with Ajax Amazon

    09 | 2017/10 | 11

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    「犬神もっこす」 5巻の評判と感想 

    「もっこす」とは、熊本県の県民性を表現した言葉で、いわゆる「頑固者」や「融通が効かない奴」的な意味を持ちます。
    主人公の犬神くんが熊本県出身者のため、そのようなたいとるになっていますが、
    決して、犬神くんのような性格の人間が「もっこす」の標準ではないことを、まずは断っておきたいと思いますw<犬神くんは、熊本にいても十分変わり者。(;^_^A

    で、5巻です。
    結構なペースで刊行されるなぁと思っていたら、これで完結だそうな。
    3巻辺りから話が進むごとに、キャラだけでなくストーリーも面白くなってきていただけに、ちょっと残念。

    とはいえ、打ち切り感がアリアリなわけでもなく、しっかり完結していますよ。

    結構読者を選ぶタイプの作品だと思います。
    WEBで試し読みができるので、気になる方はそちらで読んでみてはどうでしょう?

    モーニング公式サイト - 『犬神もっこす』作品情報( http://morningmanga.com/lineup/197 )

    面白かったら、一気読みしてみるといいかもね。


    モーニング公式サイト - 『犬神もっこす』作品情報

    さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。


    途中から魅力に気付いてお気に入りだったけれども、 「もう少しお話しが膨らむのか?」と言うところで終わってしまった。  「変人が普通の感情を得て完全な普通の人に成りました!」 と言う所まで描ききってしまったら、それはそれでツマらないか。
    (「20130523アマゾンさんからのお届け物、犬神もっこす 5と他2冊」: misoji@bunki)

    これは、まさに同感!

    最初は、犬神くんだけ(・・・・あ、部長もかw)が変なのかと思っていたけど、話が進むたびにその他の登場人物が、内に秘める「変」なトコロをどんどん出してきて・・・・・類友ってあるよなぁ・・・とか思いましたよ。


    犬神君はこれからもこんな調子だろうけど、いい仲間ができてよかったねえ~
    (きみこのマンガ風味な読書記録的感想)

    むしろ、仲間たちのほうが心配になってくるw
    犬神くんとの出会いは、人生の中でも大きな衝撃となったことでしょう。
    みんな、大学卒業したら普通の社会生活に適応(復帰?)できるんだろうか?w(;^ω^)


    とある学生劇団員の物語と言ってしまえばそれまでなんですけど。やはり全体的に犬神君のカウンセリングみたいな側面もあったかな~と思ってます。この作品、物語(劇)を演じる登場人物たちの生き方が物語(劇)のようになっていて面白いです。そんなわけあるかい!でも、あるかも・・・?そんな劇を漫画にしていたと感じたわけです。
    (グッバイ、もっこすグッバイ「犬神もっこす・最終巻」 - 無駄話)

    たしかに、犬神くんは自分を見つめ直すことが出来たんじゃないかとは思います。
    ただ、
    なんだかんだで、あんまし変わっていない犬神くんのブレなさ加減が、なんとも素晴らしいw
    変わったのは、どっちかって言うと周りの(人達も含めた)環境なのかも知れんね。

    犬神くん主演の演劇を、ちょっとみていたいな。
    ・・・・・そんな風に思わせてくれる終わり方でした。



    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1104-d437a525

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。