with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『進撃の巨人』 第11話の評判 、及び感想と考察  

    『進撃の巨人』 第11話 「偶像 -トロスト区攻防戦7 -」
    を観ました。
    今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。



    戦いって、指揮官の才覚に左右されるよなぁ・・・・・特に士気を高めるには、部下を鼓舞する方法が重要。これが上手い上官の下で戦う兵士はモチベーションが高い。だけど問題は、上官の口の上手さと指揮能力が比例する場合は良いけど、前者ばかりが巧みで後者がダメダメだと最悪だよね。
    そんなことを考えながら観てしまった『進撃の巨人』、第11話です。
    果たして、ピクシスの場合どっちなのか?!
    戦いは始まったばかりだけど、いきなりあの展開で、ちょっと不安ですよ。
    果たして、トロスト区は奪還できるのか?!

    さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。


    オヤジキャラが実に深いカッコよさが際立っていた第11話。 それに負けじと、相変わらずミカサさんも実に可愛いかった 目をキョトンとした、あの顔が結構好きです。 戦闘中はいっつもキリッ!とした顔なので、ああいうエレンの前でしか見せない表情が堪んないっすねwwwww そしてエレンの方はというと巨人化を逆手に取り、皆の偶像(希望?)になるべく動き始めたが、 そんな上手くいくわけないよなァ・・・
    (誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ : 進撃の巨人 第11話)

    ピクシスには期待しているんだけどね。
    実際、戦闘の指揮は部下に任せっぱなしだから、ちょっと不安。
    そして、ミカサは本当にエレンの前だけでは、恋する少女の表情見せるよね。(*^^*)ほっ
    普段のクールさとのギャップが堪らん人も多いことだろうw<オレもまた、例外ではないwww(^-^;


    エレンwwwwwwwwww 貴重な酒を綺麗に口からぶち撒けましたねww。 司令もどれだけ強いアルコールを飲んでいるのやら・・・
    (『進撃の巨人』11話感想 ハゲてるけどイケメンなピクシス指令 そして巨人にぶん殴られるミカサ : CLOUDY ROUTE)

    さすがに戦場の最前線だから、酒と見せかけて別の飲み物かと思いきや、
    普通に酒かよっ!?( ̄д ̄)エー
    しかし、戦場で酒に頼るって・・・・・・ちょっと不安になるじゃないか。(-"-;)<豪気さの現れならよいんだけどな。


    ピクシスは参謀を呼び作戦会議を開きましたが,完全にアルミンが仕切っている!(笑) 最近のアルミンは頼もしいですね~。前半の己の役立たずぶりに涙していたアルミンとは別人のようです。そうかぁ…こういう風にアルミンの活躍を生かすための前半だったんですね~。 参謀が集まったところで開口一番,「巨人と戦わなくていい作戦が私の胸の内にはあります」,と切り出せば,当然周囲は耳を貸すことでしょう。
    (ひそか日記 進撃の巨人 感想 第11話 「偶像」 -トロスト区攻防戦7 -)

    アルミンも頼もしいけど、そんな訓練兵団上がりなペーペーの言葉をちゃんと聞いて、冷静に分析、受け入れるピクシスの参謀達も優秀だよ。
    ピクシスが、作戦や現場での戦闘を部下に任せっきりなのが、人を見る目があるから・・・・・っていう理由だったらよいんだが・・・・・・。(・・;)


    この作戦では巨人と無闇に戦う必要がないことを示唆したアルミンも様になってた!! 通常より多数の人間に反応して迫る巨人の習性を利用し大勢で誘き寄せ壁際に集められれば 大部分は接触せずエレンから遠ざけることが可能壁際の巨人は大砲を利用し損害を出さず倒せる ただしエレンを無防備にするわけにはいかないため少数精鋭で守るべき、穴を塞ぐまでの間侵入する巨人との戦闘も避けられないし精鋭班の技量にかかっている! ただエレンが確実に岩を運び穴を塞ぐことが前提で確証が乏しいまま決行することには疑問を…
    (Spare Time 進撃の巨人 第11話「偶像-トロスト区攻防戦⑦-」)

    なんだかんだ言って、行き当たりばったりの作戦なんだよね。
    トロスト区内にどれだけの巨人が入り込んでいるかは、だいたい把握できているだろうけど、新たに入り込んでくる奴も出てくる可能性がある。
    それを考えると、精鋭部隊がミカサ入れて4人なのはかなりの賭け。
    しかも、エレンが巨人化してちゃんと岩を運べるかすら判らないんだからね。


