with Ajax Amazon

    08 | 2017/09 | 10

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『死がふたりを分かつまで』 19巻の評判 

    『死がふたりを分かつまで』 19巻 たかしげ宙/原作+DOUBLES/画
    スクウェア・エニックス
    発売日:2013-01-25
    未来予知の能力を持つ少女・遥と、すべてを切り裂く特殊なハイテク日本刀を操る盲目の剣鬼・土方護。
    二人が一緒にいる理由は、護衛の契約を結んだから。
    契約期間は、「死がふたりを分かつまで」・・・・・・・。

    ロマンちっくなタイトルですが、中身はかなりのアクションものです。
    最新の兵器や技術だけでなく、近い未来に実現するテクノロジーまで盛り込んだ、ある意味SFアクションですが、結局最強なのは極限まで極められた人間の技や能力・・・・・・ってのが根底になります。
    タイトルから予想はつくかもしれませんが、遥は護を未来の旦那様(<婚姻的な意味の)と認識しています。
    年齢はかなり離れていますが、遥の気持ちを護も認識していたことに、ちょっとビックリ!
    そのことが護の口から語られたことで、二人の関係(<主に遥側から)がギクシャクしますが、護は思春期の少女の恋愛に対する早熟さを甘く見ていますw
    果たして、二人の運命は?!
    ・・・・・なんて書いていますが、メインは護と遥を狙う組織との戦闘によるアクションです。
    これに、作品としてクロスオーバーしている「JESUS-砂塵航路」のキャラたちまでもが参戦しているから、戦闘は熾烈を極めます。<主人公キャラ同士が共闘するとは限らないから。
    残念ながら、「JESUS-砂塵航路」は完結しましたが、こちらの時系列では、まだ戦いが進んでいます。<JESUSはいずれ退場するかもしれませんが、あちらの主要キャラである楯雁人は残りそうな予感。
    今巻では、長く続いてきた漆黒部隊との戦いが一段落。
    護が遥を追われる立場から開放するための策が本格的に動き始める・・・・・・・ことを予感させるトコロで終了。
    ワイズマンと護が手を結んだことで、エレメントネットワークと対立することになるのか?!
    今後の展開も、目が離せません。

    さて、世間の評判はどうなんでしょうね??
    "エレメンツ・ネットワーク"に所属しながらも、その手段には少々物足りない土方。自ら選んできた道であるが故に、手段のために、目的は選ばないのだった。"求道者"とは、道半ばだとしても、業は既に深いものである。 今度はワイズマンと共に何を計画しているというのか? (『死がふたりを分かつまで』19巻 - 最近、のんびりしています?それが疑問だ - Yahoo!ブログ)
    やっぱ、このへんが一番気になるトコロ。 ただ、実は遥のことを考えての行動だとは思う。<優先順位は「2番」かもしれないけどね。(^-^;

    遥のプロポーズ後の日常にニヤニヤしたり、護もああいったもののまんざらでもない感じがいいねぇ。 こういう日常が久々に見れてよかった。 (The World Is Made Out Of Entertainment 【コミック】死がふたりを分かつまで 19)
    ハードボイルド重視な展開の中で、こういうのは嬉しいですね。(^-^)
    これからどんな予知能力者の予知できない展開が待っているのか、気になります! (『死がふたりを分かつまで(19) (2013/1/25)』 発売!! 予約はこちら…|深夜アニメ研究所)
    どうやら、遥の精神状態に大きく左右されるらしい。<的中率。
    これだけの巻数をかけてトランプとの戦いでクロスオーバー展開をしたのに、JESUSの連載はは先に打ち切られた影響もあって・・・・・ 犯罪組織24との決戦???は状況説明+数枚の絵で完結という 消化不良な感じだけが残り後味が悪い落ちでした (スクエニ漫画感想雑記 死がふたりを分かつまで19巻感想)
    コレに関しては、本当に残念! クロスオーバーが、あまりにもうまくいっていただけに・・・・・もったいなかったですよ。 これまた、感想書いてるサイト少ないなぁ。 凄く面白い作品なんだけど・・・。(-"-;) このエントリー読んで気になった人は、1話の試し読みがあるから読んでみて下さい。 ↓こちらで読めますよ。 死がふたりを分かつまで | 作品紹介 | ヤングガンガン YOUNG GANGAN OFFICIALSITE
    関連記事

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1004-b11c6fe4

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。