with Ajax Amazon

    05 | 2017/06 | 07

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『進撃の巨人』 第21話の評判 、及び感想と考察  

    『進撃の巨人』 第21話「鉄槌 -第57回壁外調査5-」
    を観ました。
    今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。



    リヴァイ班精鋭による対女型巨人の戦い。
    その連携は見事で、女型をも打ち取るかと思いましたが、あっさり逆転。
    皮膚の硬質化だけでなく、肉体の回復も一部に集中できるという予想を上回る女型巨人の圧倒的能力に、あっけなく殺られていくエレンの先輩たちの姿に愕然とした、『進撃の巨人』 第21話です。
    そして、巨人化したエレンとの迫力ある肉弾戦。
    力とスピードで上回るエレン巨人体に、凄まじいキレと技で、これまた女型の勝利ですよ。
    しかも、最後の攻撃は・・・・・蹴り・・・・なのか?
    多分、足の部分を硬質化しての蹴りなんでしょうね。
    巨木ごと、エレン巨人体のあたまを切り飛ばし、エレンの本体を飲み混んでしまいましたよ。Σ(゚Д゚;
    ヤラれたじゃん!
    ただ、そこに鉢合わせたミカサと、用心深く近づいていたリヴァイが後を追います。
    圧倒的な戦闘センスを魅せる女型と、人類最強レベルの対巨人戦闘能力を持つ二人。
    果たして、リヴァイとミカサは、エレンを取り返すことが出来るのか?!

    さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。


    ヒーローでもヒロインでもない無機質な死。ペトラの死に顔は天使。見下ろすリヴァイの諦観を繕った怒りと哀しみ。 仲間を死に急がせたエレンの自責。己に向けた刃をも怒りに転化した怒濤の肉弾戦。 女型が自らの拳を硬化させて放つナックル・パンチはまるでホセ・メンドーサのコークスクリュー・パンチのよう。 うなじごとエレンを齧りだす女型。眼前でエレンを奪われたミカサの慟哭。 シリーズ屈指の高密度エピだったと思います。
    (バラバラに、グチャグチャに…。 進撃の巨人♯21鉄槌 - Yahoo!ジオシティーズ)

    あまりの凄まじさと迫力に、見入ってしまいました。
    リヴァイ班の仲間の死でショックを受け、エレンの怒りに共感し、巨人同士のド迫力な肉弾戦に手の汗握る・・・・・・・いやぁ、早く感じた30分だった。(-.-;)


    女型巨人の中の人物は、エレン以上に巨人として熟練してるはず。 再びの巨人化の可能性もあると推察するエルヴィン。 アルミンは、エレンが巨人化を重要視して、 壁を壊すことよりエレンの回収を敵勢力(?)は優先したのではないかと。 そして、エレンの巨人化を目撃していた中に、女型巨人の中の人物がいたのではないかと。 いよいよ特定されてきましたね(^^;
    (空 と 夏 の 間 ... 進撃の巨人 第21話「鉄槌 -第57回壁外調査5-」)

    ・・・・・・やっぱり、アニなんでしょうね。
    唯一、調査兵団に属していない。
    そして、内通者がライナー。
    これは、エレンがいる場所とライナーが思っていた場所に女型が現れたこと。
    ライナーが女型と接近戦をした後に、女型がエレンの居場所へ一直線に向かったことから濃厚です。
    怪しいのが、この二人と行動を共にしていたベルトルト。
    さて、どうでしょ?


    ペトラさん(先輩女性)による上目遣いのお願いは反則。 リヴァイ班の「それまでに仕留める」「捕獲などクソくらえ」「今殺す」「ここで惨めに死ね」「クソ女形に報いを」の連続罵倒止め絵から、BGMを変えるテンポが素晴らしい。上手く流れを変えた。
    (「進撃の巨人」21話 - 懐柔する怪獣)