    エレンのことを極秘に研究していた巨人化生体実験の成功者だと 説明するピクシス指令ですが、あながち間違った説明じゃない気がする。 エレンの父親が研究していたのって、そういうことでしょうし。 独学でそこまでできるとは思わないので、協力者が誰だったのか、 どれだけいたのかが気になります。
    (ひえんきゃく 進撃の巨人 第11話 「偶像」 感想)

    おおきなハッタリだけど、これって後から問題になりそうな気がするよね。
    ピクシスは、この作戦失敗したら更迭だろうな。<本人は覚悟できているだろうが。
    成功したとしても、この嘘がどう響くのか・・・・・・(-"-;)
    これだけ部下を上手くひっぱっていける指揮官なんて、そうそういないだろうし。
    ピクシスの更に上の人間も、人を見る目があって、善処してくれることを祈ろう。


    我々はこれより奥の壁で死んではならん!! どうかここで・・・・ ここで死んでくれ!! すげえ無茶ぶり・・・だがかっこいい禿だ。 どうして禿はかっこいいキャラが多いのか。 この人の場合「秋山好古似」という属性もあるからさらにポイントが高いのかもしれませんがw ちなみに、最近(というかつい2日くらい前)知ったんですが 本当にモデルだったみたいです。
    (【アニメ】 進撃の巨人 第11話 「偶像 -トロスト区攻防戦7 - 」 感想:この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・)

    今回は、完全にピクシスの演説が一番の見所だったね。
    秋山好古似ってことで、どんな人物かググってみたら、めっちゃ似てたw
    でもおかげで、ゲンナリすることが起きていることも知ってしまった。(-"-;)<彼の国は、どうしてああなんだろう?・・・・・・もう、ホント「こっち見んな!」


    あの指揮官はおそらく、兵隊がどれだけ  巨人に対して恐怖しているかがわかるから  それを逆手にとって士気を高めてる。  ごまかしでしかないだろうけど  ああいう状況下では有効な手段だね。
    (荒野の出来事 進撃の巨人 第11話 感想)

    なんという見事な人心掌握術!
    そして、士気の高め方も巧みだよ。
    ピクシスは相当な年齢だけど、やっぱり5年前に活躍して出世したんだろうな。
    ああいう人は、平和時には敬遠されそうだから。


    ・「一度、巨人の恐怖に屈したものは二度と巨人に立ち向かえん」 ここで出てくる巨人さんめっちゃ美人さんw 女の巨人はまだいないってことなら、流し目決めたイケメンか
    (【進撃の巨人】アニメ第11話 「偶像」 : goooldfish)

    女の巨人はいないんだろうか?
    この巨人は、オレにも女に見えたんだが・・・・・もしかして、イメージ映像?<ピクシスが喰われても良いと思っているのは、このレベルなのかもよw


    なんだか思ってたより壁の中が広いというか、巨人が多いというか、 なんかスケール感が見ててよくわからなくなってきてる。 兵士たちの人数もなんつーかメチャクチャ多いというか、 あんな広さに叫ぶってどう考えても人間の声量じゃないだろ的な。 そしてミカサの声も周囲に筒抜けなのがわかってなんか恥ずかしい的な。
    (真実悪路 進撃の巨人 11話「偶像 -トロスト区攻防戦(7)-」の感想)

    壁の広大さは、半端無いね。
    どうやって、あの壁を作ったのか・・・・・それが一番の謎だよな。<誰も不思議に思わないんだろうか?
    声のデカさ・・・・もしくは、力強さは、指揮官に必要な能力のひとつだね。
    一言で注目を集めるってのは、なかなか難しい。
    ミカサは・・・・・・まぁ、エレンしか目に入っていないからw(^-^;


    あのオヤジが上司らしく逆らうヤツはこの場で叩き斬る的な事をカッコよく言ってたけど、ピクシス司令の覆し方がよかったb また恥かいた?みたいなww 確かに既に怯えている者が戦ったとしても、いざとなったら逃げるか喰われるかだしね!コレは正しい判断だと思われ
    (進撃の巨人 第11話 - 日影補完計画)

    ヒゲのヘタレ隊長のことですね。
    多分、前回の行動で部下に不信感を抱かせただろうから汚名返上のためにやったんだろうけど・・・・・ホント、場の空気を読めないよなぁ・・・・・┐('~`;)┌
    この隊長は、生き残っても即左遷でしょう。


    逃げ出しそうな兵士を演説で奮い立たせていたのが印象的だったなぁ。 自分の家族、人類を守るためにはここで逃げ出してはいけない・・・ 結局のところ、逃げても根本的な解決にはならないんですよね。 何もしないよりは、現実と向き合え—。そんなメッセージを感じるシーンでした。
    (新しい世界へ・・・ 進撃の巨人 11話「偶像-トロスト区攻防戦7-」)

