with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『進撃の巨人』 第8話の評判 、及び感想と考察 

    『進撃の巨人』 第8話 「心臓の鼓動が聞こえる -トロスト区攻防戦3-」
    を観ました。
    今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。



    第1部<完>!・・・・・って感じ。
    今までの展開が、大きく方向性を変えることと成った『進撃の巨人』の第8話です。
    おそらく、今回のラストを見て衝撃を受けた方が多いと思います。
    そして、その評価が大きく別れることになる回でもあったんじゃないかな?
    OPで、人類の知恵と技術の粋を集めた戦術で、巨人に立ち向かう人間たちの群れ。
    あのシーンに熱くなっていた人は、冷水をかけられたような気になったかもしれません。
    オレも、最初の1話を見た時は、あの絶望的な状況から人間がどう戦って生き延びる道を見つけるのか?!
    そんな展開を期待していましたよ。
    しかし、実際に巨人との戦闘がはじまってしまったら、それが違うんじゃないかと思い始めた。
    確かに立体機動装置を使った人間は、巨人に立ち向かうことが出来る。
    でも、それはミカサのように人間離れしたセンスと身体能力を持っている者に限られた。
    そのミカサでさえ、果たして複数の巨人と対峙した時、生き残れるかどうか?
    巨人の数が少ないならば、複数の兵士で対応することにより各個撃破できるかもしれない。
    だが、巨人の数もかなりのものですよ。
    しかも、立体機動装置を使った高速機動にも反応できるほど、ヤツラの動きは速い。
    おまけに、動きの読めない奇行種まで存在する。
    さらに言えば、頼みの綱である立体機動装置は、ガスが切れれば使えないという時間的制限まで存在する
    個別の戦闘力、物量、必勝の戦術・・・・・・あらゆるものが、圧倒的に足りない。
    それほど、巨人との戦いが絶望的なモノであると、この「トロスト区攻防戦」は見せてくれましたよ。
    結果として、巨人は今の人類では太刀打ちすることが出来ないという事実を突きつけられたわけです。
    OPの立体機動のかっこ良さ。
    巨人に立ち向かう者達の覚悟、過酷な訓練、研究されて露わとなった巨人の弱点、改良された兵器・・・・・・全ては、人類がヤツラに対抗できるんじゃないかという希望を持たせるための演出だったんじゃないかな?
    でも、それはあっさり覆された。<主人公の無残な敗北によってね。
    ジャンの言葉ではないが、こんなデカイ奴らに、ちっぽけな人間が敵うわけはない・・・・・。
    希望が、限りなく深い絶望へと変わった。
    そこに来て、
    巨人を襲う巨人の登場ですよ。
    次から次へ、人類を蹂躙していた巨人たちを倒して行く筋肉質の巨人。
    さらに、戦いが終わり、傷つき倒れた巨人の体内から・・・・・・何故か主人公が復活!

    物語の流れが、根底から覆された瞬間ですよ。

    ちっぽけな人類が強大な力を持つ巨人を倒して行くという物語から、
    そもそも巨人とは何なのか?
    巨人は何のために人間を襲うのか?
    主人公は、どうやって巨人となって戦っていたのか?<もしくは、どうやって巨人をあやつっていたのか??
    人類が生き残るには、ただ単に戦って斃すだけでは足りない。
    ・・・・・・そういった謎を解き、真相に近づく必要がある
    そんな謎を追求する物語への転換。

    これは、賛否別れることでしょう。
    オレは、面白いと思うけどね。<謎解きとか考察とか好きだし。(^-^)
    でも、これで見るのやめちゃう人も多いんだろうなぁ・・・・・・┐('~`;)┌

    さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。


    アルミンが巨人を狩る巨人を利用して上手く本部へ誘導して倒させる。 そんなこれまでの常識を根底からひっくり返す発案をして、 ミカサがそれに乗ったことで最小限の戦闘で勝利の可能性を掴み取る話。 ジャンが仲間を踏み越えて進んだこともあって結果として上手く行く具合。 追い詰められて追い詰められてようやく掴んだ勝機でもあり、 それぞれが必死に勇気を振り絞って一撃必殺に賭けるシーンは最高潮。
    (真実悪路 進撃の巨人 8話「心臓の鼓動が聞こえる -トロスト区攻防戦(4)-」の感想)

    アルミンはようやく活躍できたね。
    そしてジャン。
    一番、人間臭いというか、苦悩しながら成長しているのが判る様になっている。
    この二人は、エレンとミカサがあまり普通とはいえない精神構造をしているように描かれているのに対し、読者に近い目線で世界を見ているように感じる。
    アルミンは当然のことながら、ジャンも今後は重要なキャラとして活躍してくれるんじゃないかな。


    巨人を襲う巨人に助けられたミカサ。 この巨人は奇行種?なためかどうやら人間には興味を示さず、本能的に巨人を襲います。 アルミンはその巨人の性質を利用した作戦を提案をします。 1.ミカサとコニーで周囲の巨人を駆逐 2.巨人を襲う巨人は新たな敵を求め移動 3.その他複数の巨人は本部に集中しているため、自然と本部へ向かうはず つまり巨人と共に巨人を倒すという作戦。 危ない賭けのような気もしますが、良い作戦じゃないスか?
    (『進撃の巨人』8話感想 巨人の中からイェェェガァァァ! ヒロインの座を奪い合うアルミンとミカサ : CLOUDY ROUTE)

    アルミンの、非凡な才能がここで示される。
    さすがは、座学トップというところだろうか?
    今後は、軍師的な活躍が期待できるね。


    ジャンとコニーが熱いじゃないか・・・! ただのエレンいじめ役かと思ってたのに、コニーの土壇場の行動力とジャンの指揮能力、そしてアルミンの作戦で絶望的状況をひっくり返す! おもしれぇええ!!
    (進撃の巨人 第08話 心臓の鼓動が聞こえる -トロスト区攻防戦④- 猫が唸る感想日記/ウェブリブログ)

    ジャンの評価も上がったが、コニーも頑張ったね。
    好感度上がったよ。
    やっぱり、実戦で力を発揮するタイプなんじゃないかな。<本部内では、下手こいたけどさ。


    巨人があそこ(仲間が捕食された場所)に集中している今こそがチャンス。 補給所に行けるのではないかと。 ジャンは皆に呼びかけ、補給所へと急ぐ。
    (僕らは二次元のなかで 進撃の巨人 第8話 「心臓の鼓動が聞こえる ――トロスト区攻防戦④――」 感想)


    ジャンの決意ある行動は、エレンのグループ(調査兵団)に入る 伏線でしょうか?
    (あきひろのコミックニュース 進撃の巨人第8話『決死のジャン・キルシュタインとミカサの涙の理由!!』感想)

    ジャンの判断があったからこそ、あれだけの人間が生き残れたんだと思う。
    まさに、英断といえる行動。
    それでも、自分の行動が正しかったのか、苦悩するジャン。
    ホント、好感度上がったよ。<男も上げたね。


    巨人を誘導することを思い付いたアルミンには正解を導くチカラがある、というのは今後につながっていくものかな。アルミンに超人的な戦闘能力はなくても戦略の面でチカラを発揮して仲間と並び立つのもいいね。それに戦略と戦術は両方とも必要です。 今回は弱者の目線も語られていて良かった。弱いからこそ弱い者の気持ちが分かる、そこに判断力が合わされば的確な指示が出せて、その結果多くの者が生き残れる。みんながみんな強い訳じゃないから、そういうものも必要なんですよね。ジャンもカッコイイと思うよ。
    (Little Colors : 進撃の巨人 第8話 「心臓の鼓動が聞こえる -トロスト区攻防戦 4-」 感想)

