with Ajax Amazon
fc2ブログ

    04 | 2013/05 | 06

    • SEOブログパーツ

    『革命機ヴァルヴレイヴ』 第5話の評判 

    『革命機ヴァルヴレイヴ』 第5話 「歌う咲森学園」 を観ました。 今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。 「咲森学園」という名前は、もしかしたら「防人」から転じたんじゃないだろうかとおもってしまった『革命機ヴァルヴレイヴ』 の第5話です。 脳天気に漂流生活を送る学園の生徒達ですが、やはり問題は出てくるわけで・・・・・・つーか、出てくる問題が少ないくらいで、生活を満喫・・・・・・・楽しんでいる様に見えるのはどうだろう? まぁ、いきなり悲壮感漂う殺伐とした生活を見せられるよりはマシかもしれんけど、現実を考えるとエネルギーと食料の問題くらいはもうちょっと見せ方があったような気がしますよ。 さて、世間の評判はどうなっているんでしょうか? その一部をピックアップしつつ、個人的な感想や感じたことを書いていきたいと思います。
    いい言い方をすれば、今期一番の展開が読めない作品。 そう言えば、聞こえはいいですから(笑) この作品、ホントどこに向かって走っているのやら。 ツッコミどころが多すぎです! (ひえんきゃく 革命機ヴァルヴレイヴ 第5話 「歌う咲森学園」 感想)
    毎週が革命!キャラの発言は爆弾!話の展開は迷走疾走の道無き道を逝く! 先が全くわからない革命機ヴァルヴレイヴ超楽しい☆(ゝω・)v (犬哭啾啾 革命機ヴァルヴレイヴ 第05話 「歌う咲森学園」)
    きっと、その辺は制作陣でもいろいろあったんだろうね。 リアルに描写することで、説得力をもたせるか。 それともインパクト重視でセンセーショナルな出来事を連続させることで、細かいトコロを考えさせる暇もなくして視聴者を惹きつけるか。 この作品は、もちろん後者でしょう。
    続きを読む
    スポンサーサイト




    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO
    アクセスランキング