with Ajax Amazon
fc2ブログ

    02 | 2024/03 | 04

    • SEOブログパーツ

    『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第6話の感想と考察――味方の体力ゲージが無敵すぎるw 

    『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第6話「走れ、ジェイミー!」を観ました。

    <ストーリー>
    予期せぬトラブルから敵の集中攻撃を受けることになっってしまった独立第八部隊。
    しかし、作戦の要となるアルジェヴォルンは長距離砲の至近弾をうけてしまい機能を停止、部隊は敵の激しい攻撃にさらされてしまう。
    作戦を遂行し、部下たちの安全を確保すべく、時を稼ぎ策を打つサモンジ。
    アルジェヴォルンを再起動すべく、戦場を走るジェイミー。
    そして、戦いの中で初めて『死』を実感したトキムネ。
    ともに苦境を潜り抜けることで、それぞれが一歩、歩みを進め・・・・・・・。



    至近弾とはいえ、榴弾ならもうちょっと被害を受けても良さそうなものなのに、外観は無傷なアルジェヴォルン。
    敵は、どんな弾頭を使ったんだよ?
    そんなことを思ってしまった今日このごろですが、いかがお過ごしでしょうか?w
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第5話の感想と考察――主人公のKYさ加減が、ハンパねぇ・・・・・。(^.^; 

    『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第5話「奇襲」を観ました。

    <ストーリー>
    不退の大門までを勢力下においたインゲルミア軍は戦力を分散、多方向から王都アジュアスを目指していた。
    中でも進軍が速く、苦戦を強いられているガタル山岳地帯に、独立第八部隊の投入が決定される。
    前線基地を叩くべく立案された作戦で、重要な役割を与えられるトキムネ。
    そんな彼の抱えた過去と決意を聞かされ、ぎくしゃくしてしまうジェイミー。
    それぞれの想いをよそに、照明弾が打ち上げられるが・・・・・・・。



    主人公のKYさ加減が、ハンパねぇ・・・・・。(^.^;
    お墓での独白もそうだけど、ジェイミーに対するド直球の問いかけw
    しかも、核心から大きく外れたトンチンカンな質問になっているよwww
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第4話の感想と考察――アルジェヴォルン担当者のおっさんが、あからさまに怪しい 

    『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第4話「帰還」を観ました。

    <ストーリー>
    不退の大門での撤退作戦成功により、インゲルミア軍の総攻撃は不発に終わり、両国の争いは膠着状態に陥った。インゲルミアが侵攻ルートの確保に奔走する中、アランダスでは軍の再編と立て直しが図られていた。独立第八部隊は正式にアルジェヴォルンの運用を任され、ジェイミーには引き続きアルジェヴォルンと行動を共にするよう、辞令が下りていた。そんな中、トキムネの『英雄的行動』に対して、部隊内から反発が起こり・・・・・・。



    キベルネス・マニファクチャリングのアルジェヴォルン担当者のおっさんが、あからさまに怪しい。
    本当に、アルジェヴォルンは、偶然軍に接収されることになったのか?
    なんか、陰謀の匂いがするよ。
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第3話の感想と考察――主人公よりも、キャラとしては隊長の方が気になる 

    『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第3話「ワンマン・アーミー」を観ました。

    <ストーリー>
    追撃を退け、本隊と合流を果たした独立第八部隊。
    両国を結ぶ要衝『不退の大門』で彼らに与えられた特命は、全軍の撤退支援と、大門を『閉鎖』して、インゲルミア軍の侵攻を食い止めることだった。
    作戦のさなか、トキムネは、インゲルミア軍のエースパイロットと接触。
    そのパイロット――リヒトフォーヘンは、正体不明の新型として調査が進められていたアルジェヴォルンのデータ収集、あわよくば機体の鹵獲を命令されており・・・・・・。



    敵のエースパイロットがリヒトフォーヘンとか・・・・また、安直な名前を付けたものですね。
    機体は赤いのかと思ったが、そうでもなかったしw
    まさか、男爵なのではあるまいな?w
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第2話の感想と考察――ジェイミーは下っぱ技術者っぽいな 

    『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第2話「目覚め」を観ました。

    <ストーリー>
    トキムネの独断専行によって予定ルートを外れ、軍本隊との合流のため、敵中突破を余儀なくされた独立第八部隊。
    アルジェヴォルンにパイロットとして登録されてしまったトキムネは、初陣のショックから立ち直る間も与えられないまま、思い通りに動かないアルジェヴォルンを駆って次なる戦いに臨まねばならなかった。
    一方、グレート・ウォールを突破したインゲルミア軍は、掃討戦を開始。
    廃棄された鉱山跡から脱出を図る独立第八部隊を捕捉する。
    殿を任されたトキムネは戦闘に入るが・・・・・・。



    どうやら、トキムネに何か秘められた才能があって、それが開花するような展開じゃないらしい。
    乗機である、アルジェヴォルンが規格外のトレイルクリーガーっぽいね。
    それを、どう上手くコントロールして、本来の性能を発揮させていくかが、今後のキモになってきそう。
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第1話の感想と考察――ロボットもので異世界戦争もの? 

    『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第1話「遭遇」を観ました。

    <ストーリー>
    民衆解放の名のもとに開始されたインゲルミア諸国統合体の侵攻。
    アランダス連合王国は、要衝グレート・ウォールまで防衛線を押し込まれていた。
    苦しい戦況の中、東の僻地で任にあたっていた独立第八部隊にも招集がかかる。
    隊長のサモンジ中尉指揮のもと、友軍の援護に急ぐ彼らの間の前に現れたのは、インゲルミア軍に追われる民間人だった。
    彼らを救いに走った新兵・トキムネは、そこで白銀の機体・アルジェヴォルンと邂逅を果たし・・・・・。



    新アニメです。
    ロボットもので異世界戦争もの。
    ロボットものが増えたのは嬉しい限り。
    果たして、面白くなるかな?
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO
    アクセスランキング