。 この先も巨人化を続ければどうなっていくか不安ですね…
    (空 と 夏 の 間 ... 進撃の巨人 第25話「壁 -ストヘス区急襲3-」)

    もしかして、感情のままに巨人体を動かし続け、それが極限まで達すると、巨人と一体化して普通の巨人のようになってしまうんだろうか?<奇行種ってのは、巨人化した人間の成れの果てなのかもしれんね。


    エレンを心配するミカサ。 もう今では、ヤンデレの代名詞みたいに言われていますが、可愛いよね。 エレンが他の女に目移りさえしなければ平和だろう。 アニに対してちょっと、特別な感情があったから、いろいろとね。
    (アニメーション 進撃の巨人 第25話 - おかるとのヲタク日記)

    エレンだけを見ている時のミカサは、確かにカワイイんだよな。
    戦っている時の凛々しさとは、大違い!
    これが、付き合っているとか結婚しているだったら解る気がするんだけど、ミカサさんってばそういう意志をエレンに示してるのかね?
    とてもそうは思えん。
    でも、彼女とか嫁とかだったら・・・・・・・あんなモンじゃ済まなかったかもしれんな。(;^_^A


    これは本当に勝利なのか?  確かにエレンの力を借りれば  巨人相手に勝つことも可能かもしれない  でも、『巨人の力』を借りて勝つことは  果たして『人類の勝利』たりえるだろうか?  ここらへんの苦悩とかは後々の問題で  影響が出そうな予感がしますよね。
    (荒野の出来事 進撃の巨人 第25話 最終回 感想)

    そうですね。
    敵もまた人類っぽいしw<「人類の勝利」とか言うのは成り立たないのかもよ。


    至る所に巨人化できる人間がいる可能性が出てきました。 もしやエレンの父は医師だから、意外とアニの父も医師で 巨人を人間化する研究をいっしょにやってたのでは?
    (進撃の巨人 最終回第25話『オレ達の戦いはこれからだ!!(BY諫山創先生)』感想 | あきひろのアニメニュース)

    アニの父がそうかは怪しいけど、彼女に巨人化能力を与えた人間とエレンの父親が一緒に巨人化の研究をしていた、可能性は考えられますね。


    最後、壁の中に巨人がいた?けど、あれは一体どういうことだ・・・・。アイキャッチの文章といい、まさか壁は巨人が作ったとか。壁宗教も仲間なのか? 色々と謎を残して終了。これは原作見たくなるわ・・・w
    (進撃の巨人 第25話 壁 -ストヘス区急襲③- 猫が唸る感想日記/ウェブリブログ)


    今回の話で衝撃かついい引きだったのは崩れた壁の中に見えた巨人らしきモノの存在だよね。( ̄▽ ̄;) え!? ってなったのと同時に、ウォール教団のことと合わせていろいろと納得がいったかも。 城壁の建造技術に疑問があることを序盤の感想記事でも書いたのだけど、結局この戦いは仕込まれていたんだなぁ、と。巨人の脅威から人類を守るための壁が巨人で作られてた(埋められてた?)、ってやっぱり壁の中は巨大な実験施設か、あるいはあらためてこれは巨人を使った人間同士の争いなんだ、と思った。
    (Little Colors : 進撃の巨人 第25話 「壁 -ストヘス区急襲 3-」(最終回) 感想)

    オレは巨人ってのはてっきり、あの壁を作るための作業者として作られた存在だと思っていましたよ。
    まさか、壁自体が巨人を人柱のようにして造られていたとは・・・・・<多分、あそこに偶然一体だけ巨人が埋め込まれているってことはないよね?
    結局、壁は元々巨人の驚異から人間を守るために作られたんじゃないってことでしょう。
    そうなると・・・・・・実験室ってのは、あり得るはなしですよねぇ・・・・・。


