with Ajax Amazon

    06 | 2017/07 | 08

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第13話の評判 、及び感想と考察  

    『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第13話「囮物語 なでこメドゥーサ其ノ貳」
    を観ました。
    今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。



    撫子の生き方と、その存在の危うさが判ってきた、『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』の第13話でした。
    わりと周りに流されるままの生き方かと思いきや、そうでもないようで・・・・・1人でなんでも抱え込んでしまうのも、阿良々木くんと全く同じようでいて、全くの逆。
    すべて、自分の都合・・・・・。
    そう考えると、案外怖い娘だよね。
    忍が「魔性」と言うのも解からんでもない。
    しかし、忍だって「魔性度」にかけては撫子に負けていないと思う。
    今回ラストで忍が撫子を口撃したのは、同族嫌悪というのもあるんじゃないかな?<阿良々木くんの最も近くにいるのは自分だという矜持。
    ガハラさん相手とは、その立ち位置が全然違ってくると思っているようなきがしますね、忍は。
    だから、前回冒頭のような殺し合いの状況に陥ったのは、忍の存在が大きいと思うな。
    とはいえ、今の状況ではああはならない。
    まだ、決定的な「何か」が出てくるはず。
    次回も、見逃せないね。

    さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。


    撫子は魔性の女か( ´・ω・) なるほど、天然なのか意識的なのかは撫子にしか分かりませんが、同性から見るとそういう風に見えるのか。それが全く分からなかった管理人は、完全に撫子の魔性の魅力に囚われていたということですね!? でもさ・・・それでもいいじゃない、可愛いんだもの。グラビア撫子最高!w(ダメ人間)
    (〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第13話 囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ貳 猫が唸る感想日記/ウェブリブログ)

    カワイイは正義!・・・・だもんねw


    撫子エロかわいい(´д`;) そしてエロあざといw てっきり、偽でのツイスターの時のように阿良々木さんの前だけエロポージングをするのかと思ってたら普通にやってた(つ∀`) まあ、普通にしててもエロいんだけどねw 忍が言ってた魔性の女というのも納得です。
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第13話 「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ貳」 リリカルマジカルSS)

    その片鱗は、「なでこスネイク」の頃から見えていましたが、ツイスターの辺りで決定的になったからね。<気づかない阿良々木くんも、悪いとは思うが・・・・・(^^;)


    前回、クチナワよりお願いを手伝う約束をさせられた撫子です。罪悪感に付け込む、まさに怪異のあくどい所業ですね。お願いとは一体どんな事をさせられるのか?もしや、エッチな仕事ではあるまいな!けしからん!(大嘘
    (物語シリーズ セカンドシーズン 第13話 忍の容赦ない撫子への攻撃!もうやめて!残りHPはゼロよ! | まるぴんが行く!)

    エッチな事くらいだったら、どんなに良かったことか・・・・・・。(-"-;)<でも、それだと放送出来ないけどね。ヾ(*゚▽゚*)ノ あはは


    意外とおしゃべりなクチナワさんw 自分の手首とおしゃべりする痛い子w そして「とにかく」「さておき」批判ww 話題を完結させずに保留にするのには便利な言葉ですw 俺も良く使いますw 他にも「とりあえず」とかもありますw
    (続・真面目に働くアニオタ日記 : 物語シリーズ セカンドシーズン 第13話「囮物語なでこメドゥーサ 其ノ貳」)

    オレもつかっちゃうなぁ・・・・・「とは言うものの」とか「何にしろ」もありますよね。


    今回明らかとなった千石撫子の処世術は「我関せず」 口から出てくるのは差し障りの無い建前ばかりで、 何かを成し遂げるために努力をするなんてもってのほか。
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第乱話 なでこメドゥーサ其ノ貳 | 窓から見える水平線)

