with Ajax Amazon

    05 | 2017/06 | 07

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『進撃の巨人』 第9話の評判 、及び感想と考察 

    『進撃の巨人』 第9話 「左腕の行方-トロスト区攻防戦5-」
    を観ました。
    今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。



    アクの強い調査兵団のメンバー(特に、リヴァイとハンジ)と、自らの意志で巨人になるエレンの姿が衝撃的だった、『進撃の巨人』の第9話です。
    いろんなトコロで、リヴァイの強さが語られていましたが、個人的にはハンジの方が気になったよ。<めがねっ娘ということもあるけどなw
    こんな世界なのに、やっぱり巨人フェチなんて変人がいるんですね。(^^;<その割には、容赦なく殺していたけどさ。(;^_^A
    この人は、巨人を殺すことに快感を感じるのか、それとも巨人自体に興味津津で、出来れば巨人を自分のモノにしたいというタイプなのか・・・・・どっちなんでしょう?
    それによって、今後の話が変わってきそう。
    後者だったら、エレンのことにすごく興味を持ちそうですよ。
    おそらくは、エレンの正体が巨人だろうがなんだろうが関係なく大好きなミカサと、巨人になるからエレンに興味津津で近づいてきそうなハンジさん・・・・・・・これは、思いもよらぬ女の対決が見られるかも知れんな。(^-^;

    さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。


    巨人じゃないかって疑いをかけられたエレン。 銃弾を打ち込まれそうになった時には体の一部を巨人化させてミカサたちを守っていましたが。 駐屯兵団兵士たちの前で巨人化してしまっただけにどうなるのでしょうか?
    (新しい世界へ・・・ 進撃の巨人 9話「左腕の行方-トロスト区攻防戦5-」)

    このままだと完全に排除されるだろう。
    でも、調査兵団が戻ってくれば状況は変わるかも?!<帰ってくるフラグはあったしね。
    ハンジみたいな人間もいるわけだから、受け入れてくれる可能性は高いね。<リヴァイがいれば、もしエレンが巨人化して暴走しても、倒せそうだし。
    ただ、調査兵団と駐屯兵団がおめた場合、仲裁する人がいるのか?<それが問題。


    こいつがリヴァイかぁああ!! 潔癖症なのに仲間の死には厚く応えるその人柄、これは人気出るわ。噂では腐女子に狙われてるそうですがw
    (進撃の巨人 第09話 左腕の行方 -トロスト区攻防戦⑤- 猫が唸る感想日記/ウェブリブログ)


    リヴァイ兵長、これは、腐女子のアイドルであろう。 マジで、ここまでピッタリのキャラはいないなぁ。 CVは絶望先生。ルックスはその昔の、幽遊白書の飛影だよな。もう完全に腐女子モードじゃん(笑) 戦闘能力は高い。クールに見えて、部下思い。 背の低さを、回転などの運動能力で補う。
    (アニメーション 進撃の巨人 第9話 - おかるとのヲタク日記)

    腐女子は既に、完全に食いついていますねぇwww
    女性は原作だとあまり読みそうにないけど、これだけ話題になったアニメだと・・・・もう、ヤツラの毒牙からは免れない!(;^_^A あせあせ


    リヴァイ兵長がいかに格好良いかということであった。 「一人で旅団並みの実力を持つリヴァイ兵長だ!」 との絶賛の声。 旅団・・・。そういえば一人旅団なエルエルフさんって人が別番組にいたなぁ。
    (進撃の巨人 #09 「左腕の行方 -トロスト区攻防戦(5)-」 バカとヲタクと妄想獣)

    一人旅団の元ネタは、こっちなんだろうな。
    しかし、一人で旅団並みって・・・・・ガス欠になったら戦えないくらいなのに、旅団並みとは大きく出たねw


    前半は調査兵団の活躍、リヴァイ兵長が飛んでましたね。 でも横回転は立体機動が絡まるのでは? きっとワイヤが無い時に回転したのですよね。
    (進撃の巨人 TokyoMX(6/02)#09: ぬる~くまったりと)

