with Ajax Amazon

    05 | 2017/06 | 07

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『革命機ヴァルヴレイヴ』 第2話の評判、及び感想と考察 

    『革命機ヴァルヴレイヴ』 第2話 「666を超えて」 を観ました。 今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。 いろんなSF&ロボットものの要素を盛り込みすぎて、収拾がつくのか心配になってしまう『革命機ヴァルブレイヴ』の第2話です。 いろいろツッコミどころはありますが、なんで敵が『ヴァルヴレイヴ』という機体の名前を知っていたのかが気になりました。 こういうのって、ロールアウトするまでは機密文書とかでも普通計画名か番号表記だよね? それとも、制式名称ではなくコードネーム的なものだったんだろうか?? 噛み付いて意識が乗り移るのは、機体が操縦士が動けなくなった場合の緊急避難的な措置なんだろうな。 機体のほうが操縦者を自らの部品の一部として認識していそうな感じ。<故障したら、正規部品を修理している間に代替(コピー)品を使うような。 666秒についてはどうなんだろう? 100秒たったら強制冷却。 666秒で再起動ってことは、もしかして通常運用のためには暖機運転的に666秒が必要な機体なのかね? さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか? その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。
    刺されて撃たれて噛み付いた!Σ(゚∀´(ω・` )ガブッ 主人公ニンゲンやめて吸血鬼になっちゃったの!? あのロボ一体なんなの?? 吸血は性行為のメタファーなんだよ! 時縞ハルトとエルエルフの愛の物語なのかな(*・ω・*)? (革命機ヴァルヴレイヴ 第2話「666を超えて」感想 | 空色きゃんでぃ)
    そんな、薄い本が増えそうな悪寒w ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    目www 普通なら脳まで貫通して死にますよw て (続・真面目に働くアニオタ日記 : 革命機ヴァルヴレイヴ 第2話「666を超えて」)
    アードライくんね。<この名前も・・・・・アルファベットと数字って・・・・・・人間扱いされてないなあぁ。 都合よく片眼になったもんだ。 ・・・・・・・で、そのまま出撃とか・・・・・・遠近感なくなって、操縦とか慣れないと普通無理だよ。(-_-;) それとも、計器類の数字頼りで戦闘可能なくらい凄腕ってことか?<計器飛行的に。 あと、指揮官も隻眼で、キャラかぶるんじゃね??
    この作品の主人公は比較的受け入れやすく  戦争という状況と、復讐という目的を  しっかりと頭に入れ、それを遂行しようとし  人を殺し、人で無くなった自分すらも  現実として事実のまま悲しんだ…。  今までの右往左往する従来の主人公タイプとは  かなり違ったタイプではないかと思われます^^ (荒野の出来事 革命機ヴァルヴレイヴ 第02話 感想)
    そうなんだろうか? どちらかと言うと繊細な、周りの雰囲気に流されてフラフラしそうな主人公と思うのだが・・・・。
    戦いとか考えもなかったハルトが短期間で変わったものです。 復讐心はここまで人を変えるものなのか… (空 と 夏 の 間 ... 革命機ヴァルヴレイヴ 第2話「666を超えて」)
    復讐心は人を変えるけど、倫理的な箍を外すのはそう単純なものじゃないと思う。 これは、ハルトの意識がエルエルフの身体に乗り移ったことで、身体的能力だけでなく、精神的な部分もエルエルフのモノに影響を受けていたからなんじゃないかな?
    一般人キャラが戦争に出る際の最初の壁である「人を殺す」という部分については、ヒロインを失った憎しみで乗り越える形に。犬塚とのやりとりからは、激情と言うより底暗い憎悪といった感じがしてあまり主人公らしくない。ショーコの死があっけなく悲劇としてのドラマ性に欠けていたこと、彼女以外の死者に対する認識が描かれていないせいかなあ……しかもそのショーコの生存が今回で早々に判明するので、暗い感情を乗り越えるカタルシスもないという。「これは戦争なんですよ」と言っているけど、戦争という言葉を自分の行動の正当化に使っているように見える。 (Wisp-Blog手を出して、縛るから/革命機ヴァルヴレイヴ2話感想)
    エルエルフの身体を使っていた時にハルトが、身体の持ち主の精神的影響を受けていた証拠じゃないだろうか? 戦争を知らない子供なんでしょう、ハルトって?