    壁の中の巨人の存在をウォール教のおっさんらは知ってたのかな。隠してたって事? 壁の高さは50mだっけ。となるとメチャクチャでかい巨人だと思うが、そいつで壁を造ったって事か?どうやって造ったか分からんが、巨人に囲まれて暮らしてたのかwある意味守られてたとも言えるのかな?無いか?無いな。エレンのパパやエレン宅の地下室、そもそも巨人って何だ?などと謎がイパーイあるのに、最後の最後でまた謎が増えた?!みたいな最終回。さすがに先が気になるなぁ…原作読むか?
    ((`・ω・´)俺達の進撃はこれからだ! ~進撃の巨人 第25話(最終回)「壁 ――ストヘス区急襲③――」~ 悠遊自適)

    壁の中の上層部も、巨人の謎は知っているってことでしょう。
    案外、権力争いで勝って壁に囲まれた楽園を手にしたのが今の王家で、その対抗勢力が壁の外にいるのかもね。<壁の中にも、(エレンの父親のように)巨人化の技術を伝えるモノがいるんでしょう。
    そして今、壁の外の勢力が積年の恨みを晴らそうと攻撃してきているのかも?!

    ちなみに、オレは原作を買う!


    エレンの家の地下にあるものとは? 巨人化する人間の秘密とは。 まだまだ謎ばかりが残った形になってしまい、これはまた続きを・・・という考えでの最終回だと思いたいね。 原作が終わるのと同時に・・・って展開になるといいなぁとか。
    (アニメ「進撃の巨人」第25話(最終回) あらすじ感想「壁 ――ストヘス区急襲3――」 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ - 楽天ブログ)

    アニメ2期も期待したいですが、やっぱりちゃんと結末を迎えるか、終りが見えた段階で続編を作ってほしいものですね。
    ホント、期待しています!



    <おまけ>
    真のヒロインは作画で妙に気合入ってた幼女だったかもしれませんが(黙れ

    (【アニメ】 進撃の巨人 第25話(最終話) 「壁 -ストヘス区急襲3-」 感想 :この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・)


    幼女かわいい^^ この作品において可愛い幼女は貴重なので是非とも生き延びて欲しいw
    (進撃の巨人 第25話(最終回) 「壁 - ストヘス区急襲 3 -」 リリカルマジカルSS)

    あの少女は、なんであんなに気合入った作画だったんでしょうね。
    謎です。(-.-;)<今後出てくるキャラなのか?



    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1236-17ea44c7

    人間対巨人

    アニメ「進撃の巨人」を見ました。 MXにて 日曜深夜にやってました いろいろと話題になった作品ですね 僕は漫画も未読で、このアニメで初めて見たのですが・・・ これは設定の面白さか、巨人対人間というシンプルながらも 新しさを感じて、良かったですね 舞台や時代...
    • [2013/11/12 22:28]
    • URL |
    • 笑う社会人の生活 |
    • TOP ▲

    進撃の巨人 第25話

    #25「壁」の感想です。壁を神聖視し崇めるウォール教のミサ。『壁を疑ってはならない』など、その教えは盲目的とも思えますが…そこに、いきなり巨人の足が!?エレンによ...
    • [2013/10/09 13:58]
    • URL |
    • 閑話休題 -intermezzo- |
    • TOP ▲

    進撃の巨人 第25話(最終回)感想

    最も人として変わったのは、アルミンだったなぁ。
    • [2013/10/09 02:42]
    • URL |
    • 誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ |
    • TOP ▲

    進撃の巨人 第25話(最終回)

    「壁-ストヘス区急襲3-」 やつらは必ずいるんです、一人残ら追い詰めましょう   …壁の中にいる巨人を、全て… 今度は我々が進撃する番です!!
    • [2013/10/08 23:55]
    • URL |
    • 日影補完計画 |
    • TOP ▲

    進撃の巨人 第25話(最終回) 「壁」 感想

    最終回として区切りがいいところで終わりましたが、続きが気になりますね。 Cパートでとんでもない事実が発覚しましたし。 色々な謎の解明が気になりますし、戦闘シーンの迫力も凄かった。 ここで終わりというのは続きが気になって仕方ありませんよ! 原作次第ですが、2期もできるだけ早くやってほしいですね。  進撃の巨人 公式サイト TVアニメ「進撃の巨人」オリジナルサウンドトラック(...
    • [2013/10/08 20:58]
    • URL |
    • ひえんきゃく |
    • TOP ▲
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。