with Ajax Amazon
fc2ブログ

    02 | 2024/03 | 04

    • SEOブログパーツ

    『魔法科高校の劣等生』 第14話――まさかの、お兄様参戦!? 

    『魔法科高校の劣等生』 第14話「九校戦編Ⅶ」を観ました。

    <ストーリー>
    吉祥寺と一条が、達也に宣戦布告をしてきた。
    彼らは新人戦のモノリス・コードに出場すると宣言して達也を挑発するが、そっけない態度で一蹴されてしまう。
    そんな幕間劇を挟みながら競技は進み、一高は首位を独走。
    一方、男子モノリスコードでは妨害工作と思われる事故が発生。
    森崎を始めとする選手全員が負傷してしまう。
    そこで真由美は、代役として達也にモノリスコードへの出場を要請するが・・・・・・。



    ミラージバットの競技の様子が、なんか魔法少女たちの競演って感じで笑ったw
    衣装はともかく、あのラケットのようなもの・・・・・・つーか、魔法のバトンっぽいのは完全に狙って造ってるだろwww
    競技内容は、てっきり新体操みたいな美を競うものだと思っていたのだけど、違うみたいね。
    あの玉みたいなのを、どちらが多く捕えるかッて感じか?

    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『魔法科高校の劣等生』 第13話――コスプレ大戦、勃発! 

    『魔法科高校の劣等生』 第13話「九校戦編Ⅵ」を観ました。

    <ストーリー>
    達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位までを独占した。
    その中の一人、雫が使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法の百科事典“インデックス”への記録が打診される。
    かつてない快挙に真由美たちは快哉するが、開発者の達也は迷わず辞退。
    雫を登録するよう勧める。
    その頃、三高のエース・一条は、相棒の吉祥寺とともに、一高に多大な戦果をもたらしているエンジニアの存在を看破。
    警戒を強ていた。
    一方水面下では、競技を賭けの道具にしている連中が、思い通りの結果が出ないことに苛立ち、手を打とうとしており・・・・・・。



    いろいろ、裏が見えてきたよ。
    なるほど、妨害工作の理由は賭博か。
    胴元の連中は、三高が勝つ方に賭けてるわけね。
    本命じゃないけど、対抗だから勝っても怪しくないし、本命じゃないのでそれなりに倍率も良いと。
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『魔法科高校の劣等生』 第12話の感想と考察―― 

    『魔法科高校の劣等生』 第12話「九校戦編Ⅴ」を観ました。

    <ストーリー>
    大会3日目、バトル・ボード準決勝に進出した摩利は、その第一試合で“海の七高”と呼ばれる強豪校と対決する。
    出だしからリードするが、第一コーナーにさしかかったところでアクシデントが発生。
    制御不能に陥って突っ込んできた七高選手を受け止めた摩利は、怪我を負って棄権を余儀なくされる。
    この事故が人為的なものだと推測した達也は、幹比古に協力を要請。
    摩利が巻き込まれた現象は精霊魔法で起こせると確認する。
    そんな中、新人戦も始まり、達也がエンジニアを務める雫は好成績を挙げ・・・・・。



    あんまし話が進まなかったな。
    相変わらず、男子の競技は見せてくれないねぇw
    成績もあんまし良くないみたいだけど・・・・・あまりに女子偏重なのはどうかと思う。<どんな風に成績が悪いのか、全く判らんから判断がつかんけど・・・・・・・・十文字先輩くらいは何らか好成績をおさめてるんじゃないのか??
    このまま、男子の競技が全く描かれないとかいう展開なんだろうか。(-"-;)
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『魔法科高校の劣等生』 第11話の感想と考察――九校戦、始まる! 

    『魔法科高校の劣等生』 第11話「九校戦編Ⅳ」を観ました。

    <ストーリー>
    九校戦開幕前夜、幹比古は生徒の宿舎に侵入した不審者を察知。
    精霊魔法で捕らえようと忍び寄るも、相手に気づかれてしまう。
    それでも達也の援護に助けられ、幹比古は侵入者の無力化に成功する。
    そこで、達也から術式に無駄があると指摘された幹比古は激しく動揺。
    吉田家が長年に渡って改良してきた技を、一度見ただけで理解したという達也に驚愕する。
    そして翌日、この一件は伏せられたまま九校戦の幕が上がる。
    第一高校は、女子は順当に勝利を重ねるが、男子の成績が思わしくなく・・・・・。



    九校戦、始まりましたね。
    女子は調子良いものの、男子は成績が芳しくない第一高校。
    ・・・・・仕方ないか。
    一科生の主要キャラは女生徒が多いしね。
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『魔法科高校の劣等生』 第10話の感想と考察――深雪はノーマルだから、って・・・・・まるでノーマルじゃない娘がいるような口ぶりだなw 

    『魔法科高校の劣等生』 第10話「校戦編Ⅲ」を観ました。

    <ストーリー>
    九校戦の会場に向かう途中、対向車線を走る車がガード壁に激突。
    宙を舞って一高生の乗ったバスに突っ込んできた。
    だが、達也のひそかな機転、十文字や深雪たちの活躍により、バスは被害をまぬがれた。
    特殊な知覚を有する達也は、車の動きに魔法の痕跡を発見し、事故は何者かが故意に仕掛けたものだと気づく。
    一方幹比古は、エリカらと共に九校戦の懇親会に、スタッフとして働くことになっており・・・・・・。



    このタイミングで、まさかの温泉回!
    しかし、なんだあの湯浴み着は?!
    ホテルの温泉に、あんなのが置いてあるかよっ!!(>o<)かぁ-っ( -.-)ペっ
    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO

    『魔法科高校の劣等生』 第9話の感想と考察――御曹司と呼ばれてる割に、本家からの扱いが酷くね?? 

    『魔法科高校の劣等生』 第9話「九校戦編Ⅱ」を観ました。

    <ストーリー>
    飛行デバイスの件でFETの出向いた達也は、そこで父親と四葉家の執事に遭遇する。
    親族との確執で一悶着起きそうなトコロを、なんとか事もなく収めることが出来た。
    一方学校では、エンジニアとして正式に九校戦メンバーに加わった達也。
    九校戦発足式が終わり、本格的に準備が始まると、深雪や光井ほのか、北山雫ら担当する選手たちとともに、CADの調整や訓練を開始する。
    九校戦に向けて校内が慌ただしくなる中、達也の同級生・ 柴田美月は、人気のない放課後の校舎で不自然な霊子放射光を見つける。
    気になった美月は、発生源の実験棟へ足を向けると、そこでは同級生の吉田幹比古が精霊魔法の訓練をしていて……。



    今回の話は、九校戦編と言いながら、何だかそれに関係なさそうなエピソードに比重が置かれているような気がしましたよ。
    司馬家と四葉家のこととか、幹比古のことね。
    これらが、何か九校戦に関わってくるんだろうか?

    続きを読む

    _ブログランキング・にほんブログ村へ____blogram投票ボタン__ __ PVランキング __ブログラン王_ 検索エンジンAcrionSEO
    アクセスランキング