with Ajax Amazon

    08 | 2017/09 | 10

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』 第22話の評判 、及び感想と考察  

    『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』 第22話「オペレーション・ヘヴンズゲート」
    を観ました。
    今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。



    アサギがいつか死にやしないかと、ハラハラしながら観た、『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』の 第22話でした。
    接近戦で足止めし、大出力火器による長距離射撃というのが、敵の軍団等を斃す定番になってしまったね。<今回はイズルがいなかったけど、代わりにアンジュがいたから軍団長の実力(機体の性能?)というのはそんなに差はないのかもしれないな。
    そして、一人待機かと思いきや、しっかり茶坊主やらされてたイズルが笑えたw<しかも、腰紐でペコさんに拘束されているとか・・・・・信用されているのかいないのか、よく判らんね。(;^_^A

    さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。


    オペレーション・ヘヴンズゲート開始。最終決戦が遭遇戦、というのはなんだか珍しい気がしますね。先週ラストのシモンとガルキエ双方の出発の号令も、別にお互いの行動を意識していたわけじゃないんだよなあw 今回撃破されたルティエルもスルガからすれば「大物でも乗ってるのか」という認識だったし、敵味方での交信などケレス大戦の時のジアート→イズルくらいしか行われていないのを改めて感じます(まあ、クレインの地球襲撃の時は情報入ってたけど)。
    (Wisp-Blog塩辛パワー!/マジェスティックプリンス22話感想)

    敵の行動が、「狩り」という割には、統率がとれているようで面白い。
    ジアートやルティエル、クレイン辺りは自由に狩りを楽しんでいる感があったけど、ドナルガやルメスは軍事行動に近い感覚で狩りをやっているみたいね。
    おかげでルティエルは、本来の戦い方をできなかったような気がしました。


    イズルはお茶くみ係かよ! 最終決戦の場でお茶くみ係として環境に待機している主人公って……。 しかも勝手に出撃しないようにロープを腰に巻かれペコの管理下にあるし(笑)
    (ひえんきゃく 銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第22話 「オペレーション・ヘヴンズゲート」 感想)

    ペコ以外にいなかったのかな?
    なんか、逃げようと思えば、簡単に逃げられるような・・・・・(;^_^A
    ・・・・まぁ、ドラテクの件もあるし、実は対人格闘もイズルよりはうえだったりするのか?w


    コンパクトなアッシュの方が巨大母艦を使うという無茶な設定ですが、母艦の武装を丸ごと使えるなんてある意味究極の後方支援。 ゴールド4は見せ場がありすぎでもう少しお茶汲みしている主人公に気を使え!!>えー
    (アニメ色の株主優待 スターローズ特攻確定! 銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第22話「オペレーション・ヘブンズゲート」感想)

    軍艦よりも機動兵器のほうが、索敵能力や火器管制能力が優れているってのが面白いよね。<地球上じゃ、地形効果・・・・・というか、艦は海面上に浮いているから艦載機のほうが索敵能力は高くなるんだけど、火器管制が艦載機の劣るってことはない。
    まぁ、システムの差というより、扱う者の腕が違うってことなんだろうけど。


    地球艦隊の数を描きたいのは分かりますが一面に艦を  散りばめた絵はイマイチですね。 もっと遠近法を用いて隊列を描いて欲しかったですね。 途中の進行で隊列が描かれましたが、それを統一して欲しかったですね。
    (銀河機攻隊マジェスティックプリンス TokyoMX(9/05)#22: ぬる~くまったりと)

    言えてますね。
    もっと戦術を意識した隊列とか見せて欲しかった。


    前線で戦うアッシュと、それを支援する大艦隊…燃えます!! ちょっと銀河英雄伝説を思い出してしまった。 なんか戦略シミュレーションでプレイしてみたいシナリオだ…w この期に及んでも足並みが揃いきれない人類とかリアリティありますね… しかし、ようやく真価を発揮出来るアマネさん。 かつての上官である無能なコミネ大佐とは比べものにならない采配の良さですね。 彼の下に付いていた時には不満たっぷりだったんだろうなぁ…
    (閑話休題 -intermezzo-)