    厳しいけど、家族とか子供をダシにするのが一番効くんだよね。
    容赦ねぇというか・・・・・これが言えるピクシス、本当にすげぇよ。


    壁を塞がないと無駄死だと嘆く兵士 阿鼻叫喚の中でエレンは救いの手となるのか・・・ エレンが巨人になるから護衛してね♪とにわかには信じがたい
    (進撃の巨人 #11「偶像 ――トロスト区攻防戦⑦――」感想 | サブカルなんて言わせない!)

    それでも従うんだから、ピクシスの人望がハンパねぇってことなんでしょう。
    一体、過去にどんなことをやって、指揮官まで上り詰めたんだろうね?


    美酒も悪酒も分かるというのは悪手と掛けていて、人生も戦闘の経験も積んでいる人間は状況をより的確に判断が出来るということなのかな。呑めずに酒を吹き出してしまったエレンとの対比もあって、渋い、オトナだなと感じた。
    (Little Colors : 進撃の巨人 第11話 「偶像 -トロスト区攻防戦 7-」 感想)

    なるほど。
    上手いね!<台詞も、考えてねられているのかも知れんな。
    でも、たしかにそうなのかも知れん。
    もちろん、酒が飲めなくて優秀な奴だったら、言い方を変えたんだろうけどな。


    「私も一緒にエレンについて行く」と聞き分けのないミカサに対してエレンがまた頭突きを食らわせようとしたら、簡単にさっとかわされていたのが笑いました(笑) 同じ技は二度と食らわない、ミカサの戦闘能力の高さが恨めしい!
    (進撃の巨人第11話「偶像 -トロスト区攻防戦(7)-」雑感 なでしこやまと)

    エレンは単純だからなぁ・・・・・。<子供扱いされるわけだよ。┐('~`;)┌
    ミカサとエレンの関係が判って、笑えるよね。


    少数精鋭の部隊に選ばれたのは駐屯兵団でも指折り中の指折り、かなりの精鋭らしい御三方なようで。 その中にはエレンたちを取り囲んでいた駐屯兵団兵士たちの指揮をしていたキッツとかいう人物の横にいたメガネをかけた女性、リコという名前なんだそうですが、その方もいらっしゃるご様子。 どれほどのお手前かよく分からないのですけれども、彼女がいるってだけで安心できるのは何故なんでしょうかね(ぁ 正直なところ、ピクシスの演説よりも大岩に向かう道中でエレンに言い放った彼女の言葉の数々の方がより胸に打たれておりました(´ω`)
    (進撃の巨人 第11話「偶像--トロスト区攻防戦7--」 - 惑星観測所の記録)

    リコさんは、なかなか厳しいお方のようですな。
    エレンを信用していない感じで、この作戦におけるエレンに頼らざるをえないことに苛立っているようにも見える。
    ただ、ここまで言うってことはそうとうなかくごはしてそう。<エレンが本当に岩を運ぶんなら、命をかけるのも厭わない。
    でも、これでエレンが役に立たないと判断したら、犠牲が多くなる前に容赦なく切って捨てそうな感じ。
    キッツの横にいた女性とは別人かと思ったんだけど・・・・・・どっちにしてもメガネっ娘は貴重!
    ぜひ生き残って欲しい。<あんまし喋り過ぎなんで、死亡フラグが立ってそうで怖い。(-_-;)


    それにしても、今回はどのキャラも一言一言が重くて、ズンとくる台詞が多かった気がします。 ただの弱音だったり疑惑だけじゃない。その奥にこもってる家族や仲間への思い。 それをどう見ても甘チャンそうなガキの、しかも本人が言うように上手くいくかもわからないものに縋らねば生き残れない現実。 でも、恐れるのではなく、どうせ死ぬならやれる方法は全て試してみようという決断に出た司令。 どうか、この作戦が上手くいきますように(祈)
    (SOLILOQUY 2 進撃の巨人 第11話「偶像 ――トロスト区攻防戦7――」)

    ほんとうに、登場人物の言葉が重かった。
    それぞれ思いはあるだろうけど、作戦は成功してほしいよね。


    エレンは巨人を出すのには成功。 ミカサはその姿が人類の希望になると思うのですが… 巨人は制御出来ていない? ミカサに襲いかかってきた! 気になるとこで続きますw 巨人が暴走したら、エレンは取り込まれしまうのかな? 他の巨人も元は人が作った兵器で、暴走して野生化したのかもですね。
    (空 と 夏 の 間 ... 進撃の巨人 第11話「偶像-トロスト区攻防戦7-」)