    横回転は、きっと片方のワイヤーだけを使うんだろうね・・・・・・まぁ、それでも神業レベルなんだろうけど。


    ペトラかかわいい^^ 個人的には一番好みかもw ハンジさんはなんかサシャみたいなキャラだなぁ(^^; 姉妹とかだったりしてw そもそも声が朴さんだったので女性なのかもわかんなけいどw クリスタもかわいい^^ アニも加えて、ミカサ・アニ・クリスタ・ペトラが今のところ女性4天王(可愛い系)でいいのかなw
    (進撃の巨人 第9話 「左腕の行方 -トロスト区攻防戦 5-」 リリカルマジカルSS)

    個人的には、クリスタ!
    でも、見た目だけならハンジさんも( ・∀・)イイ!!<性格・・・・というか、嗜好が・・・・・( ;^^)へ..


    まさかここで巨人フェチのめがねっ娘が登場するとは(戦闘中は眼鏡ではなくゴーグルですし、娘かどうかも疑わしいのですが、面倒くさいので、以後、めがねっ娘で通します)。
    (奇行種フェチめがねっ娘登場。 進撃の巨人/左腕の行方 - Yahoo!ジオシティーズ)

    女性でしょう。<中の人は少年役も多いが、女性の演技だったし。
    違ったら、泣くわ・・・・・(・・;)


    リヴァイがどういう人間であるか幾つか想像できる部分はあります。一つは、クールに世装っていても本当の彼は仲間想いであるかもしれないということ。もう一つはリヴァイの潔癖症は、人に対してではなく巨人に対してのみ発動する可能性。エレンのように巨人に対しては強い憎悪を抱いていてそれがあのような態度として表されるとか?
    (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 (アニメ感想) 進撃の巨人 第9話 「左腕の行方」)

    クールな外面に、熱い中身ってのが理想なんだろうけど・・・・いろいろ歪んでいるっぽいのは間違いない。
    彼が調査兵団に入った経緯とかが描かれると、もっとよく分かるんだけどね。
    ただ、仲間の血で汚れた手も、あとで綺麗に拭っていそうだ。<巨人の血は、すぐに消えるような描写があったけど、それも待てないくらい嫌悪感があるってことなのかな?


    突然現れたり消えたりした超大型巨人も人間になれるんじゃないですかね。 巨人に成れる人間なのか、人間に成れる巨人なのかは分かりませんが。 エレンが父親の実験の所為(?)で巨人になったように、同じような力を持つ スパイがいるのかも。
    (ひえんきゃく 進撃の巨人 第9話 「左腕の行方」 感想)

    超大型巨人は、間違いなく人間が巨人化・・・・・・もしくは巨人が人間化?するタイプでしょう。
    鎧の巨人も、怪しいよね。<ウォールマリアの城壁扉を破った時以降、目撃例がなさそうだから。


    彼らが出ていった後、巨人達が襲ってきたのだ。 こうなると、まるでその時を待っていたかのようですね。 もしかして、巨人ってタイミングを把握出来る・・・とか? いや、その前にエレンのように巨人化した者も含まれている・・・とか?
    (SOLILOQUY 2 進撃の巨人 第9話「左腕の行方 ――トロスト区攻防戦5――」)

    完全に、狙っていたんでしょう。
    つまり巨人の正体は、調査兵団がいないことを知っている者ということになる。<もっとも、トロスト区にいるものは、みんな知っていそうだけど。


    巨人から巨人が産まれたのか?それとも突き破ってきた?Wow!? とにかく、巨人の体内から出現したんだなと。少しグロイっす。 駆逐精神から本能に変わったかの如く、あの後次から次へと巨人を倒していったと考えると、意識<本能でやっていたのだろうか?
    (進撃の巨人 第9話 : 誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ)

    どういうメカニズムで巨人に変身できるのかは、今後明かされることになるだろうけど・・・・今回の描かれたことから考えるに、エレン単体で変身できるっぽいね。
    変身のキーは、感情にもよるんだろうけど、他にも要因はあるっぽい。


