with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第5話の評判 、及び感想と考察  

    『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第5話 「つばさタイガー其ノ伍」
    を観ました。
    今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。



    とうとう羽川の物語も終わりを遂げた、『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』の 第5話です。
    阿良々木くんが美味しすぎるwww
    あれじゃ、本物のヒーローじゃん!<ボロボロだったけどなw(^.^;
    あの、ボロボロだった理由も、今後のお話で補完されたりするんだろうね。
    そっちも楽しみにしておこう。
    何にしても、これで羽川は前に進める感じ。
    『普通の』女の子としてね。
    ま、普通といっても羽川だし、阿良々木くんとの関係が完全に絶たれるわけじゃないから、どこまで普通かは予想できんけどな。
    とりあえず、卒業後世界を旅するっていうのは実現するようだ。
    結構、サバイバルが必要な国にも行くんだね。
    ・・・・・お金とか、どうするんだろう?<旅行前に、集中してバイトだろうか?

    なにはともあれ、気持ちのよい終わり方だったな。<フラレちゃったけど。σ(^◇^;)
    阿良々木くんの前で、普通に泣けるようになった羽川が可愛くて良かったよ。
    面白かったです。

    さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。


    前までは暦の視点で語られていたので、 翼の完璧さが目立っていました。 しかし、今回は翼の視点で進んでいるので、 不完全な面が見えて可愛く思え、 さらにいろいろな人間と接することで、 人間味が増していきました。 つまり、翼が成長していく物語、 それが猫物語(白)だったんだなぁ~と思いました。
    (明善的な見方 物語シリーズ セカンドシーズン 第5話「つばさタイガー其ノ伍」)

    阿良々木くんにとっては「なんでも知っている」完璧で真面目な委員長の羽川だったからね。
    それに春休みの件で、阿良々木くんは羽川を恩人と呼ぶくらい世話になったっぽい。
    正確には『傷物語』を観てないからなんとも言えないけど、猫物語(黒)の言動からも、阿良々木くんが羽川を「異性」と言うより「恩人」として見ていた感があったしね。
    案外阿良々木フィルターがかかった羽川しか見て来なかったのかも?!


    冒頭、ブラック羽川への手紙をしたためる羽川さん。 その内容を朗読する際、画面に流れていたのは 高校卒業後、世界中を旅して回る(イメージの)彼女でした。 なんだろう、この矛盾している感。 卒業後のはずなのに制服を着て旅しているんですよねー。 なんとも意味深。最後は日本に帰るシーンで〆られていますし
    (猫物語(白) 5話 無理だけど、無茶だけど、無駄じゃない - うっかりトーちゃんのま~ったり日記 - Yahoo!ブログ)

    あれは何だったんでしょう?
    羽川の未来??<卒業証書もらってたし。
    それとも、願望だったんだろか。
    確か、『化物語』の時に世界を旅して廻りたい様なことを言っていた覚えが・・・・・。
    いろいろ回り道したけど、最後は原点に戻るってことを、暗に示しているのかな?


    もう一人の自分であるブラック羽川に手紙を書くことで、虎の怪異「苛虎」について正体が明らかになった。苛虎の正体は羽川の嫉妬の炎の化身で、感情を切り離した結果であった。ハガレンのお父様がホムンクルスを作った原理に似ている。
    (マンガとかラノベ等の感想ブログ 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第懇話『つばさタイガー其ノ伍』 感想)

    これは面白い考察。
    なるほど、似ているかもしれませんね。
    そう考えると、羽川は今後も何らかのきっかけで怪異を生み出す可能性があるのか??
    「暴食」や「強欲」、「傲慢」、「怠惰」なんかは羽川ですからないかもしれないけど、「色欲」とか「憤怒」辺りは産みだしてもおかしくないかな。


    ブラック羽川も苛虎も、本体である羽川が抑圧し続けた「受け入れたくない自分」でありますね。彼女は、それを無意識に強く押し込めることで「真っ白な自分」でいられた。まあ、複雑な環境にあって、極度のストレスを自覚し心が壊れてしまうということを防ぐ心の防衛機能とも言えるでしょうが・・・。
    (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 (アニメ感想) 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第5話 「つばさタイガー其ノ伍」)

