with Ajax Amazon

    05 | 2017/06 | 07

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『空の境界 the Garden of sinners 3巻』の感想  

    3巻読みました。

    前巻からの続きで、「痛覚断線」の後半がメイン。
    いよいよ、式と藤乃が直接対決。
    「直死の魔眼」vs「超能力者」
    ・・・・・・藤乃の能力は、あらゆるものを「歪曲する(捻じ曲げる)」だけど、基本念動力ってことで良いのか?
    この世界だから、超能力と言っても魔術的な血統のよるものなのかもしれんけど、とにかく双方ともに「殺し」の実績は豊富。
    とはいえ、「殺し」に特化した式の能力ですからね。
    結果は推して知るべし。
    藤乃は、ちょっと可哀想だったかな。

    それにしても、
    幹也は異能の者に好かれるね。
    探し事意外、平平凡凡なのに・・・・・いや、異能の者だからこそ平凡な幹也に惹かれるのかな?
    まぁ、探し事に関しては、ある意味異能レベルのようだけどw
    幹也が探し事している時の話を描いてほしいものだ。
    一体、どういう探し方をしているのか?
    ・・・・・ただ、探しごとにかけてだけ、ずば抜けた幸運を持っているのかね?
    気になるトコロです





    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1189-2fb42e1f

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。