    この二人の、人間らいい弱さ。
    弱者の目線というのがリアルで、読者を共感させるんじゃないかな。
    対巨人戦に関しても、普通の人間がどこまで戦えるのか、その限界を示すキャラになりそうな予感。
    ジャンには、今後もエレンと行動を共にしてほしいものだ。<エレンと対になる人間目線の存在としてね。


    並の巨人より強いし派手に暴れてくれているうちは本部は潰されないはず って、奇行種に見える巨人についてどこまで知っているのかと訊ねてきたライナーが意味深… まずは何より助かってからだけど、最初から正体知ってるっぽいやりとりだったのが気になる
    (Spare Time 進撃の巨人 第8話「心臓の鼓動が聞こえる-トロスト区攻防戦④-」)

    ライナーのセリフは、意味深に感じた。
    アニとの会話もね。


    「こいつを奴らのケツにブチ込む!」 アッー!うなじ以外にもこんな倒し方があったとは(^^; でも、なんでライナーさんはあんなに嬉しそうな顔してたんでしょうかねw ここの会話と表情だけ見てるとライナーさんはあっち方面の方に見えてなりません(ノ∀`) 「ライナー、それがお前の最期の言葉になるかもしれねぇぞ」 最期のセリフが「ケツにブチ込む」なんて嫌だw
    (進撃の巨人 第8話 「心臓の鼓動が聞こえる -トロスト区攻防戦 4-」 リリカルマジカルSS)

    今回、数少ない笑えるシーン・・・・・・だと思う。
    ジャンの返しがなかったら、冗談だと気づかなかったよ、ライナー・・・・・(^^;


    まわりの巨人を奇行巨人が相手してる間に、アルミンは作戦を提案。 内部に潜入してる7体の小型巨人を、残存メンバー全員の連携で倒す。 他にもっと良い作は無いのか…自信のないアルミンですが。 ミカサは前にも助けられたアルミンを信じると。 どう助けたのかは、そのうち語られるのかな?
    (空 と 夏 の 間 ... 進撃の巨人 第8話「心臓の鼓動が聞こえる-トロスト区攻防戦4-」)

    気になるところだね。
    ミカサ以前に唯一、エレンの友達だったアルミンですよ。
    ミカサは、エレンが信頼していると言うだけで、アルミンを信頼しそうだけどね。
    それだけじゃなさそうな感じ。


    ようやくアルミンの本領を発揮できるようになり、しかも結構無茶な作戦を遂行する精神力をみんなが持っているのは奇跡。 あのリフトでじっと引きつけるところなんか、並の精神力じゃ無理ですよね。 自分だったら、速攻引き金引いてしまってたと思うw サシャが若干しくってたけど、ミカサとアニの強すぎる女子2名によってなんとか事なきを得た。 つか、あんな状況でよく冷静に動けるよなぁ。すげーわ。
    (NEO煩悩-アニメ本店- - 進撃の巨人 8話「心臓の鼓動が聞こえる ――トロスト区攻防戦④――」)

    リフトの乗っていた連中も、さすがは訓練兵団で鍛えられた猛者ってことなんでしょう。
    巨人たちが、一斉にリフトに向かて来なかったら終わってたもんな。(-_-;)


    7体の巨人を引き付けて顔面に銃を発射するシーンなんですが・・・ 時間をかけて描いているのが印象的でした。 アルミンたちの感じている緊張感がそのまま感じられたなぁ。
    (新しい世界へ・・・ 進撃の巨人 8話「心臓の鼓動が聞こえる-トロスト区攻防戦4-」)

    今回、一番緊迫したシーンだったね。


    後ろから 突然 …大変失礼しました やっぱりオチ担当のサシャだよね。゚(゚ノ∀`゚)゚。
    (進撃の巨人 第8話 - 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w))