    暦お兄ちゃんを落とすコト以外のはなしだけどね。(;^_^A


    問題を先送りにする生き方の撫子は、学校の委員長も押し付けられ 例のおまじない騒動で雰囲気の悪いクラスの状態の解決まで、担任に押し付けられています。 でも撫子は出来ないからと解決する気なんてない(^^; 撫子の無責任さを知ったクチナワは黙りこむ、約束を守る気が無さそうと思ったかもね。
    (空 と 夏 の 間 ... 物語シリーズ セカンドシーズン 第13話「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ貳」 )

    なるほど、そういう風には考えなかったな。
    確かに、とりあえず言われたとおりにやってみて、見つからなくっても仕方ないとか思っていそうだ。
    これで、クチナワも作戦を変えてきたのかもしれん。<その結果が、前回冒頭のようなコトに・・・・・・ということもありそう。


    JCらしからぬ色気もありますし、見た目はやっぱり可愛いです。 ただ、まぁ、この子は最初は好きだったのだけれど、 仕事を押し付けられても何もやらないから問題なしであるとか、 単に気の弱い子っていうのではなく、基本的に駄目な子なんですよね。なので、個人的にはちょっと苦手なタイプかなと。
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 13話 囮物語 其ノ貳 感想+サーバント×サービス 13話 : ADVGAMER)

    ダメな娘っていうのは的を射ているような気がします。
    ただ、そんなダメな娘なんだけど、こと話が暦お兄ちゃんに関わるものになってしまうと変わるんだよね。
    クチナワは、その辺を上手く使ってきそうな予感。(-_-;)


    思いっきり口縄の影に杭刺してる撫子(((╹д╹;)))
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第13話 - 日影補完計画)

    これは、無意識なのかな?
    ちょっと怖いよね。(^_^;)<「なでこスネイク」における所業も考えると。


    阿良々木さんが今回鋭かったですね。ただ千石については理解していないから、対応間違い過ぎているというね。阿良々木の言い方だと、撫子は返って助けを求められないのであった。 手遅れ系エピソードなのは初回の冒頭でわかっているから、どうしようもない感が浮き彫りになっちゃうね。
    (こう観やがってます - 〈物語〉シリーズセカンドシーズン 第13話「囮物語 なでこメドゥーサ其ノ貳」)

    撫子が阿良々木くんに助けを求めない理由がよく判らんのよね。
    勝手に怪異に関わってしまったことを知られたくないから?
    それとも無意識に、このまま自分が危うくなっても、絶対に阿良々木くんが気付いて助けてくれるとか思っているのかな?<さすがに、髪が蛇になったら阿良々木くんも気づくだろうからね。


    月火ちゃんの寝間着を着て、阿良々木氏のベッドに泊まっていけ、と勧める阿良々木氏。 奥手そうな撫子ちゃんでも、それはマズいと感じているようです。 025-tile 阿良々木氏を床に寝かせるわけにいかないと言う撫子ちゃんに対し・・完全アウトな発言!! 目wwそれに大魔王みたいなポーズwwwワロタww これぞ物語シリーズ!という展開ですね(笑) さすが、中学生以下に特に容赦ない阿良々木氏です。
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第13話 『囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ貳』 | 日々是深夜アニメ)

    阿良々木くんも、撫子のことはどう思っているんだろう?
    八九寺に対する行動は、完全に意図的のようだけど、撫子に対しては無意識にやっているようにも感じられる。
    阿良々木くんも、ある意味「魔性」だよね。<いや、化物的な意味ではなく異性に対する・・・・・ね。(^^;)


    撫子を分析する忍。撫子と忍、なんだか相性悪そうです…。というか撫子の性格はあまり女性に好かれないのかも。  性格を分析され、忍に下に見られる撫子。黙っているだけの撫子の生き方を指摘する忍。忍はわざと被害者ぶっているのではないかなど、撫子を挑発してきます。まさかここまで忍がはっきり言うとは思わなかったので驚きました。
    (物語シリーズセカンドシーズン 第13話 「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ貳」感想 - コツコツ一直線)