    ハルトの決意に応えキューマがヘリを操縦。 素人が操縦できるかよ(笑) (学園都市の住人の戯言 : 『革命機ヴァルヴレイヴ』第2話)
    未来世界では、きっとオートマ限定並に機械のの操縦はかんたんになっているのだよーーー(棒w)
    サキさんはもっとツンケンしたキャラかと思いきや 体の入れ替わったハルトにもう一度噛み付けば 戻るんじゃないとお気楽に提案したりと 思いの他、子供っぽさのある子で (腐った蜜柑は二次元に沈む その壁を越えたとき【アニメ 革命機ヴァルヴレイヴ #2】)
    この娘は、きっとヤバいキャラ。 トラブルメーカーと言うか、普通の生き方ができないというか・・・・・・・多分、スリリングな状況に愉悦感を覚えるような娘なんじゃないだろうか。
    ヒロインをコックピットに乗せるのは基本です!!お姫様抱っこならなお良かったがw、サキって娘が想像通りの娘で面白そう。1話見てもしやと思ったけど、「彼女は死んだのよ!!」とあっさりショーコの死を肯定したのもやっぱりそういうことなのか。銃撃の中、危険を顧みないで主人公の元へ行っちゃうし、なんて行動力だよ。この三角関係は面白そうだ。 (革命機ヴァルヴレイヴ 第02話 666を超えて 猫が唸る感想日記/ウェブリブログ)
    ハルトに興味を持ったというより、ハルトが置かれたスリリング状況に興味があったんじゃないだろうか?
    エルエルフの体にとって戦うのが日常なためか、 いきなり強くなって、人を殺しだしたハルト… まぁ、目的は仇討ちなんだけれど、 サキとか言うアイドルもこの先危ないって言うのに協力してくれて。 案外、ハルトに好意を寄せてるのかな~とか思ったり。 ショーコとハルトの対面に、すっと離れていったのが印象的だった。 (ジャスタウェイの日記☆ 『革命機ヴァルヴレイヴ』#2「666を超えて」)
    ショーコと再会したハルトには、あまり興味が無いように離れていったトコロも、彼女の異様な性癖を感じさせますよ。(-.-;)
    「ヴァルヴレイヴ」と「イデアール級機動殲滅機」の宇宙船も見ごたえ抜群だけど、  「ジオール」内で見られた居住空間に存在する湖に水の底が存在せず、そのまま  宇宙港と連結した構造になっているという演出に驚かされましたよ♪  なるほど、宇宙船はそのまま湖上に停泊するという形になるわけですね(>_<) (革命機ヴァルヴレイヴ 第2話 「666を超えて」 感想 : wendyの旅路)
    これは、なかなか面白い設定だね。 人工重力を遠心力で発生させているわけじゃないことが判ります。 真空との境界も、水面とは別に設定してあるようですね。 どういう仕組なんでしょう?
    イデアールのミサイル、ファンネルミサイルですか。 追尾能力が半端ないですよ。 (ひえんきゃく 革命機ヴァルヴレイヴ 第2話 「666を超えて」 感想)
    確かに、パイロットが操っているような描写があったな。 機械式ホーミングのほうが楽な気がしますけど・・・・・・・ガンダム世界のミノフスキー粒子的なモノがそんざいするのか??
    今回はハルトが得た特殊能力関連が興味を引いた回でした。 今後ハルトがこの能力をどう生かしていくか、すごく楽しみです。 (革命機ヴァルヴレイヴ 第2話 666を超えて | 窓から見える水平線)
    彼の性格的に、うまく活かせるとは思えん。 逆に、この能力が彼を苦悩させるばかりになるんでしょうな。
    こういう設定で行くんだったらこの便利な能力、もうバシバシ使ってくださいな。逆に使わないとおかしいだろ。敵戦艦に潜入とか女風呂に潜入とか色々使えそうじゃないですか。 (とりあえず第2話見て感想 革命機ヴァルヴレイヴ 「666を越えて」: くまっこの部屋)
    薄い本とか作る側にとっては、楽しげな能力だね。 個人的には、円盤のおまけ的な特典映像でスピンオフ的なコメディ作品を期待したいw
    エルエルフさん、気づいたらとんでもな状態だね。 仲間殺して裏切りものだし、最後は捕まってるし・・・ 殺したハズのハルトぴんぴんしてるし(汗) (革命機ヴァルヴレイヴ 2話「666を超えて」感想 : 気の向くままに)
    主役格が二人共不幸だけど・・・・・・・正直、エルエルフくんの方がより可哀想な気がしますよ。(-"-)
    縄抜けしサキを人質にとったエルエルフは武装解除信号を出すように促すもののここで アードライからどうして自分を撃ったのかといわれて見に覚えの無いことで混乱する羽目に~ 自分はやってないのにどうしてと動揺するエルエルフが可哀想過ぎるw というかクーフィアは一度戦ってみたかったとか逆に嬉しそうなんですけど戦闘狂ですか! (Spare Time 革命機ヴァルヴレイヴ 第2話「666を超えて」)