    そうなんでしょうね。
    でも、ブラック羽川を生み出す前から、感情の抑圧→切り離しは続けていたんでしょうから元々心の防衛本能としては普通に機能していたんでしょう。
    ところが、障り猫に遭遇したばかりに、それをきっかけとしてブラック羽川を生み出してしまった。
    苛虎も、ブラック羽川を産みだした前例があったからこそ、生み出された怪異何でしょうね。
    そして、ブラック羽川や苛虎を生み出さなかったとしたら、彼女はずっと「普通」の羽川には戻れなかったんだろうなぁ・・・・・。(-"-;)


    「今さら家族に戻ろうとする彼らに、心底嫉妬しました」 そこで「嫉妬」が発生! けれど、羽川はその嫉妬という感情を切り離してしまい、 苛虎が生まれてしまったという… ガハラさんの家を燃やそうとしたのも、 ガハラさんちに泊めてもらった際の、父娘のやり取りを見てしまったからなのでしょうね。 今回の嫉妬は家族に対するものが多かった…。。。
    (『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#5「猫物語(白)つばさタイガー其ノ伍」 | ジャスタウェイの日記☆)

    これはオレも予想外だった。
    てっきり、阿良々木くんの周りにいる娘たちへの嫉妬が原因だと思っていましたからね。
    それがまさか、両親に対する嫉妬だったとは・・・・・。
    これで、羽川の自宅が燃えた理由は判った。
    でも、なんで滞在した場所を順番に燃やしていたんだろう?
    苛虎=過去だから、時系列に沿っていたってことか??
    いや、もしかしたら「就寝」=「執心」ってことだったのかもしれませんね。


    最初1話?に二人分の朝食が描かれていたのは、両親が  食べたことを意味していたのですね。 ようやく納得出来ました。
    (物語シリーズ セカンドシーズン TokyoMX8/03)#05: ぬる~くまったりと)

    これは同意。
    3人別々に料理をしているような表現があったのに、羽川の食器以外の2つには、同じ料理が並んでいましたからね。
    違和感あったんですよ。


    原作ではこの辺り、詳しく解説されてます。猫の怪異を生み出した後、怪異を生み出すことに熟練してきており、より強い動物を生み出そうとして、猫の次の虎だったんですね。そして別人格として猫を成立させたのも慣れてきていたから、みたいです。 原作で言ってますが、火事で家が焼けてしまい、一人と一人と一人ならともかく、二人と一人にはなりたくなかった、と。どうやらGWで二人一緒に入院した為に、やけぼっくいに火がついたらしいですね。羽川の家は本当にしょうもないな・・・。
    (物語シリーズ セカンドシーズン 第05話 猫物語(白) 完了 | まるぴんが行く!)

    ほほぅ、そういう情報が隠されていたんですね。φ(.. )めもしておこう


    ガハラさんの家を燃やしたいと思ったのは羽川。 その嫉妬を我慢しようとしたのも羽川。 虎と猫は互いに譲らない。
    (書き手の部屋 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第懇話「つばさタイガー 其ノ伍」 感想)

    心の葛藤を、直接的に描いたってことなんでしょう。
    どちらも譲らないのが、怪異にまで発展した羽川の心の歪みを表しているような気がしてしまいました。
    葛藤って、最後にはどっちかが譲るしかないですからね。<それが、心の均衡を保つ


    怪異って外見関係あったんだっけかと、基本的なことを忘れているので、 最初から読み直す必要がありそうなのだけれど、 とりあえず猫は虎に勝てないらしく、ブラック羽川劣勢。
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 猫物語(白) 5話 感想 : ADVGAMER)

    外見よりも、それを産みだした要因の強さなんでしょうね。
    これに関しては下の意見が参考になります。


    ストレスの権化・ブラック羽川じゃ嫉妬の権化・苛虎は倒せない。 7つの大罪に数えられるだけあって嫉妬は強いですね。
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第5話 『猫物語(白)つばさタイガー 其ノ伍』 阿良々木が来た!そして羽川が告った!! - こいさんの放送中アニメの感想)

