with Ajax Amazon

    07 | 2017/08 | 09

    • SEOブログパーツ

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『ノブナガ・ザ・フール』 第24話<完>の感想と考察――驚愕!救星王の正体!! 

    『ノブナガ・ザ・フール』 第24話<完>「審判」を観ました。

    <ストーリー>
    パレ・ナトゥーラへ突入したノブナガを待ち受けていたのは、アーサーに恭順したミツヒデだった。
    アーサーこそ救世王であり、ノブナガはやがて世界を破壊する存在と感じたのだ。
    ノブナガは怒りにまかせてザ・フールで神殿内を突き進むが、そこに現れたのはアーサーであった。
    世界を再生せんとするアーサーに突き付けられた選択に、ノブナガが示した答とは「破壊の限りを尽くすこと」
    「敵は本能寺にあり!!」
    そうして、ミツヒデはノブナガに刃を向け・・・・・・。



    まさかの救星王の正体!w
    ・・・・・・(゜゜;)\(--;)おいおい、なにいってんだよ
    アーサーとは、一体なんだったのか?!www
    続きを読む
    スポンサーサイト

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『ノブナガ・ザ・フール』 第23話の感想と考察――ヒミコ、散る! 

    『ノブナガ・ザ・フール』 第23話「世界」を観ました。

    <ストーリー>
    聖杯の発動が迫る中、ノブナガはパレ・ナトゥーラへの強攻突入を決意する。
    その手段としてヒミコはアヅチを用いることを提案するが、ヒデヨシは異を唱えた。
    ヒミコの体が限界であることを、ヒデヨシは見抜いていたのだ。
    ノブナガはヒミコの容体に気づけなかったことを恥じ、ザ・フールによる突入作戦を決行する。
    だが、アレクサンダーたちが立ちはだかり、思うように神殿にたどり着くことはできない。
    その様子を見かねたヒミコは単身アヅチに乗り込み・・・・・・。



    ああ、ヒミコが・・・・・(T.T)
    予想はしていたとはいえ、切ないね。
    思い続けたノブナガの胸で逝けたことが、せめてもの救いか。
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『ノブナガ・ザ・フール』 第22話の感想と考察――パレ・ナトゥーラが本能寺?!  

    『ノブナガ・ザ・フール』 第22話「悪魔」を観ました。

    <ストーリー>
    ミツヒデはイチヒメを襲った悲劇に、ノブナガが本当に救世王であるのか疑念を抱かずにはいられなかった。
    ジャンヌが受けた「破壊王」の天啓も、ミツヒデの疑念に拍車をかけるものとなった。
    それはノブナガも同様で、次々と訪れる災厄に、自分の進む道が正しいのかと自問自答をするが、ヒデヨシの言葉によってその迷いを振り払う。
    そのころ、アーサーは聖杯発動作戦を本格化させ、12人の神器有資格者たちの集結を急がせていた。
    そんなアーサーの真意を探ろうと、ミツヒデはパレナトゥーラを訪れて・・・・・・。



    パレ・ナトゥーラが「本能」?
    確かに、アーサーはそう言ったね。
    つーことは、最終的にミツヒデがアーサーを討つことになるのか??

    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『ノブナガ・ザ・フール』 第21話の感想と考察――ペルフェクタとはなんぞや? 

    『ノブナガ・ザ・フール』 第21話「正義」を観ました。

    <ストーリー>
    西の星よりアーサーの居城・空中神殿パレ・ナトゥーラが出現し、ノブナガたちとアーサー軍は一触即発の事態に陥る。
    だが、にらみ合う両軍の間に割って入ったのは、意外な人物……カエサルであった。
    和平交渉を提案するカエサルは、以前とはまるで別人のような態度を見せ、ノブナガは憤りを隠せない。
    カエサルの提案を退け、交戦を唱えるノブナガに、ジャンヌは一抹の不安を感じる。
    天啓が告げた「破壊王」のビジョンが、心に暗い影を落としていたのだ。
    一方イチヒメは、その真意を質すためカエサルの元へと向かい・・・・・・・。



    ペルフェクタとはなんぞや?
    ここに来て、また新たな謎が出てきましたな。
    なんでも、元々はダ・ヴィンチが研究ししていたものらしいが・・・・・・よく判らんね。
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『ノブナガ・ザ・フール』 第20話の感想と考察――アーサー王の、本当の顔とは?! 

    『ノブナガ・ザ・フール』 第20話「太陽」を観ました。

    <ストーリー>
    アレクサンダーによる東の星侵攻作戦は、最終段階に入りつつあった。
    龍脈支配に用いられる最後の久遠多無パイルがヤマタイの地に突き刺さり、龍の力を奪い去っていく。
    だが龍脈の異常事態に、結界である「ゴルディアスの結び目」が発動。すべての龍脈供給が停止した。
    アレクサンダーは自らその結界を断ち切るべく動き出す。
    一方、その体に龍の力を宿したノブナガも、アレクサンダーを止めるべく行動を開始。
    2人の英雄は、ヨモツヒラサカで再び相対し・・・・・・。



    アーサー王、何者だよ?!
    アレクサンダーの前では、イケメンのおっさんだったのに、カエサルの前では妙齢の美女とか・・・・・・ふたりとも、良いように操られているんじゃないか?
    エクスカリバーをカエサルに抜かせたのも怪しいよね。
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『ノブナガ・ザ・フール』 第19話の感想と考察――ミツヒデは、ユダになってしまうのか?! 

    『ノブナガ・ザ・フール』 第19話「運命の輪」を観ました。

    <ストーリー>
    アレクサンダーに敗れたノブナガは、さらなる力を得るためにヨモツヒラサカで龍と向き合うことを決意する。
    一方でヨモツヒラサカは、生者と死者が邂逅する地でもある。
    龍に認められなければ黄泉へと誘い込まれ、永久にその場を漂う危険性をも秘めていた。
    そのリスクを負ってもノブナガは力を得、アレクサンダーを止めなければならない。
    その思いに、ジャンヌとケンシンも同行を申し出る。
    だがノブナガたちは、聖なる地で意外な人物との再会を果たし・・・・・・



    ダ・ヴィンチ、何のんびり絵を書いているんだよw
    しかも、最後の晩餐とか・・・・・・完全にミツヒデをユダにするつもりだな。(^.^;
    今回は、各々の内面が描かれた感じだけど・・・・・なかなかにその評価が難しい気がした。
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。