    個人的には、スパロボやっている感覚でした。
    指揮は、アマネ大佐に変わって本当に良かった。
    ・・・・・・ってか、コミネ大佐はどうなったんでしょう?<更迭??(^.^;


    さすが優秀な参謀w 戦力は失いたくないが功績はあげたいと言うお偉いさんたちの考えを熟知しているw
    (続・真面目に働くアニオタ日記 : 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第22話 「オペレーション・ヘブンズゲート」)

    会議に出たりで、さんざん思い知らされていただろうからねぇw


    前回その異様なフォルムで目を引いた大中華連合の新型機体。どんな風に戦うのか、その巨大な頭にはどんな意味があるのかと思いきや……  頭頂部を展開してビーム砲かよ!どういう意味があるんだ!www やっぱりというかなんというか高速機動はとっていませんでした。そういえばブルーレイではメガラプトルやライノスも紹介されていますが、ベラロシアムのアッシュもどきともどもこの機体の情報もブルーレイで見られるのかしらん。そして量産型アッシュの出番がないですが、ここで温存されている理由は。
    (Wisp-Blog塩辛パワー!/マジェスティックプリンス22話感想)

    ほぼ、移動砲台ですよね~~www
    ボールに近い扱いなのでは?<急ごしらえの長距離支援機動兵器。


    ドーベルマンの仇ルティエルにはたまきがガッツを見せ宇宙おっぱい決戦。 というほどコクピットエロ描写はなかったですが塩辛パワーすげぇ。 圧倒的機体性能に対してブラック6まで連携に入っての協力で切り崩す。 アサギの覚醒の兆候もあったりとか、ロボットCGバトルは今回も快調。
    (真実悪路 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 22話「オペレーション・ヘブンズゲート」の感想)

    ここで塩辛パワーとかwww
    さすが、タマキ。
    欲を言えば、もうちょっと宇宙おっぱい頂上決戦をじっくり見てみたかったものです。
    ところで、イズル以外のメンバーも覚醒するんだろうか?
    覚醒は、ウルガルの血が起こさせているような気がするけど・・・・・そういや、アンジュのアレは覚醒なのか??w(;^ω^)


    アサギ土壇場で覚醒!!   両手の帯が展開してムチみたいに!   地味だけどかっこええ!      ルティエルに接近されたときにゃー   正直やられたかと思ったぜ!
    (銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 22話「オペレーション・ヘヴンズゲート」感想 : 気の向くままに)

    アサギは、何度もヤラれるんじゃないかと思いました。
    頑張ったね。<でも、まだ覚醒とまでは行ってないような気がする。(-.-)


    まさか、巨乳があんな形でボコボコにされるとは思いもしなかったよ(爆) ただ、ドーベルマンの2人が瞬殺されてるのに、まともに戦えたのがちょっと不思議だけど^^
    (銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 22話 - 逝人 - Yahoo!ブログ)

    アッシュとライノスの機体の差ですかね。
    それにドーベルマンは、各個撃破されているし。


    ルティエルの散り際の穏やかな、でもちょっと寂しげな表情に納得してしまった。美学に反する戦いの中で敗れたものの、自分の欲望に忠実に生きて戦ってきて、やるだけのことはやって楽しんできた、という満足感みたいなものがあるんじゃないかなぁ。でもルティエルが考えるのは自分のことだけで、相手側のこちらにとっては失ったものを考えると切ない、でもそれが異なる価値観を持つ者同士の戦争だと思うと何とも言えずまた切ない。
    (Little Colors : 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第22話 「オペレーション ヘヴンズゲート」 感想)

