with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『デンキ街の本屋さん 5巻』の評判 、及び感想  

    5巻読みました。

    当初は海ちゃんが主人公で、ひおたんがヒロインだと思ってた。
    けど、全然違ってビックリだったよw
    んで、どんどん群像劇っぽくなって来ましたね。
    まぁ、恋愛はそれぞれにあるようですが、
    基本は海ちゃんと先生。
    ひおたんとカントク。
    カントクなんて、当初は先輩キャラでサブに徹すると思ってたんだけどな。
    ひおたん、カメ子、それのつもりんと・・・・完全にハーレム状態だもんな。
    海ちゃんは、先生と良い雰囲気だけど・・・・・・先生がねぇ・・・・(;一_一)

    今巻は、女の子側の気持ちがかなり描かれていて面白かった。
    つーか、女の子側が主役じゃね??(-_-;)
    カントクなんて内心が全く描かれないし、最近は海ちゃんすら何考えているかわからないw
    今後は、女の子が中心でお話が進んでいくのかもね。
    ただ、
    みんないろいろ問題あるからなあ・・・・・(;^_^A
    特に先生。
    ・・・・・・あんなレヴェルの女子力で大丈夫なのか?!
    今のところ海ちゃんに他の女の子の匂いはないが、つもりんが完全にカントク卒業した感じだし。
    ・・・・・・・もしかしたら、傷心のつもりんとそのファンのうみちゃんが・・・・・って展開が・・・・・・・・まぁ、海ちゃんに限ってないかw(^.^;

    あと、ソムリエとエロ本Gメンに、あんな過去が隠されていたなんて・・・・・・・・これが一番の驚きだったwww(^^;)

    なんにして、オタクの青春!
    ・・・・・オレも、こんなオタクな青春を送ってみたかったものだ。(-.-;)




    うまのほねの面々の恋愛が加速する今巻。 先生も足りない女子力を振り絞ってバレンタインに挑むものの、 高難易度ミッションのまえに瀕死を負ってしまう…。 なんという凄惨な光景w とりあえずうまのほねの女子の料理の出来なさっぷりが酷い^^;
    (のらくら雑記帳 「デンキ街の本屋さん」5巻感想 ※ネタばれ有)

    確かに酷かったw
    が、みんな頑張っているよ!
    この頑張りが今の想いにながるかどうは判らんが、きっと将来、いろんなかたちで自分に帰ってくるよ。
    若い内に、ガンバレ!!


    先生ちゃんの可愛さはずば抜けです。 女子力の低さもずば抜けだけど、酔った勢いで謎脅迫をし、なでなでや膝枕を強要するのが可愛くてたまりませんね。 カメ子片想いは意外でした
    (Amazon.co.jp: デンキ街の本屋さん 5 (フラッパーコミックス): 水 あさと: 本)

    先生は可愛いけど(←めがねっ娘だしな!)・・・・・・他の部分が、ちとザンネン。
    でも、マンガ描けるから相殺されるね。(^.^;
    カメ子の想いは、全く気づかんかったよ。
    ほんと、カントクは罪作りだ。(--〆)


    とにかく恋模様がかなりピュアで読んでるこっちが恥ずかしくなってくる。w  それに付けて、全員自分の気持ちはっきりと形にしないから余計に苛立つ気持ちも沸いてきます。  早く誰かカップルになっちゃえよw
    (何かよくわからん気まぐれBlog : ゴールデンウィークも仕事に恋に大忙し!? 漫画「デンキ街の本屋さん 5巻」を読む!!)

    一番早く上手くいきそうなのは・・・・・やっぱ海ちゃんと先生かな?
    カントク側は・・・・・まだまだいろいろありそうだよ。┐('~`;)┌

    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1154-9e08adf2

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。