    これには同意。
    ストレスは嫉妬によっても発生するけど、嫉妬はストレスからは発生しないですから。
    上下関係は明白ですよ。


    今回のむらら木さんはカッコ良過ぎだろ!www なんでボロボロな恰好をしているのか不明ですが、破れた服がヒーローがつけているスカーフにも見えてw それに加えて、刀を担ぎ、虎を担ぎと、いちいちカッコ良過ぎる!! 羽川さんフィルター
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン #5「猫物語(白) つばさタイガー 其ノ伍」 - アニメを見て感想を書くよ! - Yahoo!ブログ)

    間違いなく、羽川フィルターかかってますよね。
    あの阿良々木くんが、こんなに格好良いはずがない!www
    ただ、フィルター外しても、悔しいけどかっこ良いんだよな。(#゚Д゚)クソー


    「こんな風に優しく撫でて欲しかった。」 ここのシーンで涙腺崩壊しました。 羽川のことを思うと本当ヤバかったですね。 撫でられてご満悦な羽川がとても可愛かった。
    (物語シリーズ セカンドシーズン 第5話「猫物語(白)つばさタイガー其ノ伍」 感想 - 気ままに歩く〜Free Life〜)

    ここで涙腺崩壊した人多いでしょう。
    自分も同じ。(T.T)<ガハラさんより羽川派なんで、特に!(T^T)


    はっきり迷うことなくガハラさんが好きと答えられる阿良々木さんがステキ^^ 私なら間違いなく雰囲気に流されてOKしてたと思う(/∀`) 優柔不断じゃない主人公ていいわ。 他の作品の主人公たちも少しは見習えよ(ぇw
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第5話 「猫物語(白) つばさタイガー其ノ伍」 リリカルマジカルSS)

    羽川相手には、真摯な阿良々木くん。
    ・・・・・ですが、優柔不断じゃない主人公?阿良々木くんが?!・・・・・・ヾ(*゚▽゚*)ノ あはは
    ・・・・・・まぁ、そういう見解があっても良いかもw


    苛虎を、受け入れようとする翼。彼女の気がかりはそうした後の変化を大好きな暦が受け入れてくれるかどうか。当然暦の答えはわかりきっているのですが、撫でるところは何だか反則っぽいです。  暦に助けられて告白する翼。きちんとフラれるということが彼女には必要だと自然に思えるシーンでしたね。
    (つれづれ 物語シリーズ セカンドシーズン 第懇話 「猫物語(白) つばさタイガー 其ノ伍」)

    阿良々木くん、度量だけはデカいからねぇ・・・・・。
    小学生からレズっ娘、妹に怪異の王・・・・・と、これは、度量というより守備範囲??(^.^;


    告白をして振られて泣いてしまう そんな大抵の普通な人が経験するであろう単純なことで済む話だったのだ 成長する必要な過程を経験できてよかったよかった。
    (シリーズ セカンドシーズン #5「猫物語(白) つばさタイガー 其ノ伍」感想 | サブカルなんて言わせない!)


    ずっと失恋されなかった切り離された恋心の終わりです。 このとき羽川さんは付き合えるなんて思って告白はしていません。 自分の気持ちと向き合うために、戦場ヶ原さんに嫉妬しないために 失恋という形で終わりにするために。 失恋のための告白です。 ここでハーレムを選ぼうものならバッドエンドでした。
    (物語シリーズ セカンドシーズン猫物語白 第5話『嫉妬の苛虎(かこ)!』感想 | あきひろのアニメニュース)

    結果が判っていても、あえてやらなきゃならないことはある。
    「普通」の女の子は普通に振られることもあるからね。
    「普通」になるための通過儀礼だったんでしょう。
    ただ、果たしてハーレムエンドを選んでいても、バッドエンドだったかどうか・・・・・( ̄ー ̄)