    戦争ですからね。<ウルガル側は「狩り」だけどさ。
    アニメのように、神視点で見ていると複雑な心境になることってありますよね。


    アサギくんが覚醒寸前というところでしょうか?。ルティエルさんの攻撃を見切ったところは良かったです。  今回は、チーム「ラビッツ」の連携が見事でした。しかし、ゲートは健在…。いよいよ、戦闘は苛烈さを増してくるようです
    (Specium Blog 銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第22話 9/6 あらすじと感想 #MJPR)

    正直、軍団長であるルティエルは斃したけど、作戦自体はうまく行っていませんからね。
    今後、地球側がどう動くのか・・・・・・気になるところです。


    しかしこの結果。これって事実上作戦失敗だろ  本来なら撤退すべきところですがもう後はない  光学兵器が通用しないなら物理しかないが  ミサイルでは火力不足。となると  母艦で自爆特攻しかないかな?  ゲートを自爆させるって方法もあるが  なんか次回予告見ると話の流れが違うっぽいね。
    (荒野の出来事 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第22話 感想)

    ミサイルが火力不足とか・・・・・この世界には、核兵器とかないのかね?<南極条約で、禁止でもされているのか??


    ゲートの破壊が失敗し、包囲されてしまうアサギたち… 大ピンチに、いよいよテオーリアさんが出撃か?
    (空 と 夏 の 間 ... 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第22話「オペレーション・ヘブンズゲート」)

    テオーリア機に、ゲートを破壊できるほどの火力・・・・もしくは特殊能力があるのかどうか・・・・・でも、出撃はありそうですよね。


    今回はアサギがヒーローか。 ミッションも達成できたし。 ってあれ? エネルギー砲が消滅。 テオーリアが亡命した後で仕様が変わってたらしい。 これにかけてた地球軍、ヤバイだろ。 次はウルガルのターンになるだろうし。 さすがに次回犠牲者がって展開にはならないよね(;^ω^)
    (銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #022 「オペレーション・ヘヴンズゲート」 迷走中の感想日記/ウェブリブログ)

    やっぱ、テオーリアさんが出撃して、ジアートが出てくる。
    んで、ダニールはあっさりヤラれてテオーリアさんピンチ!!・・・・・からの、シモン司令命令によるレッドファイブ=イズル出撃の流れでしょうか?



    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1211-f7d2dd86

    銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第22話

    第22話「オペレーション・ヘヴンズゲート」の感想です。戦闘開始から120分…チームラビッツはウルガルとの遭遇戦のまっただ中!「あっちもこっちもウルガルだらけぇ〜」...
    • [2013/09/20 15:49]
    • URL |
    • 閑話休題 -intermezzo- |
    • TOP ▲

    銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第22話 「オペレーション・ヘヴンズゲート」 感想

    時間が経つのが早く感じましたね。 あっという間の30分でした。 戦闘シーンが熱すぎる! 続きが気になるところでの引き、一週間が長いですね。 オペレーション・ヘブンズゲートが開始された。 チームラビッツの最終目的は、〈ゲート〉を破壊する兵器〈ストラグルレーザー〉用の マーカーを打ち込むこと。 先行するローズ3、ブルー1、ブラック6を、パープル2とゴールド4が支援。 その5機...
    • [2013/09/19 21:30]
    • URL |
    • ひえんきゃく |
    • TOP ▲

    塩辛パワー!/マジェスティックプリンス22話感想

     朝の気温が上がらないって素晴らしい。久しぶりに8時間寝られた……まあ日中はやっぱり気温上がるけど。

    銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 22話「オペレーション・ヘブンズゲート」の感想

    ザンネン5は立派になった! それだけに、言ってるアサギがゲートに近付けば近付くほど心臓に悪い。 最接近してマーカーを打ち込んだと思ったら増援にやられる! みたいな、 活躍すれば活躍するほど落とす前触れじゃないかと心理的死亡フラグが。 実際のところは作戦自体を完全にやり切って、それで防がれましたが。 地球とウルガルの総力戦タイミングが鉢合わせということで予想外の大軍、 大量...
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。