    エルエルフくん・・・・・・・その身に降り掛かった不幸は、すべてクーフィアくんにぶつけてもいいと思うぞw
    なんと本人からケータイに電話! さすがにヒロイン、簡単には死にません! エルエルフ(記憶が無い、俺の身体になにがあった!?) 捕虜→記憶が無い→錯乱系媚薬を使ったエロ漫画的展開。 (*´ω`*) (あきひろのコミックニュース 革命機ヴァルヴレイヴ第2話『エルエルフ×アードライ!!』感想)
    エルエルフくんは、薄い本でも不幸そうだ。(;^_^A
    宇宙で携帯つながるところは、ラグランジェ思い出したな あれはまだ「つながるのかよ」ってツッコミあったんだが ってか、宇宙空間に向けて電話しながら電池って単語はなんなんすかねw (革命機ヴァルヴレイヴ 第2話「666を超えて」の感想・動画:サスガノキロク:So-netブログ)
    宇宙空間にも中継基地があるのか、それともヴァルブレイブの変態的高性能のなせる技なのかw 普通は通じないよね。<電子戦も行われているだろうからさ。(^.^;
    ヒロイン・瀬戸麻沙美、普通に生きてた!?おい、あの距離で爆発して殺せてないってどんだけザル兵器なんだ?この子が生きてたってことは敵になるのは戸松さんのほうかな? 一番貧乏くじを引いたエルエルフ・・・なんかすごい感情移入してしまうな。 (革命機ヴァルヴレイヴ 第2話「666を超えて」 : 何気ない一日)
    貧乏くじは引いているものの、今までの行動が行動だけに・・・・・・・因果応報な気がしないでもない。<ただ、倫理観などとは縁がない世界で生きてきたような感じがするから・・・・・その分不幸なのかも?!
    エルエルフくんは、一目でコクピット内の設計思想と表示文字列の違和感に気付いており、ゲージが行動限界値でないことに気付いていた。集中攻撃を受け、混乱するハルトくんに、エルエルフくんは、何故か、そのことを告げている。 (Specium Blog 革命機ヴァルヴレイヴ 第2話 4/20 あらすじと感想 #valvrave)
    この辺は、冷静沈着で非凡さを感じさせます。 まずは生き残らないと、誤解を解くことも汚名を返上することもできないですからね。
    ハルトは化物扱いされた事でショーコに告白できず。となるとショーコ大勝利になるにはハルトの事情を知った上でショーコがハルトに告白するしか活路は無さそうな。それよりも事情を知っていて、それを受け入れてくれそうなサキの方が優勢か?どちらにしても、ショーコを殺されて復讐の為に戦っていたハルトは2話にしてあっさり戦う意味を無くしたっぽいんだけど大丈夫か? (2013-04-20 - 日々変わる様々な思い)
    ヒロインに「ハルトにしか出来ないことなんだよ!!」とか言われたら、なんだかんだ言いながら戦いの場に出て行っちゃいそうな主人公何じゃないかと思ったり・・・・・(^^;
    ARUS軍が到着して、ジオールは解放されるのか、  その辺りが良く分からないですね。 (革命機ヴァルヴレイヴ TBS(4/19)#02: ぬる~くまったりと)
    結局、併合状態のままなのか、開放されたのかよくわからないまままでしたな。 まぁ、ドルシア側からは開放されていないと、話は進まない気はしますけどね。
    まさに「僕じゃない…僕じゃない…僕じゃない…」状態でしたねwww 前回のラストから、いろいろと次の展開を想像しましたが、精神が入れ替わるとは意外でした! エリート兵として祖国のために働いていたのに、一転して反逆者になってしまったエルエルフさん。 ハルトが化物になったことよりも、エルエルフさんの今後の方が心配ですよww (革命機ヴァルヴレイヴ #2「666を超えて」 - アニメを見て感想を書くよ! - Yahoo!ブログ)
    EDはangelaの「僕じゃない」angelaとロボット物との組み合わせ、最高です!良い曲なのに、今回だけはエルエルフの置かれている状況的にギャグに思えてきます~。まさしく僕じゃない。エルエルフの歌に聞こえてきた…。あと金髪の少女の髪長すぎ~。一体何者なんでしょうか。 (革命機ヴァルヴレイヴ 第2話「666を超えて」あらすじ感想 - コツコツ一直線)
    エルエルフくんの心情を表しつつ、ハルトが今後、心のなかで何度も繰り返しそうな言葉を連ねたエンディングですよ。 素晴らしい内容とのシンクロ率w 今後、ハルトとエルエルフのどちらがより不幸になるのか? もしくは、不幸を乗り越えて幸福を掴み取ることが出来るのか?!w その辺を注目しつつ、試聴を続けたいと思います。
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1070-ab38998a