    ついにアララギさんへと告白。結婚を前提にって、何か重くね?? アララギさんが彼女持ちで断ること前提としても、それ抜きにしてもこれは断りたくなるレベル。ですが、これもまた彼女にとって大切な儀式のようなもので、傷ついた思いを自らの内に留めておく、これがようやく出来るようになりました。
    (物語シリーズ セカンドシーズン #05 「猫物語(白) つばさタイガー 其ノ伍」 - 戯れ言ちゃんねる - Yahoo!ブログ)

    なんだかんだで阿良々木くんのことはよく判っている羽川さん。
    あえて重く言うことで、阿良々木くんの心がブレないようにわざと重く言ったトコロもあるんでしょう。
    もちろん、結婚しても良いくらい、阿良々木くんへの恋心が大きいというのもあったんでしょうけどね。


    阿良々木くんもいいとこもってった!   (中略)翼の告白を断るときも   なぜこんなにかっこいいんだ・・・   ”ふられた”後でも   すっきりした顔してた   辺に気持ちが残るよりも   きっぱり断られた方が結果的によかったのかな   ずっと言えずに   後悔してたからモヤが晴れたのかも      なにはともあれ   もっとかわいくなったのは   確かだね!   より魅力的になったさ~
    (猫物語(白) 「つばさタイガー其ノ伍」感想 : 気の向くままに)

    羽川は、これでずっと魅力的になったと言うのは同意!
    今後、もっと魅力的で素敵な女の子になっていくのは間違いない!!<より、阿良々木くん好みのね。
    この告白は、ある意味彼女なりの「呪い」だったのかもしれないよ。


    やはりずっと言えなかった言葉を引きずってストレスを溜め込むよりは ずっとよかったのかもしれません。答を求めず表面だけ永久に取り繕うのは 余計に辛いし、それこそ苛虎の言うとおり白々しくもあるのでしょうし。
    (ヲタブロ : <物語>シリーズ セカンドシーズン第5話猫物語(白)「つばさタイガー 其ノ伍」レビュー・感想)

    阿良々木くんにも両親にも、自分の想いをそのまま言えるようになったのは、本当に良かった。
    これで余程のことがない限り、羽川が怪異を産み出すことはなくなるんでしょうね。


    羽川翼とブラック羽川は、最後は羽川がブラック羽川、そして虎の怪異を受け入れましたが、 その影響で髪の一部が白くなったんでしょうね。 受け入れたシーンは思ったよりも、あっさりとしていた感じがしましたが、 それでも、流れていくような演出はよかったと思います。
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン~第5話感想~ - ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。 - Yahoo!ブログ)

    「白い」ブラック羽川と「白い」苛虎が存在し、それを彼女が受け入れた証として、これは残って良い「印」なんじゃないでしょうか。
    アニメだけしか見ていない自分には、違和感ない演出でしたよ。


    羽川さんのこれまでの辛くて寂しい家庭環境、そして正式な失恋。 なんか辛いことばっかりなのに、なぜかホッとする感情を抱く不思議な感じ。 かわいそうっていう感情よりも、よかったなぁと思ってしまう。 ようやく本当の意味で羽川翼になれたように思えるからなんかな。
    (猫物語(白) 5話「つばさタイガー 其ノ伍」 | アニメ感想 | NEO煩悩-アニメ本店-)

    まさにそんな感じ。
    出来れば、想いが阿良々木くんに受け入れてもらえれば本当に良かっただったんだろうけどね。(-"-;)
    将来のことを考えると、羽川翼個人の問題としては解決して良かったと言って良いんでしょうね。
    ちょうど、蛹から蝶が羽化した様な感じなのかな。


    ようやく羽川さん普通になれましたね! まさか彼女が現実逃避じみたことをしていたとは・・・やっぱ怪異持ちはとんでも精神の持ち主ですな。 そして最後に遅れてヒーロー登場とか、阿良々木君待たせすぎだよ! ようやく彼の登場も見れて満足です!
    (『物語シリーズ セカンドシーズン』5話感想 ようやくヒーロ―登場! リヴァイh・・阿良々木君! : CLOUDY ROUTE)

