with Ajax Amazon

    05 | 2017/06 | 07

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『ビビッドレッド・オペレーション』 第10話の評判 

    『ビビッドレッド・オペレーション』 第10話  「光と影と」 赤と黒が友情を育み、そしてそれが壊れる瞬間を描いた『ビビオペ』第10話です。 「赤」が”光”を象徴するなら、「黒」は”闇”と思うんですけどね。 何にしろ、黒と赤は相性が悪いようです。 ・・・・・・・というか、黒にとって赤が鬼門って感じ?<カラスの眼も赤い光を放っているしね。(^.^; ストーリーはシリアスになって良いんですが、駆け足感が否めない。 せっかくメインキャラとして5人の少女がいるんだから、もうちょっとそれぞれに光を当てても良かったように思う。<特に青の娘。 まぁ、尺があるから仕方ないっちゃ仕方ないんだが・・・・・・・ドッキング後の青、緑、?の大人モードも、もっとクローズアップされても良いんじゃないか?<今回の、緑の大人モードとか、かわいそうなくらい尺がなかったもんな。(-"-;) でもまぁ、お話は着実に終わりに近づいていますよ。 れいが捕まったことで、光側はかなり事の真相に近づけるかもしれません。 でも、カラスの態度を見てると(<れいに、アローンの出現ポイントをこれまで教えていなかったとか、学校に通わせていたこととか)なぁ・・・・・もしかしたら、すべてカラスの計画通りなんじゃないか? 元々れいは、示現エンジンの懐深くまで送り込むための存在とか。 そう考えると、いろいろ合点がいくんだよな。 じいさんが言ってた、アローンとの接触の件を踏まえると、何がしか見えてくるような気がします。<アローンとカラスは、同じ勢力とは限らない・・・・・・とかね。 アローンがじいさんの言うとおり人類を試してる存在だとしたら、カラスはいったいどういう存在なのか?<人類が「試練」を乗り越えられたら困る存在だよね。 そうなると、れいのいた世界を破滅させたのはアローンじゃなくて・・・・・・。 果たして、どんな結末を迎えるのか、楽しみですよ。 さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか?
    ハンバーグが月一回の豪華な食事って… じじいてめぇマジで金使い荒すぎだろ! …っと思ったビビオペ第10話 (せーにんの冒険記 ビビッドレッド・オペレーション 第10話「光と影」)
    www でも、前回のジジイが金欠な理由を知ってしまうと、仕方ないようにも思う。<その割に、自宅ラボで、いろいろ変なモノ造ってるけどなw

    カラスの光る眼は光規制のためにあった! まさかこんなところに伏線があるとは思わなんだ。 カラスさんは作中でも敵役ですが、視聴者まで敵に回すとはなかなかやるな(`・ω・´) これでこいつらを倒す大義名分ができたな! (第二の矢は受けない! ビビッドレッド・オペレーション 10話 感想)
    これは、新機軸! きっと、ビビオペ的な効果として、今後受け継がれていくんでしょうねw
    彼らは人類よりもはるかに高い次元、驚異的な知能を持つもの。 彼らは知りたがっていた。 人類が示現エネルギーという使いようによっては、宇宙のバランスを崩しかけない強大な力を持つにふさわしいかいなか。 (「ビビッドレッド・オペレーション」第10話 感想♪|あやののブログ)
    じいさんが語った真実。 宇宙のバランスを崩しかねないってところが気になるよね。<ここに、カラスが介入してくる理由が隠されているのでは??
    それで武力行使とか知性が聞いて呆れる(汗) っつか時間も超越するなら結果知ってんじゃねーか。 この爺さんの言う事が真実とするなら、アローンを送り込んでる連中は試すというより調整って感じかね。 それ以上に、存在の質が違うって感じか。なんにせよ碌なもんじゃない。 (戯言日記2nd ビビッドレッド・オペレーション第10話感想。)
    現在の世界情勢や人類の歴史を考えると、知性体なんてものは武力行使が十八番みたいなものですよ。┐('~`;)┌
    訪れたれいの声に嬉々として屋根から飛び降りるあかねの運動能力はやはり只者では無さそうだけれど…この事に特に意味は無く、理由なども触れられないまま終わりそうな予感。降りてきたあかねへ頭を下げてゴメンナサイのカットで早々にケツノルマ達成(笑 (在宅アニメ評論家 ビビッドレッド・オペレーション #10 光と影と)
    今回は、裸のシーンが多かったけど、ここだけは譲れないみたいねw
    あかねもお尻にアザがあると見せてくれます(笑) それは蒙古斑だからー (空 と 夏 の 間 ... ビビッドレッド・オペレーション 第10話「光と影と」)
    お風呂シーンでも、ケツの重要性は変わらないアニメ。それがビビオペ!w
    食卓では、無残にももちゃんお手製のハンバーグにマヨネーズがどっしりとかけられます。 一色あかねはここでも黒騎れいにマヨネーズを強要してマヨラーの輪を広げようとしていますw ということで反省会モードなので言いますが、やはり本作が最初につまずいたのはこのマヨラー設定。だれが考えたんだこれw 戦犯度高いですw (「ビビッドレッド・オペレーション」 第10話「光と影と」感想ー脳とアニメーションー)
    マヨラー的な仲間は、れいが初めてだったんじゃないか?<それを考えると、あかね的に今回の結末は我々ノンマヨラーが計り知れないほどのショックだったのかもしれれない。(-"-;)
    どうせ、れいちゃんも友だちになる展開になるんだから、れいちゃんの手は極力汚しちゃダメなんですよ。 どんなご都合展開でもいいですから、みんな脱出したとか、奇跡的に死者は出なかったとかしないと… そうでないと、後で和解したり仲間になった時に、視聴者的にはしこりが残っちゃうんですよね。 (ビビッドレッド・オペレーション #10「光と影と」 - アニメを見て感想を書くよ! - Yahoo!ブログ)
    コレは確かに、そう思うよな。 かわいそうだけど、れいちゃんには悲劇的な最期を迎えてもらったほうが、作品的には評価が上がると思う。<全体的なノリ的に、違和感は残るけどね。(-_-;)
    なぜかれいは、あかねが元から知っていて、今回は騙したと思っているようだけど、どう考えたらそんな思考になるんだろうかね? 作劇上の都合にしか見えないけど、まあこの作品は基本、作劇上の都合ばかりだからな・・・ (ビビッドレッド・オペレーション (第10話) - マンガとアニメの感想録とか - Yahoo!ブログ)
    元々疑心暗鬼の塊だったれいですからね。 仕方ない反応だと思いますよ。 精神的にヤラれると、そういう思考の飛躍が起こるようになるのさ。<経験者は語る。(_ _;)
    せっかく心を開きかけたれいちゃんだったのにこんな罠が潜んでいようとは・・・大体わかってたけどねwww けれどもその展開こそまさに王道って感じ♪ これからの展開がやっぱり楽しみとなるのですよね。一旦切れた絆、それはより固く結ばれるのが必定、そこに至るまでのカタルシス、これが堪りません♪ (ヲタブロ : ビビッドレッド・オペレーション第10話「光と影と」レビュー・感想)
    やっぱ、王道的にはそういう流れなんでしょうな。 でも、個人的には裏切って欲しい。 そんな風に、願っていますよ。 残りあと僅か。 期待しつつ、見て行きたいと思います。
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1044-5945f89e

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。