    ペトラさんは、自分の武器を知っているなぁ・・・・・とか感心していましたよ、このシーンでは。
    そして、女型に襲いかかるシーンは盛り上がりましたよね。


    へばあああああ!リヴァイ班かっこえええええ! 立体機動すご! あれ? 罠作ってやっとのことで足止めした巨人をあっさり動けなくした上に硬化させないで腕下げさせるとかリヴァイ班、やっぱり超優秀…。 これ、森で追いかけられてる時にもできたんじゃね? リヴァイだっていたわけだし…。 あれ? エルヴィン…?
    (【進撃の巨人】アニメ第21話 「鉄槌」 : goooldfish)

    3人の連携は、素晴らしかった。
    もう、自分のやるおとが判っているんだね。
    きっと、必殺の連携だったんでしょう。<普通の巨人相手にはね。
    エルヴィンの策は、あくまで女型の中の人間を生かして捕らえることだったからねぇ・・・・リヴァイ班は、最初から殺しに行っているし。(;^ω^)


    「最善策に留まっているようでは、到底、敵を上回る事は出来ない 必要なら、大きなリスクを背負い、全てを失う覚悟で挑まなければならない そうして戦わなければ人類は勝てない」 「ダメだ!これが最善策だ!おまえの力はリスクが大き過ぎる!!」 巨人化して一緒に戦うと言うエレンにそう返すエルド。 しかし、↑でエルヴィンは最善策では勝てないと言っている・・・ という事は?(考えたくないーーーっ/泣)
    (進撃の巨人 第21話「鉄槌 ――第57回壁外調査5――」 | SOLILOQUY - 楽天ブログ)

    この流れもフラグだったねぇ・・・・・。
    そして、エルヴィンの動じなさがまた・・・・・来るものがあったよ。(-.-;)
    リヴァイ班がヤバいのもお見通しだったろうに。<リヴァイにしっかり補給を受けさせた理由だよね。


    プリケツ巨人の強さが今回も際立ったというか、リヴァイ班の精鋭達が割とあっさりと殺られてしまって、ここ最近のかわい子ちゃん枠だったペトラさんの血が噴いた死に顔がなんとまぁ(´д⊂) 両目ではなく片目だけ修復させたのが予想外の事らしいが、これって数ヶ所を一度に回復するより一部分だけ回復させたら、そこの回復は早まるって事でいいのかな?若干何でも有り感がするけど。 エルヴィン団長が発想を飛躍させる必要があるとか言ってたが、こんな事まで分からんよな?w
    ((*゚▽゚*)女に食われた主人公 ~進撃の巨人 第21話「鉄槌 ――第57回壁外調査⑤――」~ 悠遊自適)

    人間が中にはいっている巨人は、能力が特化している感じがしますね。
    超大型巨人は、外壁を破壊に。
    鎧型巨人は、内扉の破壊。
    そして女型は・・・・・立体機動で向かってくる人間に対しての戦闘に特化している感じ。<部分硬質化とか、部分再生とか・・・・。


    オルオの一撃は硬化能力で防がれ、動揺した隙をつかれ蹴り殺され……。 リヴァイ班はリヴァイとミケの攻撃を女型の巨人が硬化能力で防いだことを 知らなかったですからね。 そのことを知っていれば戦い方も変わったんでしょうけど。 女型の巨人、初見の相手にはキツイ相手ですよ。
    (ひえんきゃく 進撃の巨人 第21話 「鉄槌」 感想)

    しかも、硬質化能力があるのに、ペトラとエルドの攻撃では温存してましたからね。
    ちゃんと、3人いることを考えて戦っているでしょう。
    これじゃ、勝てないよ。<人間の戦闘能力を、過小評価していないんだよね、女型は。


    うわぁああああ!みんな死んだぁああ!!( ゜д゜) ペトラも死んだぁあああ! なんでや!ヒロインなのになんでや!!
    (進撃の巨人 第21話 鉄槌 -第57回壁外調査⑤- 猫が唸る感想日記/ウェブリブログ)

    い、いや・・・・ペトラさんはヒロインじゃないから・・・・(;^_^A


    漫画の主要キャラが死ぬときは、事切れる前に何かを言い残してから逝くのが通例だというのに、彼らは臨終の一言という「退職金」すら与えられることなく、拍子抜けなほどあっけなく舞台から退場させられてしまった。 この「物言わぬ死」は逆に死の持つ根源的な喪失感の演出となっていて、心に深く突き刺さる悲しみとなりました。死の間際、息も絶え絶えに遺言を残して感動的な死の演出を施す作品は多いですが、それより今回のように「最期に何も言葉を交わせないまま逝く」方が、残された側としては悲劇。
    (進撃の巨人第21話「鉄槌 ―第57回壁外調査 (5)―」雑感 なでしこやまと)