    ここは、エレンが活躍して、認められる展開かと思ったら・・・・・まさかの暴走?!
    ミカサを攻撃したのか!?・・・・・何か理由があると信じたいけど・・・・・他の巨人と同じだとしたら、倒した巨人の中から人間が出てくるはずだから違うとは思うんんだけど・・・・・・取り込まれるって可能性は考えていなかったな。そうだとしたら、条件とかあるのかもね。巨人化の制限時間とか、体調が悪いとダメだとか・・・・・。


    50m級も急に消えました、つまりはエレンと同じ存在でしょうね。 壁を破った鎧の巨人も、そうなのでしょう。 彼らは自分の意思で巨人化しているのか・・・それとも・・・。 突然変異の彼らは負傷して命が危なくなると出現するとかでしょうか? 巨人が元は人間だった場合、誰かの実験の被験者が  脱走したなどが考えられますが、どうでしょうね。 巨人の間の記憶が無いので本人も分かっていないのでしょうか。
    (進撃の巨人 TokyoMX(6/16)#11: ぬる~くまったりと)

    超大型巨人は、測った様に壁のすぐ外に出現しているし、後に人間が残ってもいなかった。
    多分、エレンと同じように巨人化出来る人間で、しかもそれを自ら完全にコントロールできる者なんだと思う。<本人が判っていないのなら、壁の外に出現することがおかしい。
    そう考えると、エレンも巨人化をコントロール出来る可能性はあるんだが・・・・・。


    外の世界には人類がに知られると都合の悪い何かが存在しているという可能性を示唆しているように思えるのですよね。人々がそんな情報に触れないために、圧倒的恐怖が必要でそれが巨人である・・・というのは、やや妄想が過ぎるでしょうか? まあそうなると人々が巨人に勝利してしまうのは非常に都合が悪いことだとも言えますが、仮にそうだとして「都合が悪い」と考えている存在とは誰なのか?ですね。普通に考えて壁もっとも内側のウォール・シーナに守られている者達の誰かということになりますか・・・この世界の王がどういう人間なのか見えてくるとその辺りも少しは理解は進むかもしれませんね。
    (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 (アニメ感想) 進撃の巨人 第11話 「偶像-トロスト区攻防戦7-」)

    人間を巨人化させる技術があって、それをやらせている者もいる。
    それが、壁の外にいることは間違いないんだろうけど・・・・・・この壁自体の存在を考えるとなぁ・・・・壁の中にも、協力者・・・・・・もしくは黒幕が壁の仲・・・・中央にいてもおかしくない。<王族は、少なくともなにか知っているんでしょうね。
    問題は、何をしようとしているか?・・・・・なんだけど。
    こう言う閉ざされた環境って、何かの実験場を思い起こさせるんだよね。


    今回の魅せ場は、やはり兵達の士気を高めるピクシス司令と、エレンの立体機動でしょう。 あの3Dを活かした背景とダイナミックな動きや構図はカッコ良かったですね! しかし…ネタバレしまくりの次回予告はどうなのよ…(涙) 映像もナレーションも、かなり展開が読めてしまうんですけれど。 原作組には無問題かもしれないけれど、アニメ組にはちょっと泣ける…
    (閑話休題 -intermezzo-)

    エレンの立体機動のシーンは凝っていたね。
    視点と、その動き。
    見ている方も、立体機動のダイナミックな動きを感じることが出来る。
    これって、立体機動のシーンだけなら、3Dかできるんじゃないか?
    予告は・・・・・まぁ、ある程度は仕方ない。
    でも、あの状況から失敗には終わらないってことだよね?
    何が起きるのか、まだわからないことは多いよ。


    今更気づいたのだけれども、「進撃の巨人」ってエレンを指していたんだ(´ω`)
    ((アニメ) 進撃の巨人 第11話 感想:~Fantasy Earth Blog~)

    これ、おれはエレンの巨人化が判明した時に、そうかなって思った。
    そして、今回のピクシスの演説で、確信した。
    となると、エレンはこんなトコロで躓いているわけには行かないでしょう!
    一体、どんな風に進撃してくれるのか?!
    目が離せません!!



    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1115-77a36f9d

    進撃の巨人 第11話「偶像--トロスト区攻防戦7--」

    やばい、この流れ完全にクライマックス。やばい(何
    • [2013/06/27 11:48]
    • URL |
    • 惑星観測所の記録 |
    • TOP ▲
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。