    サシャは、相変わらず笑わせてくれるw
    今回、笑えるシーンその2だったね。


    ・「俺が指揮役に向いてるとは思えねぇ。もうあういうこと言うな」 おや、なんかジャンさん色っぽいすよ? え?15歳?マジ?中3くらい?マジ? ・「ジャンの指示は正しかった、だから僕は飛べたしこうして生きている」 遠回しの告白かと思ったわ。 ジャンはアレだな。男にモテるタイプだな。変な意味じゃなくて。 結果報われないことが多いタイプだわこりゃ。
    (【進撃の巨人】アニメ第8話 「心臓の鼓動が聞こえる」 : goooldfish)

    マルコは、ジャンを理解しているよねぇ。
    この二人の友情もいいよ。
    ・・・・・・でも、普通に男同士の友情ってことだよ。(^^;<「あーっ!」って意味じゃなくw


    奇策士アルミンの3m級7体殲滅作戦は大体良いと思うけど、天井に忍ばせているのを7人にしぼる必要は無いよな。第1陣で失敗したら第2陣が天井から跳べば良いのだから。 巨人がサシャを攻撃するのに後ろを向いた事から、鉄砲撃ってた人、マルコあたりが刃に持ち替えて跳び降りるのがベストな気がするが。失敗の備えとして。
    (「進撃の巨人」8話 - 懐柔する怪獣)

    その辺は、オレも思った。
    でも、人間が多い方に近づいているという巨人の修正を利用しているから、奇襲班は最小限にしたっ勝ったのかも?!
    あと、巨人の急所を銃で撃っても斃せないのかな?・・・・・という疑問は感じた。


    脱出するモブ兵をよそにモブ巨人に喰われるガチムチ巨人を気にするミカサ。巨人が巨人を喰う? ガチムチ巨人から情報得られればと考えるミカサに賛同のライナー達。 「例えばあの巨人が味方になる可能性があるとしたら、どう?」 実はアニのこの発言はちょっと意外だったwなんか普段から不機嫌っぽい顔で無口なイメージで、自分から率先して意見を言うタイプと思ってなかったもので。 トーマスを喰った奇行種の巨人に襲いかかるガチムチ巨人!?なんで急に動き出したんだ???
    (m(_ _)m巨人に謝る芋女 ~進撃の巨人 第8話「心臓の鼓動が聞こえる ――トロスト区攻防戦④――」~ 悠遊自適)

    巨人たちが、ただ応戦するだけでなく、筋肉質の巨人を食っていたのも、そしてトーマスを食った奇行種に最後の力を振り絞って襲いかかっったのも、ラストの真実を考えると、意味があったんだと思える。
    巨人が喰らうのは「人間」<筋肉質の人巨人を、「人間」と認識していたのかもね。
    トーマスを食らった巨人を、筋肉質の巨人は許せなかった。<筋肉質の巨人=エレンだったから。


    巨人を倒す奇行種はエレンだった。 しかし中からエレンが現われました。 なんか生体兵器の様でしたね、しかもタイムリミットがあるようですね。 巨人は生物ではなく、兵器なのでしょうね。 巨人に食べられて意識を乗っ取ったわけでもなさそうです。
    (進撃の巨人 TokyoMX(5/26)#08: ぬる~くまったりと)

    どういうシークエンスで、エレンが巨人になるのか?
    そして、どんな制限で巨人化が解けるのか・・・・・その辺も、気になるトコロ。


    ミカサさんが改めて女の子なんだなーって思ったな、と。 無我夢中で走りました 奇行種の中からエレンの姿を確認した途端に無我夢中で走ったんですよ? どんな時も冷静沈着な彼女が。  駆け寄って行ったんすよ? あの走ってる時、エレンは生きてるの?どうなの?一体何が起こってんだ?とか言う、 あまりにも突然のことで整理の付かない心境だと思うのです。 けど抱きしめた時の表情を見ると、そんなものどうでもよくなってしまうんだろうね。 大号泣 大 号 泣(T_T) もう二度とエレンを見ることがないと半ば命すら諦めてしまったりと、並みの人がドン引きする位、 ミカサにとってはエレンが全て。 思えば、巨人になっても何だかんだでミカサの窮地を救ってたりしてたし、尚更ねぇ(笑)
    (進撃の巨人 第8話 : 誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ)

