with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『進撃の巨人』 第24話の評判 、及び感想と考察  

    『進撃の巨人』 第24話「慈悲 - ストヘス区急襲 2 -」
    を観ました。
    今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。



    いよいよ、ラスト2話。
    エレン巨人体はアニ巨人体に勝てるのか?・・・・どのような結末になるのか??・・・謎はどれだけ解かれるのか???・・・・展開が気になる『進撃の巨人』の第24話でした。
    予想通り、アニが女型の巨人と知って動揺を隠せないエレン。
    アニメ観ているだけだと、巨人になるようなエレンを向かい入れてくれた大切な仲間である先輩たちを殺されたのに、何を躊躇しているんだよ?!・・・・・・とか、エレンの言動にイラっとしてしまいますが、よくよく考えてみると、エレンが調査兵団で生活していた長さなんて、訓練兵団にいた時間に比べれば、微々たるモンなんだよね。
    アニと特別な関係がなかったとしても、対人戦闘が1位と2位の二人ですから。
    手合わせも相当やっていたことでしょう。
    それにエレンのことだから、アニに対して純粋にその強さに憧れていただろうし、尊敬もしていたんじゃないかと思われる。
    動揺もするってものでしょう。
    その辺が透けて見えてくる様な演出でしたね。
    さらに、
    ラストが近いだけに、作画も気合入っていましたよ。
    立体機動の動きとか、キレてましたね。
    作画兵団の方々の頑張りには頭がさがる思い。
    あと1話、素晴らしい作画を期待したいです。

    さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。


    一度立ち止まって悩んで。 仲間に活を入れられて目覚めるというか、吹っ切れる。王道ですよね。良い王道ですよね。 進んできた道のりがしっかりしているから何も言う事はない。 相手がアニだろうとぶつかれ!思う存分に暴れてくれ!と。そう素直に思えたし、 ”調査兵団の思いが一つになった”とも言える瞬間が堪らなかったや。
    ((アニメ) 進撃の巨人 第24話 感想:~Fantasy Earth Blog~)

    エレンがメンタル面弱いんだけど、仲間の言葉で立ち上がり、奮起するトコロなんかは、まさに王道!
    少年漫画としては、描写が過激だったりするけれども、根底に流れるものは、やはり少年漫画独特の熱いモノがあります。
    アルミンは当然だけど、ジャンの言葉も効いただろうね。


    今回、まじで凄いな。 ストーリーも佳境な上に、作画がすさまじい。 もし、全部3Dで作っていたら、こういう絵はできないと思われる。 CGは部分的に使うのが良い。やはり、魂の入った絵というのは、伝わる。 ディズニーでは絶対に表現できないもの、それが日本のアニメにはあるということ。
    (アニメーション 進撃の巨人 第24話 - おかるとのヲタク日記)

    日本のアニメが世界中で楽しまれている理由が、この作品を観ていると解りますね。
    本当に、身を削るよな思いで入魂した絵ってのは、魂に響くような衝撃を与えてくれますよ。


    今回は兵長の貴重な一面が明らかに  って言うほどでもないけど  やっぱり兵長にとって、隊員たちが  重要だったんだなって言うのがわかる  エレンがリヴァイのおしゃべりを  「珍しい」と感じてたってことは  他のメンバーとはガンガン話  してたってことでしょう。  あの口調でおしゃべりw にも拘らず  誰も兵長の陰口すら叩かないんだから  兵長も隊員も相当信頼しあってたんだね。
    (荒野の出来事 進撃の巨人 第24話 感想)

    いったい、どんなことを話していたんでしょう?
    エレンの時みたいに、突き放したような憎まれ口ばかりだったのかな??
    そうだとしても、やっぱ仲間の心にしっかり伝わるような言葉を込めていたんでしょうね。
    部下の隊員たちと、気さくに喋っている兵長ってのも見てみたかったものだよ。