    優秀で、なんでも知っている真面目な委員長・・・・・そんな風にしか見えなかった羽川の真実と、心の闇。
    そこに絶妙のタイミングで登場して、それらすべてを受け入れた上、サラッと解決してくれた阿良々木くんに・・・・・その直後に告って失恋ですよ。
    この状況下で、羽川は阿良々木くんを諦められるんだろうか?
    ってゆーか、阿良々木くん以外に好きになる異性を見つけることが出来るの??
    ちょっと、心配です。(-.-;)


    触り猫にしろ、苛虎にしろ、怪異(ある意味、神と言っていいかも)を生み出した翼ちゃんは、ほんとに女神としての素養があったのかもしれないw。
    (猫物語(白) <物語>シリーズ セカンドシーズン 第5話 8/4 あらすじと感想 #monogatari #物語シリーズ|ζ[ZETA] Specium blog)

    イザナギの神産みの神話に似たものがありますよね。<イザナギは男神だけどさ。(^.^;
    黄泉から帰って、穢れを清めたら神を産まれたトコロとか。


    ところで、ここで苛虎との戦いに翼が破れて、もし翼が死んでいたら、彼女から誕生した苛虎という怪異はどうなるのだろうか。消滅してしまうのか、それとも独立した存在として存在し続けるのか。
    (〈物語〉シリーズ セカンドシーズン #05 猫物語(白) 第懇話「つばさタイガー其ノ伍」: 無限回廊幻想記譚)

    生み出された怪異(妖怪)なんて、産みだしたモノが死んでからのほうが本領を発揮するよな気がします。<その場合、障り猫のように他の人間に憑くようになるんじゃないでしょうか。
    ブラック羽川は妖怪というより、「変化(へんげ)」って感じだから消滅しそうかな。


    羽川の物語は、これでやっと解決ですかね。 ブラック羽川はもう見れなさそうなのが残念です(^^;
    (空 と 夏 の 間 ... <物語>シリーズセカンドシーズン 第5話「猫物語(白) つばさタイガー其ノ伍」)

    ブラック羽川はもう見れないかもしれないけど、羽川はそれを受け入れたんだから。
    今後は羽川の中に、ブラック羽川を見ることがあるかもしれませんよ


    すべてを受け入れた羽川翼がどんな女の子になっていくのか、気になりますね。 今後のエピソードの中で、その後の羽川翼を見れるシーンもあるのかな?
    (〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第5話  | 桃色のティータイム)

    是非、そういうエピソードもプリーズ!w


    私はこれまで羽川翼というキャラが あまりにも不気味すぎて好きになれずにいました。 しかし今回の猫物語(白)はその羽川の不気味さの所以と、 羽川がごく普通の女の子へと戻るまでの物語であった。 要するに私にとってはどストライクなエピソードであったわけです。 事実、このエピソードを観た後だと羽川のことが大好きになれましたよ。 まぁ私の中での最強ヒロインはやっぱガハラさんなんですけどw
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第懇話 つばさタイガー 其ノ伍 | 窓から見える水平線)

    羽川びいきの自分としては、一段と羽川が好きになった感じかなw
    ぜひ今後も諦めないで、ガハラさん、撫子辺りと三つ巴の阿良々木くん争奪戦を繰り広げて欲しいが・・・・・・・そうもイカンのだろうな。(^.^;
    ちょっと残念だ。


    羽川の「何でもは知らないわよ、知ってることだけ」というお決まりの台詞、これってまさに羽川の何でも受け入れる受動的な性格から来ている台詞だと自分は思っているんですよね。だからこそ、これから自分からも動いていける羽川になったのであれば、この台詞は言わなくなるんじゃないのかなって思っているんですよ。まあこれはこの先の話ですから、また羽川が出てきたらちょっと注目してみたいなって思っています。
    (しろくろの日常 <物語>シリーズ セカンドシーズン:5話感想)

    なるほどなるほど!
    これは興味深い考察。
    今後の羽川の台詞に注目ですね!