    感情移入したキャラのあっけない死ほど、堪えるものはないですからね。
    この作品、だからあんましキャラに感情移入しないようにしているんだが・・・・・・それでもキツイ。
    正直、ジャンが死んだら相当堪えると思う。<個人的に、一番感情移入しているから。(-.-;)


    今回グッときたポイントはリヴァイ班の無残な死体をスルーしてゆく兵長の姿でした。 さすがにペトラの死に顔はまじっと見てたけど。 感情を制御し冷静さを保つ精神力がなければ、最前線で生き延びられなかっただろう。 ということがよくわかった。 だけど…押し込めた心の場所ではどれだけの想いが渦巻いてることか。 兵長がクールに見えるほどそれが感じられ痛々しくてならず。
    (「進撃の巨人」第21話「鉄槌~第57回壁外調査⑤~」感想 ワンドな日々/ウェブリブログ)

    前回の兵長の台詞が、ここで効いた。(/_;)


    亡くなった班員の姿を見たリヴァイ兵長は何を思ったのか。 ペトラを見るリヴァイを見ると、何とも言えねぇ気持ちですよ。 あそこで彼が瞬きするかしないかでこんなに違うのかってね・・・ 凄いよね、瞬き一つであんなに喜怒哀楽が表せるんですよ。
    (誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ : 進撃の巨人 第21話感想)

    これは気づかなかったので、ちょっと録画しているのを見直した。<ペトラの死に顔をあんまし見たくなかった場面だったので。
    確かに瞬きしてる。
    印象、変わった。<兵長の人間性が、かいま見えた。


    「俺にはわからない。結果は誰にもわからなかった」 リヴァイの言葉が重いですね。 リヴァイはどれだけの重い場面をくぐってきたのやら…
    (ひそか日記 進撃の巨人 第21話 感想 「鉄槌」 & 進撃の巨人をゲーム的にとらえてみる)

    個人でどんなに能力高くっても、仲間を救っている余裕はないでしょうからね。
    どれだけの仲間の死を見てきたんだろう・・・・せつね~~~っ!(T^T)


    エレン巨人化ww 今度は見事に成功しましたb 巨人化したエレンの声を聞いて一発でエレンを分かってしまうミカサの挙動の早いコト(゚Д゚*) 巨人同士の戦いって迫力がありますね! 鳥肌もんですよww ご乱心の巨人エレンに対して冷静な女型巨人、冷静なだけに戦いも安定
    (進撃の巨人 第21話 - 日影補完計画)

    エレンが巨人化して戦うと、負ける可能性が高いと判っていても、燃えるね!
    そしてミカサ・・・・・・巨人体エレンの声も、ききわけることができるのね。(;^_^A


    エレンの巨人化による死闘は女巨人には全く通用していなかったようです…。それどころか、力尽くで使い果たしてしまったエレンの巨人の力は、女巨人にとってそれを待っていたかのように見えました。
    (ほろあに 『進撃の巨人』 21話 鉄槌)

    まるで、エレンの戦いのクセを知っているかのようでしたね。(-_☆)きら-ん


    これは蹴り・・・なのかな?エレンの隣にある大樹も一刀両断とか威力高すぎだろ・・・・。 それにしても何でエレンは何で動きが止まったんだろ?(女型の正体が分かったとか?)
    (『進撃の巨人』21話感想 ヤンデレモードに入ったミカサ・・・ ついに兵長との最強タッグ来る!? : CLOUDY ROUTE)

    足を硬質化させたのが判ったか、あまりの凄まじい蹴りに避けきれないと悟ったのか・・・・・それとも、その蹴りに見覚えがあったのか・・・・・。


    エレン喰われるの何回目だよ! それを観たミカサは今までに見たことがないぐらいの焦りをみせる。 ここまでくればヤンデレの域ですよ。 エレンを咥えたままどこかへ奔走する女型巨人、彼女の意図は? 気になる所で終わりやがる。むむむ
    (進撃の巨人 #21「鉄槌 ――第57回壁外調査⑤――」感想 | サブカルなんて言わせない!)