    ミカサが、初めて女の子らしい表情を見せたと思う。
    前回、あれだけの決心をしただけに、尚更胸に来るものがあった。
    そして、巨人だったエレンが、しっかりミカサを守っていたところにもね。


    エレンに駆け寄って大泣きするミカサがあまりにもかわいすぎた。 これはミカサヒロインですわ。 壁の上にのぼってもなお同じポーズで抱きついたままってのがポイント高すぎますわw そして負けじとアルミンも行くっ・・・! エレンの再生している左手に対して 恋人握りだっ・・・! さすがアルミン、女子力では負けてないぜ(何の勝負か
    (【アニメ】 進撃の巨人 第8話 「心臓の鼓動が聞こえる-トロスト区攻防戦4-」 感想:この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・)

    今回のミカサは、普通にヒロインらしかったよね。
    でも、それを上回るアルミンのヒロインレベルが・・・・・・恐ろしい子!w


    問題は何故エレンが巨人になったかですが……どう考えても父親に打たれた 注射が原因でしょうね。 エレンの父親は巨人に対抗するために人間を巨人にする研究をしていた? 巨人になるというよりも、巨人型の生体兵器を着こむという方が 正解なのかもしれませんが。 嫁が巨人に殺されたことで、マッドな人になってしまったのかな。 エレンに見せるつもりだった地下室、あそこでは元々巨人の研究を していたのでしょうか。
    (ひえんきゃく 進撃の巨人 第8話 「心臓の鼓動が聞こえる」 感想)

    今後は、その謎を解いていくのが物語の根幹を成していくんだと思う。
    巨人を単に駆逐するんじゃなくて、巨人とは何なのかを探っていくのがね。
    そしてエレンの父親と、あの地下室の鍵は、大きなヒントになっていくんだろう。


    仕組み自体はまだよく分からないし一部だけ特殊という可能性もあるけど巨人の中には通常人類と同じサイズの核となる人が存在しているらしい。エレンが発見されたのも首の後ろのあの位置ということでこれであの部位を切ることで巨人を仕留められる事とも繋がる。つまり中の人(本体)を倒せば巨人も死ぬと。他巨人の中身が人とは限らないけど。 エレン巨人を見ると巨人になると人を喰らうこと以上に「一番の欲望に忠実に動くようになる」特性があるとも見れるけど、そうだとすると他の巨人達が人を喰らうのはどういうことなのか。
    (進撃の巨人 第8話 「心臓の鼓動が聞こえる -トロスト区攻防戦④-」 ムメイサの隠れ家)

    巨人の急所の位置からエレンが現れたことを考えると、すべての巨人は急所の位置に核となる人間がいるのかもしれない。
    ただ、普通の巨人は、死んだら何も残さずに消えていく。<人間は残らない。
    その点は、気になるね。
    もっと気になるのは、エレンと同じような巨人になれる人間がいるんじゃないかということ。
    突如現れ、そして忽然と消える超巨大巨人・・・・・ヤツは、人間が巨人になっていると考えると、その神出鬼没さにも説明がつく。
    そうなると、鎧の巨人も怪しくなってくる。<超巨大巨人も、鎧の巨人も、人間を喰らっているシーンはないんだよね。
    果たして、真実は?!?!