    忍の登場と彼女が撫子にかける言葉は、嫉妬と牽制なのでしょうか。鋭く抉ってくる感じの物言いが面白いですね。彼女もまた暦と別の視点で撫子を的確に見ているようです。魔性という表現もいいですね。
    (つれづれ 物語シリーズ セカンドシーズン 第乱話 「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ貳」)

    性格は全く違うけど、立ち位置的に同じような気がするんだよね、忍と撫子は。<阿良々木くんの庇護欲をくすぐるという点においては。
    だから、同族嫌悪的なトコロもあったんじゃないかと思う。


    撫子ちゃんはかなりの依存体質であることがわかります。流され やすい、ともいえますが(笑)。そこでクチナワはそんな彼女の性格にいち早く 目をつけて憑依したのでしょうね。そして利用しやすいように口車に乗せて 言葉で縛っていく・・・ 一方、それの体質を知っている忍ちゃんはその性格に危うさを感じると共に 暦に害を為す存在だと直感したのでしょう。
    (ヲタブロ : <物語>シリーズ セカンドシーズン 第13話囮物語「なでこメドゥーサ其ノ貳」レビュー・感想)

    撫子は、変な宗教の勧誘とか、キャッチセールスにすぐヤラれちゃいそうな感じですからねぇ・・・。
    そして、ミイラ取りがミイラになる。<勧誘する方に廻ったら、そうとう厄介な存在になりそうですよ。<まさに魔性の魅惑!
    そう考えると、やっぱ危険な娘なのかも?!
    そしてそうなってしまったら、阿良々木くんにに対しても危険だけど、忍は自身の立ち位置にも影響を与える危険な存在と思っているような気もします。


    撫子の本性を知って、まるで虫けらを見るかのように撫子を見下す忍; 言葉も冷たいです; 自分からはなにも行動せず、一生心配してもらうだけでは、 その関係に進歩はないんですよね~。。。 色々暴かれて、撫子はどう動くのか… って、バトルになるのは分かってるし、問題はこの先だな。
    (『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#13「囮物語なでこメドゥーサ 其ノ貳」 | ジャスタウェイの日記☆)

    まだ、決定的じゃないんですよね。
    一体、なにが決定的な一打になるのか?!


    また、撫子ちゃんとクチナワが厄介な存在だと認識している忍ちゃんの存在は、「囮物語」においてとても重要なものとなってくると予想でき、クチナワにとっては北白蛇神社に祀られていた神だったにもかかわらず、忍ちゃんによって神の座を落とされかけている被害者であるし、撫子ちゃんの方もパートナーとして大好きな暦のそばに常にいる忍ちゃんというのは、撫子ちゃんにとって少なからずいい印象を与えるほどの存在ではないでしょうしね。
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第13話 「囮物語 第乱話 なでこメドゥーサ 其ノ貳」 感想 : wendyの旅路)

    そういう意味では、クチナワと撫子は利害が一致しているわけだ。
    その辺も見越して、クチナワは撫子を選んだんでしょうな。


    阿良々木家にきてからクチナワさん落としなくなったね やっぱ忍の存在に気づかれないためか バレたらまずいことでもあんのかな
    (囮物語 オトリモノガタリ なでこメドゥーサ 其ノ貳 感想 : 気の向くままに)

    これにも、何か意味がありそうな気がする。
    忍にばれないため??
    いやいや、さすがに忍にはもうとっくにバレているような気がします。<忍が、歯牙にも欠けていないだけで。


    後半の撫子と忍の会話は絶望的な印象を受けました。 前回の感想で書きましたが、やはり2人の間でちょっとありましたね。 これが撫子暴走の直接的な原因ではないかもしれませんが、 少なくても、忍の印象は悪くなったことでしょう。 もっと忍に決定的なことを言われる気がするな~。 そうじゃないとあの神社のシーンに繋がらないですし。 徐々に撫子の闇が深まっていく感じですかね。
    (物語シリーズ セカンドシーズン 第13話「囮物語 なでこメドゥーサ其ノ貳」 感想 - 気ままに歩く〜Free Life〜)