    巨人の異の中でどんとん消化されていく仲間たちを見てエレンが咆えたら、 腹を破ってエレン巨人爆誕! 同化して乗っ取ったとかじゃなくて ガチの変身だったのかーとか思ってたら変な顔でとんでもない寝言を言って、 目が覚めたら思いっきり大砲を向けられてた! どんな夢オチだよ!
    (真実悪路 進撃の巨人 9話「左腕の行方 -トロスト区攻防戦(5)-」の感想)

    巨人の時の意識が全くないってのは、ネックだよ。
    本能に任せるしかないとなると、戦術的に利用が限られるからね。
    ただ、コントロール不可能では無さそうな感じではある。<これも、感情や意志の問題になりそう。


    『エレンが巨人だった』 という情報だけが伝染し、その他兵士達はエレンが人類の敵であると判断。 まぁあんなスマイルで「殺してやる」なんて言ったらそりゃみんなビビるよね・・。 そんなエレンを庇うのはもちろんミカサとアルミン。
    (『進撃の巨人』9話感想 リヴァイ兵長カッケェェ!! 特技は肉をそぎ落とすことだったミカサ : CLOUDY ROUTE)

    ジャンはともかく、利用できると強力な武器になると言っていたアニとライナーが一緒にいなかった時点で、厳しいね。<アニは客観的に行っただけだろうけど、ライナーは仲間意識高そうだったのにね。
    それだけ、いまのエレンを受け入れるのは難しいってことだろう。


    私の特技は、肉をそぎ落とす事です …必要に迫られればいつでも披露します 私の特技を体験したい方がいれば、どうぞ一番先に近づいて来て下さい 言葉は少々変だけど、いつ何時でもミカサってカッコよいな^ω^ エレンを護ろうとするミカサ  そんな強いミカサをさすがに無に出来ない調査兵団ww
    (進撃の巨人 第9話 - 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w))

    ミカサの能力は、よほど知れ渡っているらしい。
    先の防衛戦で、いったいどれだけ活躍したんだよ?!(;^_^A
    それにしても、このシーンのミカサは迫力があった。<前回の乙女モードが嘘のようだ。(^-^;


    何が何でもエレンを護ろうとするミカサがとってもカッコいいし頼もしすぎて困るんですよねw 「どこの誰が相手だろうと、エレンが殺されるのは阻止する。これ以外に理由は必要ない!」 たとえ相手が同じ人間だろうと自分より目上の人間だろうと、エレンに仇なす存在ならば何人たりとも容赦する気のないミカサはある意味筋が通ってる……のかな?w 相変わらずエレン一筋でスゴく一途ですよねぇ、ミカサだったらたとえエレンの正体が巨人さんで人間に化けていたとしても問題なく受け入れそうですw
    (進撃の巨人 第9話「左腕の行方--トロスト区攻防戦5--」 - 惑星観測所の記録)

    間違いなく受け入れるよね・・・・・つーか、もう受け入れているでしょう。
    これはもう、まさしく「外見ではなく、中身に惚れてる」ってことだよ。<ジャンにはもう、望みはないな。_(^^;)


    ・「俺が巨人じゃないと思っているのは俺だけか…」 これはエレンにとってキツイねぇ。味方のミカサとアルミンですらエレン=巨人を否定してくれないんだから んー?エレンは巨人の口の中に入ったことも忘れてるのか。アルミン助けたことも、その前に左足?一本持ってかれてるのも。
    (【進撃の巨人】アニメ第9話 「左腕の行方」 : goooldfish)

    あれだけ巨人を憎んでいたエレンですよ。
    自分が巨人呼ばわりされたら、激昂しそうなものですけどね。<思ったより、落ち着いていると思った。
    ミカサとアルミンの態度、そして記憶が無いことから受け入れざるを得なかったのかも知れんけど、それならそれで、凄まじい自己嫌悪に陥りそうなものだが・・・・。<つまり、無意識ではあるが、この時点で(父の言葉を思い出す前に)認めているってことなんだろう。