    翼に真宵が見ていたのは迷っていたから きっともう見えなくなるんだろうね でもこれでようやく一人の人間になったのかな
    (〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第05話 | まぐ風呂)

    真宵にとっては残念なのかな?
    でも、なんだかんだで阿良々木くんが、真宵の方の問題も解決してしまいそうな予感がするんだよね。
    結果として、羽川は真宵と遇うことがなくなったんじゃないかと思うな。


    仮住まいの決まった羽川家。初めてもらった自分の部屋に向かう階段の途中で なぜ、真宵ちゃんに自分が出会ったのか理解します。 パンツが純白でお揃いだったから! ウソです。そんなわけありません。家族も家も見失ってさ迷っていたからでした。 真宵ちゃんが見えたのには、理由がちゃんとあったのですね。 どうでもいいことですが、このパンチラは二度目に気付きました。一度目に気付いた人はかなりの強者と見た!
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第05話 『猫物語(白) つばさタイガー 其ノ伍』 | 日々是深夜アニメ)

    真宵に取っては残念なのかな?
    でも、なんだかんだで阿良々木くんが、真宵の方の問題も解決してしまいそうな予感がするんだよね。
    結果として、羽川は真宵と遇うことがなくなったんじゃないかと思うな。
    初見で気付いたオレって・・・・・orz


    何だろう、2クールが確定している「セカンドシーズン」だけど、  このお話で最終回な気分にさせられてしまうんですけど・・・
    (<物語>シリーズ セカンドシーズン 第5話 「猫物語(白) 第懇話 つばさタイガー 其ノ伍」 感想 : wendyの旅路)

    案外、羽川の物語だけを抜き出した「猫物語SELECTION」のような円盤が出そうな気がしないでもないw(^.^;



    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1174-16ef6a2e

    物語シリーズ セカンドシーズン 第5話「猫物語(白)つばさタイガー其ノ伍」 感想

    私は本物じゃなくて人物になりたい・・・! 羽川の覚悟と阿良々木さんのヒーローっぷりが マジ良かった!超神回!素晴らしすぎ!
    • [2013/08/26 11:59]
    • URL |
    • 気ままに歩く〜Free Life〜 |
    • TOP ▲

    <物語>シリーズ セカンドシーズン 第05話 『猫物語(白) つばさタイガー 其ノ伍』

    <物語>シリーズ セカンドシーズン 第05話 『猫物語(白) つばさタイガー 其ノ伍』の短い感想。猫物語(白) つばさタイガーの最終話でした。5話のエロいシーンは真宵ちゃんの純白パンチ
    • [2013/08/23 12:41]
    • URL |
    • 日々是深夜アニメ |
    • TOP ▲

    猫物語(白) 5話「つばさタイガー 其ノ伍」

    「ただいま」 「父と呼ぶべき人と母と呼ぶべき人、彼と彼女が同じメニューの朝食を食べていたことを」 ここのくだりがちょっと理解出来ていないんですけど、これどういう意味ですか
    • [2013/08/23 11:05]
    • URL |
    • NEO煩悩-アニメ本店- |
    • TOP ▲

    〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第5話 

    つばさタイガー 其ノ伍 阿良々木くんがかっこいい。 ほとんど出番がなかったけど美味しいとこは全部持ってった(笑) 羽川翼が泣くシーンは胸にくるものがあるなぁ‥。 [画像] 虎の怪
    • [2013/08/23 04:39]
    • URL |
    • 桃色のティータイム |
    • TOP ▲

    物語シリーズ セカンドシーズン 第懇話 「猫物語(白) つばさタイガー 其ノ伍」

     格好良すぎですね。

    『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#5「猫物語(白)つばさタイガー其ノ伍」

    「私は本物じゃなくって、人物でありたい」 ブラック羽川に、これまでのお礼を兼ねて手紙を書く羽川。 そこには苛虎を生み出すに至った経緯も書かれていたが、 羽川は虎を退治す
    • [2013/08/22 21:23]
    • URL |
    • ジャスタウェイの日記☆ |
    • TOP ▲

    物語シリーズ セカンドシーズン TokyoMX8/03)#05

    其の伍 つばさタイガー 伍 公式サイトから巨大な虎の怪異・「荷虎」の正体をつきとめた翼は、一通の長い手紙をしたためる。それはいわば彼女のもうひとつの人格である怪異「ブラ
    • [2013/08/22 16:00]
    • URL |
    • ぬる~くまったりと |
    • TOP ▲
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。