    「目標は憲兵団に所属している。それを割り出したのはアルミンだ。」 アルミンがエルヴィン団長にどんな思いで伝えたかわからないけど、よくエルヴィンはそれを信じて受け入れたね。 エレンの関係者だから?元から内通者から外れてたのか? だって女型と交戦して助かってるなんて怪しいと思うはずだし。 ってかジャンも呼ばれてるけど、ジャンも内通者のリストから外れたのか。
    (【進撃の巨人】アニメ第24話 「慈悲」 : goooldfish)

    多分、ここでは語られなかったことが残っているよね。
    女型が、ライナーと接触した途端に、エレンがいる場所を一直線に目指すようになった。
    そして、女型が最初に襲ってきたのは、ライナーがエレンがいると思っていた隊列の場所。
    部隊ごとにエレンのいる場所をバラバラに教えていたことが関係しているんでしょう。<アルミンとジャンは、女型が最初に襲ってきた場所じゃないところにエレンがいると思っていたからセーフとにんていされたんじゃないかな?
    つまり、調査兵団何の内通者も、兵団上層部にはおおまか辺りが付いているってことでしょう。<つーか、アルミンもそのことは団長に伝えていると思うが、兵団内でのことなら監視を増やすとかで対応できるから、泳がせているんじゃないかと思う。もちろん、怪しい奴はこの作戦には参加させていないと思うよ。


    皆が作戦を実行する判断の中、確かな証拠がないのに作戦を実行する事にエレンは反対のご様子…。 確かにどれも不確かなモノばかりですね…。
    (<アニメ感想ブログ ほろあに> < 2013年 春アニメ 夏アニメ 秋アニメ 冬アニメ進撃の巨人 とある科学の超電磁砲S とある魔術の禁書目録 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 翠星のガルガンティア 恋愛ラボ 犬とハサミは使いよう 這いよれ!ニャル子さんW はたらく魔王さま! ログ・ホライズン pupa マギ>)

    状況証拠的には、相当にクロだけどね。


    今回は、アニ(女型の巨人)とミカサがエレンを奪い合ってバトルします。アンタにエレンは渡さないわよ(ミカサ)、彼は私のモノよ!こっちへ寄こしなさい!(アニ)、何てことするの!この女狐!キーッ!(ミカサ)。・・・なんて事はまったく無いですが、きっと彼女達の心情はこんな感じに違いないです(断定
    (進撃の巨人 第24話 エレンを争奪戦!アニとミカサが激突だと? だって現実は残酷なのだから・・・ | まるぴんが行く!)

    ミカサの心情は、そのとおりだと思うwww
    アニはどうなんだろうね?
    前回の口ぶりを見るに、エレンのことを評価はしているみたいだけど・・・・・・。


    「まさか、この期に及んでアニが女型の巨人なのは気のせいかもしれないだなんて思っているの? それとも、何か特別な感情が妨げになっているの?」 ミカサの目が日野日出志になっていく! 女性に問い詰められるという事態を経験したことのある人なら、この恐怖ご理解頂けると思います。
    (世界は…残酷なんだから。 進撃の巨人♯24慈悲 - Yahoo!ジオシティーズ)

    (((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル


    ミカサ目が怖いww これまでの多くのミカサ怖顔集の中でも一番怖かったかもしれない(ノ∀`) 「何か特別な感情が妨げになってるの?」 単なる浮気調査だったw 仲間を殺されたとか女型の巨人と戦えとかそんなことよりも、エレンがアニに対して仲間以上の感情を持ってるかどうか知りたかったのね(/∀`) 仮にアニのことを好きとかになったら、ミカサがどうなってしまうのかちょっと見てみたくなったw
    (進撃の巨人 第24話 「慈悲 - ストヘス区急襲 2 -」 リリカルマジカルSS)

    ミカサwww
    半端なく怖かったッス。
    ・・・・・エレンの本心は、どうだったんだろう?
    それにしても、
    ヤンデレ、こわい・・・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