    とりあえず第2話見て感想 革命機ヴァルヴレイヴ 「666を越えて」

    「だって、仕方ないじゃないですか。僕は、こんな、化け物になってしまって・・・気持
    • [2013/05/06 11:37]
    • URL |
    • くまっこの部屋 |
    • TOP ▲

    革命機ヴァルヴレイヴ TBS(4/19)#02

    第2話 666を越えて 公式サイトからエルエルフはハルトを殺す。しかし、心臓を貫かれたはずのハルトはなぜか死んでいなかった。 ハルトはエルエルフに噛みつき、エルエルフに乗り移ってしまう。 一連の不可思議な事象に驚きつつも、ハルトは行動を開始する。 ヴァルヴレイヴで、ドルシア軍を叩き出すつもりなのだ。たった一機でドルシア艦隊に立ち向かうハルト。だが、彼は戦いの素人に過ぎない。次第に追いつめられ、ついにヴァルヴレイヴはその活動を停止させてしまう。 ハルトを心配するキューマ、生きてはいる様子。そこにエルエルフと
    • [2013/05/01 22:38]
    • URL |
    • ぬる~くまったりと |
    • TOP ▲

    手を出して、縛るから/革命機ヴァルヴレイヴ2話感想

     iPodtouchが安く手に入ったので使ってみようとしたものの、mp3を同期させるためにiTunesを入れてタグ整理をして……で半日以上終了。明日出勤で貴重な休みなのに何をやっていたんだ僕は。もちろんアルバムや...
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。