with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『電波教師 7巻』の感想  

    7巻、読みました。

    相変わらず、問題児に対して純一郎が『俺流』で楽しみながら更生させるというコンセプトは変わらない。
    ので、問題は問題児のキャラ立てだよね。
    この作品の面白さは、変な方向にネジ曲がった筋が一本通った純一郎の言動と、問題児の魅力でしょう。

    今回は、全巻からの続きである双子の解決編と合宿編がメイン。
    それに、久々登場のCERM所長・ティナ博士、天然アニメ声vs声優志望の対決。
    ティナは、純一郎の扱いがうまくなったなぁw
    これなら、スイスに連れていかなくても、定期的に日本に来るようにすれば研究は進みそうだ。
    双子は、ありがちなお互いが相手を思いやったがゆえのスレ違い。
    姉妹の暴力スペックが高すぎて、妹襲ったチンピラが可哀想に感じちゃったよw<さらに、純一郎による晒しが酷すぎwww
    ま、チンピラだしね。
    これも、純一郎流の教育なんでしょう。

    合宿は、どうやらオプション付きがなにやら企んでいるみたい。
    純一郎と教え子たちの鉄壁タッグを、本校に投入するつもりのようですが・・・・・・。
    果たして、本校には何があるのか?!
    夏休みのイベントはまだまだ有りそうだけど、その後の展開も楽しみですね。



    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1155-6d0b8d85

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。