    ミカサ怖いからアニの方がいい、ってのはわかるわ。 エレンとアニの関係性についてはほとんど描かれていないので動揺するか? とも思ったけど、ずっと妹みたいに近くに居た女があんな恐ろしい顔してんじゃ、 外に出て見た美人はもれなく天使に見えてしまったんだろう、と納得する。 ミカサ視点では寝取られだったけど、エレンは逃げてたんだ、と冗談はさておき。
    (真実悪路 進撃の巨人 24話「慈悲 ―ストヘス区急襲 (2)―」の感想)

    冗談に聞こえないところが凄いwww


    あまりにも踏ん切りの悪いエレンを見ていたら、作戦会議の時に”女型の正体”をエレンだけ 伝えない方が良かったのでは?と思わずにいられなかったのだが、まぁ敢えて知らせた上で戦わせることで 巨人としてではなく、一人の人間として成長したエレンを見せたかったんじゃねーかと解釈するほかないな(汗)
    (誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ : 進撃の巨人 第24話感想)

    さすがに、エレンをエサにしなきゃいけないし、最大の戦力もえれんだっただろうからね。<兵長が万全なら、別の方法があったと思うけど・・・・・逆に考えると、作者が判らしたら、兵長の怪我はそのための必然だったんだろうな。


    今週の立体機動シーンが凄まじいです。屋外よりも市街戦の方が立体機動は燃えますな! クルクル動くよクルクル!! あんなに動いたら目回りそうだぜw 市街でしかも女型は一人なので、調査兵団のが有利なはずですが、アニちゃんマジつえぇえ。リヴァイは左脚負傷で作戦には参加出来ずってのが痛いね。
    (進撃の巨人 第24話 慈悲 -ストヘス区急襲②- 猫が唸る感想日記/ウェブリブログ)

    モブの兵団の隊員も、究極の連携アクロバット技でたちむかっていましたけどね・・・・・それでも、ミカサ単体のほうが効果あったとか・・・・・。<多分に私情がパワーアップさせていた感があるけどさ。
    それでも、アニの方が上手だったね。


    エレンに成り済ましていたジャンも参戦へと! 威勢がいいのは良いが死なねぇ工夫は忘れんなよ! これ以上部下を死なせたくない兵長、言い方がまたカッコイイっすね( *`ω´) b 憲兵団に銃を向けられるエルヴィン><  負傷のリヴァイはこの場をどうスルーするのか?
    (進撃の巨人 第24話 - 日影補完計画)

    兵長は、要所要所でいい事言うんだよな。
    ぶっきらぶだけど、それだけ部下思いってことなんでしょうね。
    憲兵団は、早く団長に状況を知らせろよ!・・・・・イライラするわっ!(#゚Д゚)y-~~イライラ


    巨人化できなかったのは女型の正体がブレーキになったとわかりジャンも悔しそうですね… いつかお前に頼むといったはず、エレンに世界を人類を自分の命を預けなければならない見返りがこれか、マルコは…と言いかけて止めるのがまた(汗)
    (Spare Time 進撃の巨人 第24話「慈悲-ストヘス区急襲②-」)

    ジャンはマルコのこと、引きずっているなぁ・・・・・。<それだけに、エレンに対してそれ以上言えなかったんだろうね。
    それでも、女型=アニに立ち向かう・・・・・ジャンは成長したよ。(-.-)


    ジャンが死にかけのエレンを怒鳴りつけるシーン。 ヒーローを信じる一般人の発言…って感じで熱かったです。 そこへ、アルミンの『捨てる覚悟』に関する言葉。 綺麗事だけでは成り立たない、ヒーローの心得を説いているようでしたね。
    (閑話休題 -intermezzo-)

    ここで奮起できるのが主人公!
    悩み苦悩するヒーローって、案外好きなんですよ。
    エレンには、苦しいだろうけど「捨てる覚悟」は持ちつつ、「捨てたものを忘れない」様なヒーローになってほしい。<リヴァイみたいにね。