    そうなんですよね。
    その決定的なコトを、忍が言っちゃうのか・・・・・・それとも、阿良々木くんが言っちゃうのか?
    ・・・・・・次回、その辺が見どころかな。


    撫子が忍に対してほとんど反論できなかったのは、きっと図星だったから。 困った時はとりあえず謝る。黙ってやりすごす。相手が諦めるのをジッと待つ。 その事を指摘されているこの場面に至っても、彼女は黙って忍が去るのを待っているんですよね。
    (囮物語 2話 千石撫子の処世術 - うっかりトーちゃんのま~ったり日記 - Yahoo!ブログ)

    そう言われてみると、そうですね。
    黙っていれば忍はやり過ごせると、洞察しているのかな。
    少しだけ反論しようとしたのは、それが阿良々木くん絡みの事だったからだろう。
    それは忍も判っているから、一方的に口撃したんだろうと思う。


    撫子のそうした部分を計算して行っていると考えていた忍だが、気付いていない様子の撫で子に、天然の撫子を世間では「魔性の女」と呼ぶのだと笑う。 しかし実際のところ、撫子の自覚の有無はあっても、意図的にしているところがあるんだろうね。それが今回言葉の端々で出てしまっている本音なんだろうし。
    (〈物語〉シリーズ セカンドシーズン #13 囮物語 第乱話「なでこメドゥーサ 其ノ貳」: 無限回廊幻想記譚)

    撫子の場合、計算とか天然と言った言葉では言い表せないレベルなんだろうね。
    意図的でもそうじゃなくても、結局相手に与える影響は同じ・・・・・だから、「魔性」なんじゃないかと思ったり・・・・・(;^_^A


    おそらく撫子も気にしては居るんでしょう。 それだけに痛いところをグサグサ突きまくるのは危険な気がする。 前回豹変していたのはまさに忍が追い込んだ結果じゃないのか。
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第13話 『囮物語なでこメドゥーサ 其ノ貳』 阿良々木実は全部知ってるんじゃないの? - こいさんの放送中アニメの感想)

    それはあると思う。
    阿良々木くんを攻撃していたのも、自分より忍を選んだとか思っているからじゃないのかな?


    今まで何も考えずにただこの手のキャラを  愛でてきましたが、今回のように  忍に事細かに説明されてしまうと  千石がいかに危険な存在かわかりますね。  …いや、今回のは暦が悪いんですけどねw  忍が冷たい態度を取るには十分な理由です。  多分戦場ヶ原もこの手の人間は  一番嫌いなんだろうな…。
    (荒野の出来事 物語シリーズ セカンドシーズン 第13話 感想)

    それは、間違いなさそう。<ガハラさんの反応。


    前話、撫子がボス化しているところから始まってましたが、 こうやって見ていると、口縄に唆されている上に、 周りに追い詰められてっていう感じですが・・・ いったい、どう変化していくのか、 気になります!
    (明善的な見方 物語シリーズセカンドシーズン 第13話「なでこメデューサ 其ノ貳」)

    クチナワも、わかってやっているような気がするよね。
    撫子が追い詰められているときは、あえて放置。
    そして、撫子が精神的ダメージを負ったところで、唆す。
    そういう手法を取ってきそうなよかんがしますけど・・・・・・・さて、どうなるんでしょう?
    気になります!w



    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1233-f1324c06

    <物語>シリーズ セカンドシーズン 第13話 『囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ貳』

    <物語>シリーズ セカンドシーズン 第13話 『囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ貳』の感想。 Aパート ひたすら(?)撫子ちゃんのパジャマ姿を鑑賞するAパートでした!良い太ももです!(*´Д`)ハァハァ 鎖骨とこんもりしたおっぱい!(*´Д`)ハァハァ クチナワさんからご神体探しを頼まれたり・・とかあったけど、このパジャマ姿に全てを持って行かれた!(*´Д`)ハァハァ Bパート 夜になり、家を...
    • [2013/10/10 06:45]
    • URL |
    • 日々是深夜アニメ |
    • TOP ▲
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。