with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『涼宮ハルヒの憂鬱(マンガ版) 19巻』の評判 、及び感想  

    19巻読みました。
    原作も既読です。

    原作である「~分裂」は、正規の時間軸であるα世界線のストーリーと改竄されたβ世界線のストーリーを、章立てと印刷時の段組みを工夫して視覚的に判りやすくしてありました。
    視覚的に言えば、普通は漫画のほうが有利なのに、こういったストーリー展開になると、小説のほうが判りやすいんだから面白い。
    その辺も、どうえがかれるかきょうみあったんですけどね。
    なかなか苦労が垣間見える描写になっていましたね。(^^;)<これ、原作読んでいない人はこんらんしただろうなぁ・・・。
    その代わりと言ってはなんであるが、本章のトリックスターとも言える後輩・ワタハシヤスミの正体が、結構ネタバレ的に判りやすくなってしまったのではないだろうか?w<冒頭のカラー部分ね。

    個人的に期待したのは、今回の裏ヒロインともいえる佐々木の描写かな。
    表紙は、最高に良い出来だった。
    だけど本編では、ワタハシヤスミに持っていかれていたなぁ・・・・。<これもまた、原作とは対照的に思います。
    原作とマンガ版、片方しか読んでいない人は、ぜひ両方読んで比較して貰いたい。
    特に、マンガ版で佐々木に惹かれた人。
    ぜひ、原作を読んで貰いたい。
    彼女の魅力は、原作のほうがインパクトあるよ。<逆に、原作しか読んでいない人でワタハシヤスミに惹かれた人は、マンガ版をオススメする。彼女の正体を考えると・・・・・・なかなか見ものだと思いますよ。

    ストーリー的には、本巻で「~驚愕」のクライマックス近くまで来ている。<かなりシリアスな部分だ。
    次巻では原作を消化して、なお余るページが出てくると思われます。
    単行本を出すためには、それを補うエピソードが必要だと思うのだが・・・・・・・・是非、佐々木とキョンのオリジナル話をやってほしいものですよ。

    20巻は秋発売とのこと。<一度、マンガ版は終了になるのかな?
    期待して待ちましょう。


    さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。


    αβ融合の描写は良い出来でした、その後の展開、作画はほぼ百点満点と言っていいと思います。 基本作画は今回さらにクオリティアップしていて好感もてます、崩れは全くないです。 24ページの佐々木がお気に入りですね。
    (Amazon.co.jp: 涼宮ハルヒの憂鬱 -19 (カドカワコミックス・エース): ツガノ ガク, 谷川 流, いとう のいぢ: 本)

    融合の描写については、禿同!
    ここも、マンガ版だからこその見どころですよ。
    個人的に、佐々木に関してはカラー(表紙&2P)での絵がお気に入りです。(*^.^*)


    冒頭の国木田君のセリフの「朝比奈さんと長門さん」の件における「朝比奈さん」を別人に差し替えてしまったら、 鶴屋さんが足繁く通う云々という続くセリフと、まったく整合性が取れません。 ツガノガクさんは、いったい、何を考えているのでしょうか?
    (Amazon.co.jp: 涼宮ハルヒの憂鬱 -19 (カドカワコミックス・エース): ツガノ ガク, 谷川 流, いとう のいぢ: 本)

    確かにそこは違和感が激しい。
    だけどオレは、たんじゅんに誤植だと思っているのだが・・・・・。どうなんだろう?(-.-;)


    ツガノガクさんは男の子と服装を極力簡略化しようとするなぁ。 そのぶんワタハシヤスミちゃんは、顔が生きている。
    (『涼宮ハルヒの憂鬱 -19 (カドカワコミックス・エース)』(ツガノ・ガク)の感想(3レビュー) - ブクログ)

    カラーと女の子の描写は、初期に比べればずいぶん良くなったと思うのですが・・・・・(;^ω^)


    作中にある緊迫感的には過去の事件的なものよりも遥かにある、スケール単位でもなんだか重い展開というか、選択肢の間違いの結果未来人「藤原」が否定してきたバットエンド不具合の様相を丁寧に描写して見せていたり、基本的に佐々木や古泉メインにどのキャラも鬼気迫る形でキョンに選択を迫ってくるのが印象的。
    (『涼宮ハルヒの憂鬱 -19 (カドカワコミックス・エース)』(ツガノ・ガク)の感想(3レビュー) - ブクログ)

    巻末付近の藤原の描写は、ホントに鬼気迫るものがあります。
    ここも見どころ。
    これから、「~驚愕」のラストがどうえがかれるのか、期待ですね。


    これが終わってしまったら、次、どうするのかしら。
    (涼宮ハルヒの憂鬱 第19巻 :: 元山元山こうきちの今日も一冊!!と、今日の昼御飯!!|yaplog!(ヤプログ!)byGMO)

    原作者原案のオリジナルストーリーとか、やってくれないものでしょうか?(・・;



    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1152-bf225ced

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。