with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『鉄のラインバレル 22巻』の感想  

    22巻、読みました。

    クライマックス近いというのに、ここで戦力が減るか。
    イズナとシズナのマキナ「ディスイーブ」が復座だった理由。
    そして、イズナの生まれ持った能力。
    そんな過去があったとはね。
    さらに、九条とペインキラーの存在が相まって悲劇を呼ぶ。
    元々、九条さんは不安定な精神の持ち主だったからねぇ・・・・いつか悲劇を起こしてしまったかもしれないが・・・・・悲しいね。
    牧さんが口走った言葉が痛かったわ。
    「コレも人類の救済に必要な事象だったのか?」

    そんな中、ニューヨークにおけるヒトマキナ掃討作戦で苦戦を続ける加藤機関と絵美の前で、なんとも「ナイスな展開」が幕を上げる!

    ようやく、ヒーロー様の帰還ですか。
    でも、なにかいろんなことがゴチャついて、よく判らんよ。
    浩一じゃないけど、一体どういう状況なんだ?!w(^.^;


    さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。


    生まれながらの人殺しである自分はこの世にいるべきではないと悟ってしまったイズナが 九条を正義の味方になるよう説得しつつ自分を殺させたと。 でもディスィーブが自分を人質にしていると思っていたイズナが最後に 人質にしてるんじゃなくて本来あった未来(ペインキラーに殺される未来)からイズナを守るべく ディスィーブが特殊能力を開放したことを気付けただけイズナは幸せだねってなるかバカァ!!!!
    (せいとうやじんのご:【ネタバレ】鉄のラインバレル22巻読んだ 後編)

    こちらのブログで「よく判らん!」部分がスッキリしたような気がします。
    よく分析されてますね。
    助かリました。_(^^;)ゞいや-


    決して『誰かが悪かった』とも言い切れないのがやるせませんね。  直接の原因となった『暴動』も、色々抑圧された現環境では、ああなるのも仕方ないでしょうし。  一般人の視点から見れば本当に何が起こってるのかさっぱり解らんでしょうし  そこで解りやすい人身御供が見つかれば、ああもなろう、と。
    (鉄のラインバレル 22巻 [清水栄一×下口智裕] - GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 - Yahoo!ブログ)

    確かに、「誰か特定の人物がが悪かった」ってことじゃないんですよね。
    巡り合わせが悪かったとしか、言いようがない。
    まさに、『悲劇』ですなぁ。

    ということで、ヒーローが帰還したわけですが、
    果たして浩一は、現状を把握し受け入れ、本当のヒーローになれるのか!?
    そして、九条さんは?!



    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1235-d175f1b3

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。