    アルミンがプリケツ巨人を挑発?今度は殺す気なのか分からんが追いかけてきたプリケツ巨人。 アルミン達が逃げた先に嬉しそうなハンジさんの罠。こんな時でもブレないのねwww プリケツ巨人を捕獲に成功!?(ノ゚ο゚)ノオオ- 「代わりに私が喰ってあげるよ、お前から穿り返した情報をね」マジモードw 罠を振りほどいて逃げるプリケツ巨人。なんかあっさり過ぎじゃね?w
    ((´;ω;`)女の嫉妬怖いです。 ~進撃の巨人 第24話「慈悲 ――ストヘス区急襲②――」~ 悠遊自適)

    罠の数がすくなかったよね。
    もしかして、あの巨人捕獲用の罠は使いきりタイプなんだろうか?<数を集められなかった?
    それに、ハンジさんが怖すぎたよwww


    「でも大丈夫、代わりに私が喰ってあげるよ。 お前からほじくり返した諜報をね」 何だよこの人めちゃくちゃ怖ぇぇよおおおおおおッ!!? うん、ハンジさんからは逃げてもいいや
    (『進撃の巨人』24話感想 ミカサとアニでエレンの奪い合い ミカサの愛は怖いわ・・・ : CLOUDY ROUTE)

    あれは、「逃げ」だよね。
    ハンジさんの怖さに、アニの火事場のクソ力が発動したに違いない。


    ミカサの立体起動かっこいいなあ。 この娘はなんかワイヤーでの軌道を完全無視した動きを平然とやりますよね。 回転の動きを何気に取り入れているところがよいですね。 しかしリヴァイ兵長の域に達するには どこぞの音速ネズミのような回転力が必要です。 というか作画的には人の形を保ってる分 こっちのほうが大変なんだろうなあ
    (【アニメ】 進撃の巨人 第24話 「慈悲 -ストヘス区急襲2-」 感想:この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・)

    やはり、巨大樹の盛りでのリヴァイ兵長の戦い方を見て、真似したんでしょうね。
    ミカサは、それをぶっつけほんばんでヤッてそうだから怖いわ。(^^;)
    作画は、確かにこっちのが大変そう。(^.^;


    そもそもアニはエレンを何故攫うつもりなんでしょうね。 仲間に引き入れようとしている? でも敢えて仲間にしないといけない理由もないような。 どういう意図があるのか気になりますね。
    (ひえんきゃく 進撃の巨人 第24話 「慈悲」 感想)

    やっぱり、巨人化能力をどうやって手に入れたか知りたいんでしょう。
    エルヴィン団長が、エレンの実家の秘密のことも演説でぶちかましていましたからね。
    その辺の情報を入手する必要があったからだとおもうな。
    もちろん、兵団の研究で、巨人化の秘密が解き明かされないようにというのもあるでしょう。<普通の巨人すら、捕まった個体は処分してたくらいだから。


    アニはいつ自分が巨人になれることを知ったんだろう。 どうやって巨人体を制御できる様になったんだろう。 人に話せるはずはありませんし、巨人の姿を見られるわけにも行かない。 ここまでなるには人知れず猛練習を積んでいたと思われます。 或いは巨人になれる人間の組織でもあるんだろうか。
    (進撃の巨人 第24話 『慈悲-ストヘス区急襲2-』 自分の意志で変身できて、格闘戦の強さを遺憾なく発揮、立体起動にも詳しい...まさに最強の巨人。 - こいさんの放送中アニメの感想)

    組織があるんでしょうねぇ。
    そして、アニは本人が望んで巨人になったわけじゃないと思う。
    無理やり巨人化能力を与えられた上、脅されて(肉親を人質に取られているとか)やっているんだと思うな。<これは、以前ライナーが「どんなことをしても、故郷に帰る(取り戻す)」的な発言をしていたのが根拠。<既に、ライナーも巨人化出来る人間(多分、鎧の巨人)だと推理しています。


    再びエレンVSアニ! 今までの知能の低いタイプでなく洗練された無駄のない動きをします。 しかも長期戦になればなるほど周辺への被害も大きくなるでしょう。 エルヴィン団長はパニックになった憲兵団によって銃を突きつけられたまま。 ということはエレンVSアニのままタイマン勝負ということでしょうか。 あと作画が良かったです。まばたきする一秒に原画さんが何時間もかけて描いてるなんて! 何度も見直したくなります!
    (進撃の巨人 第24話 『残酷な世界とストヘス区の憲兵団!!』感想 | あきひろのアニメニュース)