    エレンの父・グリシャの言葉により,今後の方針が明確になったと思います。 - ウオールマリアを奪還し,かならず地下室へとたどり着け! - これは今後もエレンの胸の内だけの秘密なのか,それとも人類共通の認識へと広められるのか。 上手く周囲に広められるといいのですが。
    (ひそか日記 進撃の巨人 感想 第9話 「左腕の行方」 -トロスト区攻防戦5 -)

    今後、エレンの処遇が決まったら、とりあえずの目的はシガンシナの実家の地下室へ行くことになるだろうけど・・・・・ウォールマリアも奪回しろって言っているんだよね。
    ただ、地下室にたどり着くだけではダメってことなんだろうか?


    アイキャッチは調査兵団についての説明 調査兵団は壁外の探索活動が主な目的だがウォール・マリア陥落以前と以降では活動が異なる 陥落以降の活動は来たるウォール・マリア奪還作戦二回目のために兵站拠点を作り大舞台が移動する順路を作成すること
    (Spare Time 進撃の巨人 第9話「左腕の行方-トロスト区攻防戦⑤-」)

    現在の調査兵団の活動範囲は、ウォールマリア内に限られていそうな感じ。
    となると、シガンシナにたどり着くのは、相当困難を伴うってことだろう。
    その辺を理解しているから、グリシャはウォールマリアを奪還しろって言ったのだろうか?


    ”注射”のことだけが頭に残って他に注目していなかったので、 もう一度torneで2話を振り返ってみたところ・・・あの時点で既に鍵はエレンのもとにある。 つまり、あの映像は予知夢でもなんでもなく。母親の死後、エレンは父親と再会していた。 その際に鍵を託され、涙ながらに謎の注射を打たれた。役に立つからと。 親父さんは注射のせいで記憶障害が起こると言っていたが、 第1話の冒頭でもエレンは・・・ミカサに起こされて・・・あれは何を意味しているんだろう。 その前から注射を・・・しかし、親父さんの台詞からしてそれはありえなさそう。
    ((アニメ) 進撃の巨人 第9話 感想:~Fantasy Earth Blog~)

    いつ注射を打たれたのか?・・・・・ってのは、今後のキーになりそうだね。
    少なくとも、シガンシナ陥落後に一度はグリシャに会って、注射を打たれているのは間違いなさそう。
    ただ、一度とは限らないんだよね。
    もしかしたら、巨人への変身のための処置は、もっと前から行われていたのかもしれない。<1話の冒頭は、そう考えると辻褄が合う。
    もしくは、生まれた時から持ち合わせていた能力の可能性もかんがえられるね。<注射は、その封印を解いただけかも?!
    注射一本で巨人になれるんだとしたら、ミカサも処置されている可能性もあるんだから。


    今回の場面でも、巨人に変身して榴弾から仲間を守るより、毅然とした態度で自身が人類にとって有益な存在であることを理路整然と説いて欲しかった。実力行使ではなく、そういう仲間の守り方が見たかったな。
    (進撃の巨人第9話「左腕の行方 -トロスト区攻防戦(5)-」雑感 なでしこやまと)

    理路整然と説いても、あのヘタレ指揮官が聞く意味持たなそうだったけどなw
    解っている範囲の説明は、きっとエレンが気づく前にアルミンがやっているだろうし。<それでも、あの状況に陥った。
    それに、ジャンやアニ、ライナーも状況説明はやったんじゃないかな?<状況説明も、大事な任務と言っていた回があったような・・・・。


    指をかんで巨人化を始めるエレン・イェーガー。 もう言い訳はできません。 さてナゾを握るエレンパパ。 いったい何をしたのでしょう? 巨人を人間にしてエレンとなったのか? それともエレンを巨人化する実験をしたのか? これは生殖によって増えない巨人の謎がわかるかも知れません。 もしや巨人は巨人となる病気にかかった人間?なのでしょうか。
    (あきひろのコミックニュース 進撃の巨人第9話『最強のリヴァイ兵士長と再生したエレンの左腕!!』感想)