    巨人殺しの巨人はエレンが動かしてたってこと? 逆を言うと、巨人の中には皆人が入ってる? モビルスーツみたいなものか? そうだとすると、人を襲う理由が分からん。 弱点がうなじってのは動かしてる人間を攻撃してるってことで解決するけど。
    (進撃の巨人 #08 「心臓の鼓動が聞こえる-トロスト区攻防戦④-」 迷走中の感想日記/ウェブリブログ)

    普通の巨人は、多分意思を持った人間が入っているわけじゃないんじゃないかな?
    それこそ、エヴァのダミープラグ的なものなんじゃなかろうか??


    あちこちで交わされる何気ない会話。もう少し回を重ねたら再度確認してみましょう。フラグ・伏線乱れ撃ちだと思います。
    (脇固め!? 進撃の巨人/第8話・心臓の鼓動が聞こえる - Yahoo!ジオシティーズ)

    気になりますよね。
    ライナーがコニーに言ったセリフとか、ライナーとアニの意味があるんだかないんだかわからないセリフ。


    『巨人になる可能性がある人間』  という意味では主人公は危険なわけだし  今まで見てきた中で、大人になればなるほど  巨人がいかに危険な存在かを認識してるわけで  その常識はすぐには拭えないのだから  いきなりそんな危険な存在を  受け入れようなんて気にはならないよ。
    (荒野の出来事 進撃の巨人 第08話 感想)

    ミカサとアルミンはともかく、他の連中はね。
    巨人の状態だったエレンを利用できると言っていた、アニは味方してくれるかもしれない。
    もっとヤバいのは、エレンに救われたメンバー以外にこの話が漏れること。
    危険視されることは間違いない。
    そして一番問題なのは、
    エレン自身が、憎み、駆逐すべき存在と想っていた巨人に、自分がなってしまったことを受け入れられるのかどうか?
    その辺が、次回のみどころかな。


    - 人間が変身ヒーローのように巨人化して巨人と戦う - これには賛否両論あるんでしょうね。 私はマンガで読んだときにどう思ったっけ…。意外な感じはしました。 てっきり,「進撃の巨人」は「人間サイズの人類がどうやって巨人に立ち向かうのか」という話だと思いながら読んでいたので…。編集者サイドも,この設定変更には当時猛反対したらしいですね。
    (ひそか日記 進撃の巨人 感想 第8話 「心臓の鼓動が聞こえる」 -トロスト区攻防戦4 -)

    そうだろうねぇ。
    エレンが巨人になることを知った今となって考えると、その辺を考慮した演出がなされているような気がするんですよ。
    アニメ化の際、かなり知恵をひねったんだろうなぁ・・・・。


    忌憚なく言わせてもらえれば、すっげーつまんない展開ですよ。 こんな風に巨人が巨人を倒したところで何も爽快感なんて生まれないと思うんですけどねぇ。アンチジャイアンツファンが、巨人と巨人の紅白戦を観て楽しいですか? 石仮面で吸血鬼になったディオに勝つため、ジョナサンも同じように石仮面で吸血鬼になって対抗したら白けるだけでしょ? やっぱりそこは人間として勝利しなきゃ意味なくないですか?? 今後ピンチに陥るたび、エレンが巨人になって戦うようになったら興醒めってレベルじゃない。これじゃあ、せっかくの立体機動アクションも霞んじゃうんじゃないかと今後が心配。
    (進撃の巨人第8話「心臓の鼓動が聞こえる -トロスト区攻防戦(4)-」雑感 なでしこやまと)

    こういう意見は、出てきて当然なんだよね。
    デカイ巨人を、人間がどう知恵を絞り、技術を尽くして斃すのかを楽しみにしていた人は当然そう思うでしょう。
    でも、そうなると「ウルトラマン」を全否定することになるんだよね。
    ジョジョの例えも、ジョナサンは石仮面が作り出す吸血鬼を斃すのに特化した「波紋法」を習得するわけだし。
    とは言いつつ、オレもジョジョは3部が始まって読むのやめたクチだから、偉そうなことは言えんけど。

    個人的には、この展開もアリだと思っている。
    次回も楽しみですよ。(^-^)




    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1095-063e6792

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。