    最終回ですからね。
    ここはエレンの活躍で終わってほしいものですよ。
    タイマン勝負を期待したい。


    ダイナミックなカメラワークでスリリングな興奮を演出し、サーカスを地で行くアクロバティックな立体機動の魅力を余すことなく再現。そんな大迫力な立体機動シーンが、これでもかと言わんばかりに大盤振る舞いだったのが感動! 余力は残さぬつもりか作画班!
    (進撃の巨人第24話「慈悲 ―ストヘス区急襲 (2)―」雑感 なでしこやまと)

    作画班には、本当に頭がさがる思いです。


    オリジナル部分に制作陣の意図があるならば,「簡単にはエレンを巨人化させない」のも制作陣の意図かもしれないなと。なんというか…エレンが巨人化する時というのは - エレンの感情が沸騰しピークを越えた時 - 基本的にはそういう時だと感じます。 もちろん変身には巨人化する明確な目的がある時なのですが,それよりもエレンの「感情の沸騰」を優先したように見えました。 やはりエレンが変身する時は「進撃の巨人」におけるクライマックスの一つなんでしょう。
    (ひそか日記 進撃の巨人 第24話 感想 「慈悲」 - ストヘス区急襲2 -)

    ラスト近くになって、オリジナルの描写が増えているみたいですね。
    やはり、ラストへつなげる盛り上がるというか、原作者がずいぶんオリジナルの部分に対して口を出していらっしゃるようですから、こんな場面を入れたかったってトコロも入っているんでしょう。


    最終話の予告が不気味↓ 「この世のすべてを破壊しろと」 初心に戻り怒れる巨人と化したエレンがアニを殺し、それでもとまらず暴走して敵味方の区別なく殺戮。 理性を失った化け物・エレンをミカサはじめ仲間らが人間に引き戻す、みたいなラストだろうか。
    (「進撃の巨人」24話「慈悲~ストヘス区急襲②~」感想 ワンドな日々/ウェブリブログ)

    半ば暴走しかけるのはあると思うな。
    そうじゃないと勝てない気がするし。
    でも、今度も仲間の声で正気に返ってくれると信じてますよ。<そういうラストを予感させますよね。


    次回で最終回 伏線を張るだけ張ってそのままでしょうね。うーむ。 話としておいしい部分は味わえなさそうだ
    (進撃の巨人 #24「慈悲 ――ストヘス区急襲②――」感想 | サブカルなんて言わせない!)

    オレ、アニメ見終わったら、原作既刊分全巻購入するんだ・・・・・・。




    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1230-f1bc2036

    進撃の巨人 第24話 「慈悲」 感想

    今回の作画が凄かったですね。 あの立体起動の描写の凄さ、作画班の気合が入りまくりでした! ジャンはホント、成長したなぁ。 まるで主人公のような格好良さでした。 アルミンの立案した作戦に沿って、アニを地下通路への入口まで 誘い出すことに成功したエレン、ミカサ、アルミン。 しかし、アルミンの真意に気づいたアニは巨人化し、エレンを 死にもの狂いで捕えようとしていた。 地下通路内...
    • [2013/10/03 23:07]
    • URL |
    • ひえんきゃく |
    • TOP ▲

    進撃の巨人 第24話感想

    葛藤、そして駆逐スピリッツ再び。 
    • [2013/10/03 23:02]
    • URL |
    • 誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ |
    • TOP ▲

    進撃の巨人 第24話

    #24「慈悲」の感想です。数日前。調査兵団本部でエルヴィンを待つリヴァイとエレン。「おっせぇな…エルヴィンの野郎共、待たせやがって… 迎えの憲兵団が先に、来ちまう...
    • [2013/10/03 18:57]
    • URL |
    • 閑話休題 -intermezzo- |
    • TOP ▲
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。