    エレンの記憶のはっきりしないのは  父親の注射にも原因があるようですが  どうやらこれは【巨人化】したと  解釈していいんでしょうかね?  トリガーは自傷?もしくは負傷かな?  とにかくある程度は自分の意思で  動かすことが出来るようですね。
    (荒野の出来事 進撃の巨人 第09話 感想)

    変身の2つ目のキー。
    指を噛んだのは、何かのきっかけだよね。
    でお、単純に怪我をしたと肉体の一部を欠損したことがキーになるならば、アルミンをかばって腕を失った時に変身しているはず。
    おそらく、強い意志、もしくは感情と指を噛んだこと(怪我や肉体の一部欠損)が重なった時に、変身んできるんじゃないだろうか?
    さらに、父・グリシャは「この力を支配し無くてはならない」ようなことを言っていた。
    となると、強い意思を持って変身すれば、意識を保って動ける可能性がたかいだろう。


    エレンは自分の指を噛み、巨人化っ・・・! というか中途半端に巨人になった感じ? なんでそのやり方を知っているのか それはどうやら回想シーンに出てくる親父との会話によるものらしいです。 回想シーンの父ちゃんが怖すぎて何が何だかでしたがw 「彼らの記憶」とは果たして? そして親父はなんでそんなお薬をもってたの?
    (【アニメ】 進撃の巨人 第9話 「左腕の行方 ―トロスト区攻防戦5―」 感想:この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・)

    「彼らの記憶」ってのも、気になる言葉だよね。
    注射で打たれたのは、遺伝子情報をいじるマイクロマシン的なモノか、もしくはウィルス的なものか・・・・・しかも、それには意志が宿っている可能性があると。
    ・・・・・もしかしてこの世界は物凄い未来で、文明は衰退したけど、オーバーテクノロジーが隠されていたりするのかな?<そうだとしたら、話の辻褄も会うよ。
    もしくは、壁の外とか他の大陸には、未来の科学文明が広がっている・・・・とか。<巨大の壁の中の人類生存領域は、実はある種の実験場として機能しているんじゃないか??


    エレンの父親がなぜ巨人化の薬を持っていたのか、なぜそんな薬が作られたのか、を考えると、もともとこんな世界になった理由も人間と人間の戦い、人間の欲望やエゴだと思えますけどね。そのあたりは物語の根幹ぽいので明かされるのはいちばん最後になりそうですが。
    (Little Colors : 進撃の巨人 第9話 「左腕の行方 -トロスト区攻防戦 5-」 感想)

    結局、人間vs巨人の単純な戦いを描くバトルもの(戦記モノ?)ではなく、主人公とその仲間たちが巨人の謎を解きつつ、世界の秘密に迫っていくお話になりそうな予感。
    果たして、どんな謎なのやら?
    そしてエレンの親父さんが何者で、一体どこへ行ってしまったのかというのも、物語の根幹に関わりそうな気がしています。
    イェーガー親子の再会も、期待したいですね。


    それにしても 骨格やら筋肉組織やら作画泣かせなシーンが多いですね(^^;
    (空 と 夏 の 間 ... 進撃の巨人 第9話「左腕の行方-トロスト区攻防戦5-」)

    全く、頭が下がる思い。<(_ _)>
    2クール目もあるし頑張って貰いたいものだが・・・・・・大変そうだな。
    なんとか、現場の制作スタッフを、直接励ますことは出来ないものだろうか?

    とりあえず、
    応援してます!!p(^^)gがんばって!



    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1100-a598991f

    進撃の巨人 TokyoMX(6/02)#09

    第9話 左腕の行方-トロスト区攻防戦5- 公式サイトからトロスト区全域で繰り広げられた人類と巨人との死闘。アルミンの目の前で巨人の餌食となったエレンだったが、自ら巨人となりミ
    • [2013/06/12 19:46]
    • URL |
    • ぬる~くまったりと |
    • TOP ▲
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。