    エレンの確保=どうやって巨人化能力を得たか。
    そして、エレンの自宅の地下にあるという巨人の秘密のことをどれだけ知っているのか・・・・・このあたりでしょうか?<エレンの自宅の場所もね。


    ミカサのヤンデレぶち切れモードがすごいw エレンを加えて走る女型をまあ どんどん刻んでいく。。。。。。。 あかん、この娘強すぎる。 ただ、とことん兵士には向かなそうですねw たぶん連携とかはできない。。。。。というかしようとも思わなそうですし 基本的にエレンしか目に入ってなさ過ぎてww 完全に殺す目になってるミカサとは対照的に 女型の巨人の瞳はなんか独特ですね。
    (【アニメ】 進撃の巨人 第21話 「鉄槌 -第57回壁外調査5-」 感想 :この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・)

    ミカサは、これがなければ才能のある良い娘なんだけどな・・・・・・やっぱ、ひくわ~~~。((((((^_^;)


    「どこにいたって、そこの女殺して、体中掻っ捌いて、その汚い所から出してあげるから!ごめんね、エレン・・・もう少しだけ待ってて!」 ミカサつええええええええ!! これまでも強いところは見せてくれいたけど、ここまで本気になったのは初めてですよね。 その表情は最凶ヤンデレそのものでしたが(ノ∀`) 一人でも女型を倒せそうでしたが、さすがにあの硬化の前ではミカサもどうしようもないみたい。
    (進撃の巨人 第21話 「鉄槌 -第57回壁外調査 5-」 リリカルマジカルSS)

    ミカサなら、本気でやりそうだから怖い。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


    強い上にエレンを奪われて怒り爆発のミカサ。 女型巨人をなます切りにしてあと一歩まで追い詰める。 でもやはり皮膚の硬質化に阻まれてしまう。 この能力チート過ぎる。 しかも調査兵団じゃトップしか知らないので、オルオは不意を突かれた訳です。
    (進撃の巨人 第21話 『鉄槌-第57回壁外調査5-』 エレンの生家に行くという目的は結局ダミーだったのか。 - こいさんの放送中アニメの感想)

    この硬質化は、知っていても厄介ですよ。
    次回、この女型の防御を、どうやって突破するのか?!・・・・・気になります!


    人類最強と言われるリヴァイと、エレンの為なら何者も恐れないミカサが共闘! う~む、これにはさしもの女型も…? でも、確かに女型の巨人はミカサにちらりと目をやり、そのあと全く手を出さないまま去り始めたんですよね。 中の人は、ミカサを知っている様に感じましたが… もしかすると、その強さを知っていて戦いたくないと判断したのか…?
    (閑話休題 -intermezzo-)

    その可能性は大きいでしょうね。
    まぁ、アルミンを見逃したこともあったし・・・・・・なんだか104期の連中相手には、戦いにくいのかも?!


    アイキャッチは調査兵団の馬について 調査兵団に与えられている馬種は専用に品種改良されたもの体高160cm程、体重は450~500㎏ トップスピードは時速75~80㎞に達し巡航速度でも35キロメートル程度で走ることができる 馬は巨人の足から逃げることができるほぼ唯一の手段である 体格的にはサラブレッドと同じぐらいなんですね、そう考えるとわかりやすいかもですね!
    (Spare Time 進撃の巨人 第21話「鉄槌-第57回壁外調査⑤-」)

    サラブレッドよりも巡航速度、連続走行距離共に、上回ってますけどね。
    特に、連即走行距離が35キロとか・・・・・サラブレッドでも、保って数分のはず。
    この馬も、はんぱねぇ・・・・・。


    完全勝利で終わったかと思われた女型巨人戦! しかし仲間を呼ぶ機転の効いた離脱、 さらに要所要所で巨人化するという仲間が集合できない状況を作られます。 美少女ヒロインのペトラ・ラルまで失って全国では通夜ムードです。 エレンは巨人の巣に持ち帰られるのでしょうか。 ひょっとして出生の秘話とか聞かされて巨人側につくように説得されるのでしょうか。
    (進撃の巨人 第21話『リヴァイ班の連携攻撃と女型巨人の逆襲!!』感想 | あきひろのアニメニュース)

    ペトラさんが死んだのは、ホントに痛い(>_<)
    貴重な(性格がまともな)美少女きゃらだったのに!。°°(>_<)°°。
    エレンは、とりあえず拘束されて巨人化能力入手の経緯を聞かれるんでしょうね。


    もの凄いバトル回だった。戦慄とか興奮とか高揚感とか、いろんなものが交じり合った怒涛の展開の連続でした。 再び女型の巨人が姿を表したところから、次々とペトラたちが惨殺され、怒りのエレンの巨人化と女型とのバトル、そしてエレンが喰われてからのミカサの激昂とバトル…、作画的にも迫力と臨場感があって、ただもう凄かった。エレン巨人体と女型の巨人との殴り合いに興奮した。エレンが負けてうなじを齧られて喰われたときも、うわぁあっ!(またかっ!?)Σ( ̄□ ̄;) ってなりつつ興奮した。次はどんなカタチでエレンが復活を遂げるのかと期待した。
    (Little Colors : 進撃の巨人 第21話 「鉄槌 -第57回壁外調査 5-」 感想)

    ホント、凄かった。
    エレンの復活に期待したい!・・・・・が、やっぱり救い出される感じなのかな?<どっちかってーと、ヒロイン属性だからな、エレンは。(;^_^A



    あの、絶頂を迎えるときの激しい咆哮を聞いて現場に駆けつければ、 全身をしゃぶり尽くすような行為の最中だった! と言うような感じで、 寝取られ、そして相手の女をズタズタに引き裂く刃傷沙汰へ、 なかなか激しいエロティシズムで見てて興奮したね! 変態か!(うん)
    (真実悪路 進撃の巨人 21話「鉄槌 ―第57回壁外調査 (5)―」の感想)

    間違ってない。
    間違ってないけど!・・・・・・・書き方一つで、印象って変わるのね。(;^ω^)


    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1210-a1df8f70

    進撃の巨人 第21話 「鉄槌」 感想

    女型の巨人、強すぎ! リヴァイ班の精鋭たちがあんなにアッサリと……。 あの格闘術を見てるとその正体はやっぱりアニなんじゃないかと思いますね。 ミカサの戦闘シーンの作画も凄かった! 次回のリヴァイとミカサのタッグによる戦闘シーンが楽しみです。 自らの肉体を他の巨人に喰らわせ、蒸気とともに消えた女型の巨人。 その中にいた人物は、調査兵団員と同じ制服で兵士の中に紛れ込み、 エレン...
    • [2013/09/18 21:59]
    • URL |
    • ひえんきゃく |
    • TOP ▲

    進撃の巨人 第21話

    #21「鉄槌」の感想です。蒸気に紛れて逃げた女型の中の人間。過去、巨人化した直後のエレンは憔悴していたこと等からも、それは予想だにしない事態でした。さらに女型は、...
    • [2013/09/18 18:40]
    • URL |
    • 閑話休題 -intermezzo- |
    • TOP ▲

    進撃の巨人 第21話感想

    すっかり忘れてたけど、巨人より恐ろしいミカサって(;´Д`)
    • [2013/09/18 18:37]
    • URL |
    • 誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ |
    • TOP ▲

    進撃の巨人 21話「鉄槌 ―第57回壁外調査 (5)―」の感想

    ミカサが完全に自分の男を食われた女に!(文字通り) あの、絶頂を迎えるときの激しい咆哮を聞いて現場に駆けつければ、 全身をしゃぶり尽くすような行為の最中だった! と言うような感じで、 寝取られ、そして相手の女をズタズタに引き裂く刃傷沙汰へ、 なかなか激しいエロティシズムで見てて興奮したね! 変態か!(うん) これまでの信じる選択が全滅を招いたということで精鋭部隊終了。 ど...
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。